【40代からの婚活記#312】彼は「ちょうどいい」!? 初デートの会話で感じたこと

2022.07.27 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴5年11カ月。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。ひとつ年を重ねて50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。

婚活に疲れつつも「さみしい」と感じている自分に気がついて、気を遣わない「わがままな婚活」をすることに。すると誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代からの婚活記#312】

恒例の交流戦の「独自ルール」

マジメ「その交流戦には伝統的なルールがあって」

アサミ「どんなですか?」

マジメ「負けたチームは坊主にするんです」

アサミ「えー! それは重大!」

マジメ「そうなんです。思春期ですから。バレー部に入る理由って、野球部みたいに坊主がマストじゃないからってこともあるわけで」

アサミ「坊主を賭けた試合って、負けられないですね」

マジメ「ええ。だからその交流戦は、地区の大会よりも重大で」

ここまでの流れでなんとなくオチは読めた。たぶん負けて坊主になったって話なのだろう。でも……淡々と学生時代のバカ話というか、失敗談(?)を話すマジメさんにさらに好感を持った。それは、これまで初デートのときに男性がする話とは圧倒的に違ったからだ。

 

失敗談を話すマジメさん

アサミ「それは気合いが入りますね」

マジメ「そうなんです。ただ練習試合は何度かやっていて。実は僕たちの高校が全勝してたんですよ」

アサミ「強いですね!」

マジメ「しかもわりと大差で勝ってたんです」

アサミ「余裕で勝てそうですね」

おっと、この流れだともしかして「勝った」的な武勇伝なのかしら。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク