外食中心でもOK!糖質オフをゆる~く続けるコツ3つ

すでにベーシックになっているダイエットが糖質オフ。方法が複雑ではないために気軽に始められますし、食事内容を見直すいいチャンスにもなります。問題は厳しいルールを課せると、続けにくくなることです。だからゆるーい感覚で糖質オフをやってみませんか? 3つの対策で外食が多くても簡単にできます。3つの対策を守ってもストレスになりにくく、食事に満足感を得られるはずです。

 

糖質ゆるオフのための簡単対策3つ

厳密に糖質オフを行うことは大変です。主食や副菜の食材だけではなく、使用している調味料にまでチェックすることになりかねません。これは忙しく働いている40代には難しくなると断言してもいいほどです。また続けにくくなってしまいます。

 

だからこそ簡単なルールと目安でわかる対策だけを守るゆるい糖質オフをおすすめします。簡単な理由は3つの対策だけで、かなりうまく糖質をオフできるからです。必要な糖類を摂りつつ不要な分を摂らない、を基本にしてみましょう。

 

その対策は以下の3つです。

 

ごはんやパンなどの主食を完全に抜かずに半量にする

でんぷん質を多く含む食材に注意する

甘い飲み物を制限する

 

外食が多い方でも難しいことではありません。また実行してみれば、ストレスになりにくく、続けやすい方法になります。避けつつも適切に糖類を摂ることを考えておけば、難しくはないはずです。

 

ごはんやパンに頼らない食事に切り替える

 

糖質制限を無理なく簡単に続けるには、主食であるごはんやパンを減らすことが一番です。厳密に主食をメニューから抜くのは好ましくありません。それだけ食事への満足度が下がるからです。ダイエットを成功させたいなら、この部分は守るべきです。

 

また糖類の不足は健康や生活面でのパフォーマンスを守るために避けるべき。デスクワーク中心ならなおさらです。脳が糖類だけをエネルギーにするわけですから、毎食糖質を適切に摂る必要があります。その適切な量はごはんなら茶碗1杯分の50gが目安です。

 

日本人の食事スタイルは基本としてごはんとおかずです。この基本メニューが満足感を与えるわけですから、おかずがメインとなる工夫をしましょう。外食にする際も定食を選び、ごはんを減らすだけでいいのです。衣を使ったおかずも避けることを基本にします。

 

コンビニで選ぶにしても、サラダや野菜の惣菜、チキンやツナを中心に選びましょう。おむすびだけ、パンだけというメニューは手軽ですが、頑張っている努力を無駄にしてしまいますよ。カロリーの低さではなく、栄養バランスを整えることを考えて選んでください。

 

じゃがいもやかぼちゃは思っているより糖質が多い

糖質制限で注意すべきは主食であるごはんやパンだけではありません。でんぷん質の多い食材もチェックすべきものです。正直に言えば調味料や調理方法で増えていく糖類よりも、こちらのほうが無意識に糖類を過剰に摂取する原因になりかねないからです。

 

じゃがいもやかぼちゃといった食材はでんぷん質を多く含んでいます。つまり糖類が多いのです。しかも身近なおかずでも多く使われる食材でもあります。避けるのではなく、食べる量を制限する、あるいはメニュー次第では思い切って主食をカットすべきです。

 

主食に劣らず糖類を含み、しかも多く摂り過ぎるリスクがあるため、注意しなければなりません。摂りたい栄養素が含まれていることは確かですが、制限したい糖類も多いのですから、食べる際には思い切って主食を避けるようにすることをおすすめします。

 

厳しく糖類を制限するよりも、単純にどれかを選んだらどれかをあきらめるというスタイルのほうが簡単です。でんぷん質を含む食材は1種類だけにするのもゆるく糖質オフする知恵になります。でんぷん質の多い食材を調べておくようにしましょう。

 

甘い飲み物は糖質を摂り過ぎるもと!

食事では糖類を完璧にオフする、あるいは制限することは大変です。しかし絶対に制限すべきものはあります。それは甘い飲み物です。市販の飲み物は甘さ控えめと記載されていても、かなり多くの砂糖が使用されています。つまり糖類過多にさせやすいのです。

 

甘い飲み物はお菓子と同じと考えましょう。水分補給のためならミネラルウォーターかお茶で水分補給すべきです。将来的な健康を考えても頻繁に飲むべきではありません。無意識に糖類を過剰に摂取することを避けるには、甘い飲み物はカットしてもいいほどなのです。

 

口当たりがいいから、つい飲みすぎやすいことも理由になります。糖類オフをゆるく行うにしても、甘い飲み物は厳しくオフするほうがいいのです。また甘さがなくても、水分補給はできますし、ちょっと一息入れる際にも甘い味までは必要ではありません。

 

なおお酒に関しても、甘い味に対してのルールを守るべきです。アルコールが含まれていれば、気分もゆるくなって飲みすぎる形になってしまいます。お酒のあとにデザートを少し食べるほうが満足感は高く、糖類の制限もコントロールしやすいからです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時期ともいえます。肌のうるおいを守りながら…

「ちょっとくらい太ってもいいじゃん」成功する40代ダイエットは発想が違った!

お正月、何kg体重増えましたか? 主婦の友社の雑誌が持つデータでは、女性はクリスマスから小正月までの約20日間に平均2㎏程度体重が増えるとされるそうです。この時期鬱々と「また太っちゃった……」「毎年繰り返し…

3が日やっぱり太った!そんな人の「胃腸リセット」メニュー

お正月の食べ疲れもそろそろピークを過ぎましたか? 2018年は都心部を中心に3が日を休むスーパーが増えましたから、今日まとめ買いをして冷蔵庫の中身を補給という人もいることでしょう。さて、「食べ過ぎて」荒れ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事