#51 出会いのない40代独女は「モトサヤ」が結婚への近道?【40代編集長の婚活記】

芸人の横澤夏子さん(27歳)が婚活パーティで出会った男性と先日結婚したことを発表した。しかしOTONA SALONE編集長アサミ(45歳)は、婚活パーティで出会った男性とデートするも1回きりで終わるという、なんとも進捗のない状況を呈していた。

ところが、婚活とは関係なく久しぶりにモトカレと再会。何度か会ううちに「やり直したい」と言われる。居心地のいい相手だし、個人的に結婚相手に求める条件もわりと満たしているモトカレ。このまま婚活に終止符を打つのか……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

モトサヤに迷っている理由

婚活を始めてから感じていた「結婚相手に求める譲れない8つの条件」はほぼ満たしていたモトカレ。唯一満たしていないのは離婚が成立していないということだけ。しかも一緒にいて居心地がいい相手。

なのに迷っている。それは、モトカレが離婚していない状態であることが大きい。いつ離婚が成立するかもわからないし、その前に彼とヨリを戻したら、私は不倫していることになる。

ヨリを戻すことに対して気分がノラないのは、たぶんこれだ。

不倫はよくある話かもしれないし、不倫している人を嫌悪するわけでもないのだが、私自身はそれをする気になれない。理由は「めんどくさそう」だから(苦笑)。不倫というのはそもそも複雑な関係であり、なおかつ法を犯していることにもなる。めんどくさがりな私としてはわざわざそんな複雑なところに足を踏み入れたくはない。できるだけ人間関係はシンプルでいたい。

 

モトカレ以上、ラクな相手出会えないかも?

それから私が大事にしたいこと……それは「感覚」だ。楽しそうか、楽しそうじゃないか。

「女の勘」というか、「ピンと来ない」というか、なんとなく今のモトカレと一緒にいても楽しそうじゃないかも……と思った。もちろん、この2カ月一緒に食事をしていて楽しくなかったわけじゃなく、むしろ居心地がよく楽しかったのだが……。

以前に私の結婚相手を占ってくれた流光七奈先生の鑑定と照らし合わせてみたところ、鑑定結果の10個中、当てはまるのは5つだけ。半分しかなかったのだ。

ピンと来ないうえに、鑑定結果ともだいぶ違う。私と縁のある結婚相手は他にいるということか。そして、モトカレとはヨリを戻さないほうがいいということなのだろうか。

そう思う一方で……。

これから新たに、モトカレ以上に居心地がいい男性と出会える保証もなければ、自信もない。新しく出会った人とは、またお互いゼロから相手のことを理解していかなくてはならない。時間がかかる。それならば、やっぱりモトカレとヨリを戻して、離婚の成立を待っていたほうが“結婚”への近道なのだろうか。

 

モトサヤに収まるべきか、否か……。

 

「気持ちが決まった」とモトカレに連絡する

モトカレに「やり直したい」と言われてから2週間たったころ。私の気持ちを伝えようとモトカレに連絡をとった。

待ち合わせたのは、外苑前にあるダイニングバー。私が着いたときに、モトカレはもうお店で待っていた。

モトカレ「連絡くれるまで、思ったより時間かかったね」

アサミ「そう?」

モトカレ「わりとなんでも即決するほうじゃない?」

アサミ「そうね。でも、恋愛に関してはわりと即決でうまくいってないから、時間をおいて考えることにしたの(笑)」

モトカレ「考えてくれてありがとう。気持ち、決まったんだ」

相変わらず、やさしい受け答え。どういう結論かもわからないのに「ありがとう」と言ってくれる。そういうちょっとした気遣いができるところは、本当にモトカレの魅力の一つだと思う。

 

考えた末の「結論」をついに伝える

しばらくは本題には触れず、仕事などの近況を報告しながら楽しく食事をした。そして、相変わらず婚活パーティなどには行っていないことも伝えつつ……。

たわいない話と食事がひと段落したころ、「やり直す問題」についてモトカレが口火を切った。

モトカレ「2週間考えて……どう?」

アサミ「今日の本題だもんね」

モトカレ「気持ち、聞かせてくれる?」

アサミ「うん。やり直すことは……やっぱり、しません」

モトカレ「……そっか。そうだよね」

驚くでもなく、がっかりしている風でもなく、声色も顔色もまったく変わらないモトカレ。まるでこの答えをわかっていたかのように。

アサミ「やり直したいって言ってくれたことは、うれしかったよ。でも、ごめんなさい」

 

離婚はいつ成立する?

