「親が親なら、子も子ね」新参非常識オバサンの奇行、疲弊するマンション住民の「策」は

2022.10.29 LIFE

今回ご紹介するのは、都内でマンションに住んでいるKMさんが実際に出会ったブッ飛びオバサンのお話。後編です。

<<前のページ:マンションに引っ越してきて早々に、周囲をドン引きさせたオバサンの「奇行」とは…?

息子くん演奏会も同時開催

それだけでも住民ドン引きなのですが、さらに強烈なのは……オバサンの息子さん。

オバ息子くん(推定5歳)、各戸の玄関ドアに面するスペースで、おもちゃのラッパを……

 

ビーーーーーー!

 

きれいなラッパ音ではなく、割れるような音だったとKMさんは振り返ります。

 

なお、現在はピクニックはなくなったとのこと。

終日響き渡るピクニックの歓声と腹の底からのラッパ音、日が暮れても雨が降っても逃れられない騒音に、ついに住民たちが限界を迎えたのです。

管理会社に複数の要望が入ったらしく、共有スペースにレジャーシートを敷くことがNGだという警告文が配布されました。

警告文はありがたいけど、この書き方じゃレジャーシートがNGなだけで、地面に直接座るか椅子を持ち出すのはOKじゃないか……。

住民たちはそう考えて怯えました……が、レジャーシートがNGになったとたん、オバサン一家の宴会もピタリと止まったそうです。

レジャーシートに強いこだわりがあったのでしょうか……。

 

ときに、オバサンの発想は想像を超えてきます。

その想像力や発想力に感動を覚えるとともに、想像力が豊かであればあるほど、行動の迷惑度も高い可能性があります。

今回はレジャーシートとともに折りたたまれた一件でしたが、例のオバサンがまた新たな遊び方を思いつかないか、恐怖と期待が入り交じる思いです。

KMさんには、また何か動きがあれば報告いただきます!

<<前のページ:マンションに引っ越してきて早々に、周囲をドン引きさせたオバサンの「奇行」とは…?

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク