【40代からの婚活記#318】どうする? キュンとしないけど誠実そうな彼との婚活

2022.09.07 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴ついに6年達成! これまでに100人以上の男性と出会ってきた。

50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

▶▶「婚活記」の1話目はコチラ

【40代からの婚活記#318】

こんな気持ちも初めて!?

 

やっぱりルンバ買おうかな……。

高価な家電であるロボット掃除機は前から気になっていたし、先輩のオススメな言葉でも心を動かされていた。そこにマジメさんのオススメが加わったので、かなり本気で購入モードのスイッチが入った。

やっぱり買い物って、リアルに知っている人のオススメがあると、しかも複数あるととてもグッとくる。ま、マジメさんは知り合って1カ月ちょっと、リアルに会ったのは1回だけなのだけれど。

そのくらい、マジメさんは信用できそうな人だと私は感覚的に思っているんだ。意外と警戒心の強い私にしてはちょっとめずらしいかもしれない。こんな気持も初めてだ。それだけ、マジメさんは私にとっていままで出会った男性とは何か違うのかもしれない。

 

何かと誠実なマジメさん

その後も、マジメさんはほぼ毎日21時頃にメッセージを送ってくれた。ほぼ同じ時間に送ってくれるところも彼の性格の現れだ。

「さっき家に帰ってきました」

「今日はすごい雨でしたね」

「今夜は家でパスタを作りました」

などなど、他愛のない日常の報告から始まるメッセージ。面白いとか、サプライズとか、キュンとする言葉はないけれど、なんだかホッとする。こうう関係が長く続く恋愛の始まりなのかもしれない。

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク