「きよらか」ではありません。「清か」の読み方、知っていますか?

2022.09.01 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「清か」です。

「清か」の読み方は?

「きよらか」と読みたくなるところですが、「きよらか」は「清らか」と表され、「清か」とは送り仮名が異なります。

人名として用いられている「清」の読み方の中にヒントがあります。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「さやか」です。

「清か」は

① はっきりとしているさま。明るく清らかであるさま。あきらか。はっきり。明瞭(めいりょう)。まさやか。
② 音声が高く澄んでいるさま。さえてよく聞こえるさま。
③ さわやかなさま。爽快であるさま。

出典元:精選版 日本国語大辞典

という意味です。上記を意味する「さやか」は「清か」の他に「明か」とも書きます。

ちなみに「清らか」は

けがれなく澄みきって美しいさま。清純なさま。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味を表します。

「清い」と「清む」はなんと読む!?」

「清い」は“汚れがなくきれいなさま。濁りがなく澄んでいるさま(出典元:※)”を表します。

正解は……

「きよい」です。

では「清む」はなんと読むのでしょうか。

「清む」は「きよむ」とも読むことができますが、もう一つの読み方の例文を挙げると「清んだ空」「清んだ目」「清んだ声」「心の清んだ人」などがあります。この「清む」は「澄」で表されることもあります。例文を声に出して読んでみると、その読み方が分かるのではないでしょうか。

正解は……

「すむ」です。

※きよ-い|言葉|漢字ペディア

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク