マンション住民の恐怖体験!「なぜ初対面のオバサンがそこまで我が家のことを知ってるの…?」

2022.11.26 LIFE

たくさんの人々が暮らすマンションでは、引っ越し直後にすべての住民について把握することはまず無理ですよね。

引っ越し後、数年経ってから新しい交流が生まれることもしばしば。

そんな大きめのマンション内での交流で出会った、ちょっぴり怖い? オバサンの実話です。

この体験談を寄せてくれたのは、40代会社役員のコスママさん。

保育園児の娘さん、教育系のお仕事をしているご主人と一緒に、そのマンションに暮らしていました。

【働くママが見た!オバサン実録】#5前編

「とても全住民は把握できない」大規模マンション暮らしの一家

コスママさんが暮らしているマンションは戸数が多く、せいぜい同じフロアの住民くらいしか把握できていませんでした。

コスママさん自身、子育てと仕事に忙しく、周囲を気にしている余裕がなかったそうです。

そんな状況のまま、5年ほど暮らしたある日。

コスママさんが住民専用の庭で娘さんを遊ばせていると、ひとりの女性が声をかけてきました。

「こんにちはー。元気な娘さんですね」

初めてお話をする人です。コスママさんと同世代か、少し年上のような雰囲気をまとっていたそうです。

明るい雰囲気で話してくる様子にまったく悪意が見られなかったことと、マンションの住民のみが使える庭で出会ったことから、コスママさんは警戒しなかったと言います。

「こんにちは。初めてお話しますよね?」

 

私たちは確かに初対面だった……それなのに

女性は、コスママさんの問いにうなずきます。

「初めましてー。長く住んでいるのに、お話する機会がなかなかありませんでしたよね」

確かに話すのは初めてではあるのですが、コスママさんの存在を把握していたような言い方です。

同じマンションだし、何度か見かけたことがあるのかもしれない。

そう思ったコスママさんは、その時点では気にすることなく話を続けました。

ですが……話を続けるうちに、コスママさんは違和感を抱くようになります。

そして、決定的な言葉が女性から飛び出しました。

「あなたの娘さんって……」

次のページ▶▶もしかして我が家は盗聴されてる?いいえ、プライバシー「防ぎようのない」こんなリスクがあるんです…

続きを読む

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク