「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】

 

これまでの話

長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなことから共通の趣味「犬好き」に気づく。女性と2人で出かけたことすらなかったピュアな高坂くんと、私の関係は、少しずつ変化し……。

(この小説の一気読みはこちら)

ひろがる輪

 

「また来週も、一緒に出かけませんか?」

高坂くんにそう誘われて、私はどきっとした。

毎週2人で出かけるなんて、まるで私たちは付き合っているみたいだ。

 

付き合うだなんて、もう、遠い昔のことすぎて、どんな状態が付き合っているというもののかどうかも、今ではもう、よくわからない。

でも、毎週末を一緒に過ごすようになったら、なんだかそれは、かなり恋人に近い状態なんじゃないだろうか。

 

お互いにとても犬が好きで、そして、お互いに犬が飼えない部屋に住んでいて。

私たちの共通項なんて、多分、それだけだ。

ただ犬が好きなだけで、高坂くんの気持ちは先走っている。

そして私をそれに巻き込んでいる。

 

別に、私のことを好きだとか、私と一緒にいたいとかではない。

きっと彼は、犬が好きで、犬と一緒にいたいだけなのだ。

それでも私は構わなかった。

私だって、犬が好きで、犬と一緒にいたかったから。

そして、そこに、高坂くんがいてくれたら、もっと楽しいだろうから。

 

交わす目と目

 

結局、週末は、私は高坂くんと2人きりで過ごすことはなかった。

ドッグカフェに向かったのが、私と高坂くん以外にあと2人いたからだ。

彼が見せた犬の画像を見て、直接会ってみたいと言ってくれた会社の人が2人、同行したのだ。

 

里親を探している犬にとっては、とてもありがたい話だった。

みんな可愛くておとなしいし、早くいい家族に巡り会えてほしい。

だから、カフェに見に来てくれる人は、多いほうが、いい。

 

それなのに、少しだけ私はがっかりしている。

高坂くんとふたりで、デートみたいに、今日も過ごせるのかなと思っていたから……。

 

ドッグカフェのスタッフさんは、私たちのことを覚えていてくれた。

「この間、ペットフードも届きました。たくさんいただいちゃって、ありがとうございました」

挨拶されている私たちを、同僚の2人は不思議そうに見つめている。

 

「ひょっとして2人は一緒に暮らしてるの?」

そう聞かれて、私は思わず高坂くんを見た。

彼も、私を見ていた。

私たちの目と目が合って、不思議な時間が流れた。

 

ふたりきりの時間

 

私たちが同棲していると思われたのは、2人同時に駅の改札に現れたからだ。

「違いますよ、偶然、同じ駅に住んでるだけなんです」

慌てて否定する私の横で、高坂くんは何も言わない。

 

「でも付き合ってるの?」

「付き合ってないですよ〜」

まだ、高坂くんは、黙っている。

私だけが、一所懸命、否定していた。

 

「……さっきはすみません」

帰り道、2人で同じ駅のホームに降り立った時に、高坂くんが小さな声でそう言った。

「さっきって?」

「その、付き合ってるかと聞かれた時、何も、言えなくて」

 

高坂くんは口ごもっている。

「ああいう時、どう言ったらいいのか全然わからなくて。まかせちゃってすみませんでした」

「大丈夫よ」

私は微笑んだ。

 

高坂くんは、恋人がいたことがない。

男と女のいろいろなイベントを何も知らないのだ。

そんな彼が、私と一緒にいる。

それだけで、今は、満足だった、はずなのに……。

 

 

(この小説の一気読みはこちら)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

【40代編集長の婚活記#24】年下にモテる秘訣は「アレがない」こと

恋人いない歴7年、44歳のアラフォー独女であるOTONA SALONE編集長・アサミがリアル婚活模様をお届けしている【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会った…

大人の女性必見! 彼・夫以外の男性との胸キュンエピソード6選

前回、【読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選】でもお伝えしましたが、気分が上がる胸キュン話には、女性をキレイにする力が備わっていると…

【40代編集長の婚活記#27】男の本音はアリorナシ? 「10歳年上」女性との恋愛

婚活パーティで出会ったアラサー男子・メンノンさん(31歳)とデート中の44歳のアラフォー独女・OTONA SALONE編集長・アサミ。食事をしながらデートを愉しんでいる途中、「…

あぁ、ホッとする……。「癒やし上手」な40代女性が持つたったひとつの決め手とは

会社では常に「全力」を求められるアラサー男子。緊張感のある毎日の中で、「この人といると落ち着く」と思うアラフォー女性には、「癒やし上手」という顔がありました。あ…

【40代編集長の婚活記#26】アラサー男子のOKはいくつ年上まで?

非モテかつ非恋愛体質、44歳にしてノーバツ・独女であるOTONA SALONE編集長・アサミが、重い腰をやっとこさあげて婚活をスタート。その模様をお届けしている【アラフォー編…

【40代編集長の婚活記#25】結婚できない 独女のダメ生態とは 

ぼっち街道まっしぐらの44歳アラフォー独女、OTONA SALONE編集長・アサミによる【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メ…

【40代編集長の婚活記#23】40女がアラサー男子とつきあうメリット

44歳の独女・OTONA SALONE編集長・アサミが、人生2回目の婚活パーティに参加し、連絡先を交換した男性は4人。しかし、そのうち連絡が続いたのはたった一人だけ……。30代前半…

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

何年ぶりかに男性と手をつないだ私は…【小説・あなわた#10】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.10】長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事