#51 出会いのない40代独女は「モトサヤ」が結婚への近道?【40代編集長の婚活記】

「気持ちが決まった」とモトカレに連絡する

モトカレに「やり直したい」と言われてから2週間たったころ。私の気持ちを伝えようとモトカレに連絡をとった。

待ち合わせたのは、外苑前にあるダイニングバー。私が着いたときに、モトカレはもうお店で待っていた。

モトカレ「連絡くれるまで、思ったより時間かかったね」

アサミ「そう?」

モトカレ「わりとなんでも即決するほうじゃない?」

アサミ「そうね。でも、恋愛に関してはわりと即決でうまくいってないから、時間をおいて考えることにしたの(笑)」

モトカレ「考えてくれてありがとう。気持ち、決まったんだ」

相変わらず、やさしい受け答え。どういう結論かもわからないのに「ありがとう」と言ってくれる。そういうちょっとした気遣いができるところは、本当にモトカレの魅力の一つだと思う。

 

考えた末の「結論」をついに伝える

しばらくは本題には触れず、仕事などの近況を報告しながら楽しく食事をした。そして、相変わらず婚活パーティなどには行っていないことも伝えつつ……。

たわいない話と食事がひと段落したころ、「やり直す問題」についてモトカレが口火を切った。

モトカレ「2週間考えて……どう?」

アサミ「今日の本題だもんね」

モトカレ「気持ち、聞かせてくれる?」

アサミ「うん。やり直すことは……やっぱり、しません」

モトカレ「……そっか。そうだよね」

驚くでもなく、がっかりしている風でもなく、声色も顔色もまったく変わらないモトカレ。まるでこの答えをわかっていたかのように。

アサミ「やり直したいって言ってくれたことは、うれしかったよ。でも、ごめんなさい」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク