「きう」ではもちろんありません。「希う」の読み方、知っていますか?

2023.01.26 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「希う」です。

「希う」の読み方は?

「希望(きぼう)」や「希少(きしょう)」などの言葉に用いられる「希」ですが、「希う」の読み方は「きう」ではありません。「希」の部分に当たる音は4文字です。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「こいねがう」です。

「希う」とは

強く願う。切望する。やや古風な、また改まった言い方。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

「希う」の他に、「乞い願う」とも書きます。また少し難しい漢字ですが「冀う」や「庶幾う」とも書きます。

意外な読み方に感じられたかもしれませんが、「こいねが(う)」は「希」の訓読みです。「希」の読み方は以下の通りです。

  • 音読み キ(常用漢字表外)ケ
  • 訓読み(常用漢字表外)まれ・こいねが(う)

常用漢字表に音訓として認められていないものの一つなので、日常生活で見かける機会は少ないかもしれませんが、本記事をきっかけに読み方を思い出していただけると幸いです。

では「希臘」はなんと読む?!

ちなみに、こちらも日常生活では滅多に見かけることがないと思いますが、読むのが難しい「希」がつく言葉に「希臘」があります。「希臘」は国名を表しているのですが、どこの国だと思いますか?

ヒントは世界遺産がたくさんあり、エーゲ海に囲まれた島々を擁する国です。「希臘」の世界遺産で有名なものにパルテノン神殿が挙げられます。

正解は……

「ギリシャ」です。

「ギリシャ」は普段見慣れない漢字で表されるんですね。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク