マイナス5歳!髪の長さで「見た目年齢」を若返らせるメソッド

「似合う髪型がわからない」「切りたいんだけど、どのくらい切ればいいかがわからない」「いつもひとつ結びになっちゃう」…

インスタで4万フォロワー以上のアカウント、日本髪型研究所・似合う髪型コンサルタントの篠原龍さん(@nihon_kamigata_kenkyujyo)。「似合う髪型のつくりかた」がいま話題です。

 

このシリーズの記事一覧

 

星「前々回の記事『若く見える前髪」はこう作る。知れば一生使える前髪の法則!』はものすごい反響でした」

篠原さん「若く見せるには、前髪だけでなく髪全体を見るとさらに効果的なんですが…」

星「おお! では、今回はそこを詳しく! お願いします!」

 

若く見える重要ポイントは「目の位置」


篠原さん「前髪にしろ、全体的な髪型にしろ、重要なのはそれで『目がどう変わって見えるか』ということです」

篠原さん「ちょっと極端に、わかりやすくイラストを作ってみました」

星「目の位置が下だと若い印象に、目の位置が上だとクールな印象になるんですね」

篠原さん「はい。実際にこうやって頭蓋骨の形を変えるわけにはいきませんから、その印象操作を髪型で行うのです」

 

三つ子のモデルがいたとして…髪型で若さが違って見える!?

篠原さん「イラストは左からショート、ボブ、長めのボブです。顔は全部同じです。違うのは髪型だけなのですが、それぞれ目の位置や、若々しさの印象に違いがあると思いませんか?」

星「ショートは可愛く見えますね!長めのボブは、落ち着いた印象です」

次ページ▶▶実際に写真を確認したら一目瞭然だった。老け見えから脱したモデルさんの実例を見る!

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク