#54 独女の本音「恋愛で傷つくくらいならこのままでいい」【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活をスタートさせて約1年。いっこうに進展する気配のないOTONA SALONE編集長アサミによる40代の婚活。恋人いない歴も8年数カ月と、自己2番目の記録を更新している(※自己最高記録は19年、19歳での記録)。

婚活パーティに行ってデートしても続かないし、ピンとくる人にも出会わない。そして過去の恋愛を振り返ると自分の男運(見極め力)もあまりない。もともと感じていた男性不信に輪をかけて不信感をつのらせることに……。これは40代独女のリアル婚活記である。

 

結婚に求めるのは「条件」じゃなくて

「男性とは、勝手にやってきて勝手に去っていくものだ」。

いままでの恋愛と1年の婚活を振り返ってみて、このことをつくづく実感している。

と、同時に私が本当に求めているものもわかってきた。結婚相手に求める譲れない条件で「におい」だ、「体毛」だと勝手なことをほざいていたが、そんな条件はたいしたことではなくて……。

婚活マッチングなどでは相手をまず条件で絞り込んだりしているが、その条件を満たしていても、勝手に去っていく男性かどうかはわからない。「いつか去っていく」という不安はつきまとう気がする。

たぶん私が本当に求めているもの。それは「ずっとそばにいてくれる安心感」なのかもしれない。

 

友達や知人との「仲」はずっと続く

幸せなことに、私は両親や姉と仲が良いほうだと思うし(全然マメに連絡しないけど)、友達も小中学校・高校・大学・社会人……それぞれの時期の友達とずっと仲良くしているし(これもマメじゃないけど)、仕事で知り合った方々ともいい信頼関係でお仕事させてもらっている(これもマメさに欠けるけど)。

家族も友達も仕事で知り合った方々も、一度距離が近くなったら基本的にずっと仲良くしている。たとえ物理的な距離は離れていても、精神的にな裏切らないという安心感がある。

何度もいうが、本当にマメじゃなくズボラな私なのに、みんなとの仲は続いている。だから、これからも大切にしたい。

 

なぜ恋愛の「仲」だけ続かない?

かたや、恋愛になるとどうだろう。

好きだと言ってきたのに、相手から別れようと言ってくる。私はできればずっと仲良くしていたいのに、一方的にサヨナラされるパターンが過去の恋愛ではほとんどだった。

なんなんだろう、恋愛って。

他の人間関係は仲良くなったらあまりお別れしないのに、恋愛だけそうじゃない。友達や知人は複数つくれるけれど恋人は複数つくると……っていう問題もあるから……。仕方ないといえば仕方ないのだけれど。

 

来てくれるなら「特約」つきで

20代の頃は、付き合って別れることがあっても、それはそれでよかったんだと思う。多少は傷ついたけれど、若さゆえに心の新陳代謝がよかったので、その傷は比較的早く癒えていた。

でも、いろんな意味で新陳代謝が低下してきた30代後半。同じような傷だったのかもしれないけれど、癒えるまでに20代より時間を要した気がする。

それだけに40代のいま。以前よりもっと傷つくのが怖いと思っているし、万が一傷ついたら立ち直るまでには、いったいどれだけ長い時間を要するのだろうか。

私のことを好いてくれるなら、生命保険みたいに「勝手に去っていきません特約」とか、つけた状態で来てくれないかしら……。もしその特約がないんだったら、来なくて結構。恋愛で傷つくくらいならいまのまま、おひとりさまのままでいい。一人で生きていく準備は着々と進んでいる。

 

久しぶりの知人からの連絡

婚活を1年やってみたけどうまくいかないし、男性に対しても不信感が増すばかり。やっぱり、私は一生、おひとりさま人生でいくことを選んだほうがラクなのか。

そんなことを考えていた頃、ある知人から久しぶりに連絡が入った。

知人Y氏「最近どうなんですか、例の婚活は?」

アサミ「どうもこうもないですよ。何にも進展ありません」

知人Y氏「あ、そう。それじゃ前にちょっと話した人、紹介しようか」

実は数カ月前、私の婚活記事を読んでいたこの知人Y氏から「会わせてみたい人がいるんだよね」と言われていたのだった。でも、私がバタバタしていたり、婚活にやる気を失っていたこともあって、そのままペンディングにしていた。

でもいま、デートの予定も、デートの相手もいない。

それに、知人が紹介してくれるなら……そんなにヒドい人を紹介することはないんじゃないか?

アサミ「その件、まだ“イキ”ですか?」

知人Y氏「大丈夫だと思うよ。ちょっと聞いてみるよ」

アサミ「ありがとうございます!」

 

紹介デートのお相手は?

その後、しばらくして知人Y氏から連絡が入った。

知人Y氏「彼、OKでしたよ。さっそくセッティングしてもいい?」

アサミ「はい! もちろんです」

知人Y氏「それじゃ月末にでも。日程候補は後ほどメールしますよ」

アサミ「ありがとうございます!」

 

はじめましての人とデート(?)するのは……ホワイトさん以来、約5カ月ぶりだ。知人Y氏の学生時代からの友人とは聞いているけれど、他のことは何もわからない。

しばらくすると知人Y氏からメールが届いた。開いてみると日程候補のほかに、紹介する相手のプロフィールが添付されていた。紹介してもらうことになったお相手は……弁護士の男性だった。

 

【久しぶりに新たな出会いへ一歩を踏み出した40代の婚活。来週水曜17時をお楽しみに!】

【続きはコチラ】

#55 40代女性が「結婚相手と出会う」4つの場所とは?【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#53 なぜ40代独女は恋人いない歴が長いのか? 【40代編集長の婚活記】

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴 【40代独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

編集長アサミ「髪の分け目」が目立ってきた問題を考える

「いままでと髪がなんか違う!」 私が髪のエイジングをはっきりと自覚したのは、42歳のときでした。髪がゴワつく問題、ツヤがなくなった問題、そして白髪が増えた問題。そこでシャンプーを見直して対策したわけです…

[PR]

#99 婚活1年10カ月でやっとわかった「大きな間違い」【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年10カ月。新たな出会いを期待して入った新宿のバー。カメラマンのロンドンくんと7年ぶり、偶然の再会をした。この出会い…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事