曖昧な言葉は使わず、正直な気持ちをそのまま伝えた。モトカレもその気持ちを、正面から受け止めてくれた。

アサミ「いろいろ考えたんだけどね。私たちやっぱり一度終わりにしたんだもん。やり直さないほうがいいよ」

モトカレ「そもそも僕が離婚成立してないしね。ムシのいい話、だったよね」

アサミ「そうかも(笑)。ちょっとズルいよね。家庭があるんだもん。フェアじゃないわ」

モトカレ「相変わらずハッキリ言うね(笑)。ま、その通りだよ。離婚も成立していないうちに、やり直そうなんて言う権利は僕にはないんだよね」

アサミ「お互い仕事でも“立場”があるじゃない。それを考えると、今のあなたは言わないほうがよかったかもね」

 

モトカレ「うん。離婚がいつ成立するかも……実はまだ見えない。それは僕のせいだけど」

アサミ「大変ね。どういう選択をするにしても、後悔ないようにしてね」

モトカレ「そうだね」

アサミ「もう、会わないでおきましょう」

モトカレ「よく考えたらこうやって会ってるのも“不倫”って思われる可能性もあるわけだしね」

アサミ「そうよ。壁に耳あり障子に目あり、だもん」

 

「後悔のないように自分が思うように生きよう」。モトカレとは、お互いそうエールを送りあって別れた。「また仕事の相談はするかも」と言われたけれど、この日を境に私から連絡もしなかったし、モトカレからも連絡はなかった。

そしてまた、デートする相手もいない正真正銘の“彼氏いない歴8年・モテない40代・独女”へと戻ったのだった……。

 

【モトカレとお別れし、持ち駒(?)がなくなったアサミ。いよいよ無の境地に? 来週水曜17時をお楽しみに】

【続きはコチラ】

#52 モテない40女が1年間、婚活してわかったこと【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#50「モトカレ」とは独女にとって運命の人なのか?【40代編集長の婚活記】

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴 【40代独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

#89 婚活1年8カ月で感じた「独女の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は厳しい道のりだと聞いてはいたけれど、まさかこんなにも大変だとは……。44歳の夏に婚活を始めて1年8カ月。ついに46歳を迎えたOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで出会ったシングルファーザーの男性…

西島秀俊さんはどっち派? オトナの男の「家飲みスタイル」を聞いてみた

「できるものなら一緒に家飲みをしてほしい!」 そんなオトナの俳優といえば、西島秀俊さん。キリンビールから新しく発売されたストロングチューハイ「キリン・ザ・ストロング」イメージキャラクター&CM発表会が4…

#88 「この人、なんか違う」と婚活相手に感じたワケ【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活を始めて1年半。6人の男性とデートするも、いまだお付き合いすら始まったことのないOTONA SALONE編集長アサミ(45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上)。婚活アプリで知り合ったメガネさん(45歳)に好…

仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。ですが「仕事を辞めたい」と思っても、簡単に辞められない事…

#87 40代の婚活「母親になる」前提でお付き合いできる?【40代編集長の婚活記】

40代独女が婚活をしてみたら……。1年半前から婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長アサミ。現在45歳、恋人いない歴8年超。ネット婚活のアプリで知り合ったメガネさん(45歳)と3回デートを重ねたが、シングルファ…

#86 どうする? 婚活相手が「シングルファーザー」だったら問題【40代編集長の婚活記】

45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上。独身街道まっしぐらのOTONA SALONE編集長アサミが、重い腰をあげて40代の婚活をスタートして1年半。ネット婚活のアプリで知り合ったメガネさん(45歳)と3回デートを重ねた…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事