わっオバ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン(前編)

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。

しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少しズレただけで、男性目線では「ナシだろ!」になっているパターンもあります。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とし時短美容家でもある私、並木まきが、男性たちが苦手感を抱きやすい40代女性の眉の傾向に迫ります。

 

手をかけていても…アウト!? 男ウケがイマイチすぎる40代女性の眉1:濃いめかつ眉尻が上がっている

濃いめの眉は、意志の強さを感じさせる仕上がりでもあります。

ところが、40代女性がこのデザインを選んでしまうと、その年代のイメージもあいまって「強そう」などと思われがちな世代でもあるだけに、男性ウケは思っている以上に低くなるリスクも伴います。

 

「眉を上げ気味に描いているオバサン世代って、例外なく怖いイメージしかない。ある意味、男を近づけないオーラがハンパない」(40歳男性)

「眉毛がつり上がっている40代女性って、気が強そうだし、怖い。わざわざキツい顔に見せる必要なんて、ないと思うんだけど……」(42歳男性)

次ページ▶▶老け見え一直線…? 眉と○○の位置は重要なんです!

 

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク