女40代。あなたが本当に気になる「お肌の老化」と正解ケアは?

ここしばらく『OTONA倶楽部』では、編集部がいろいろなアンケートを取っていますが、回答を見て痛感するのは「私たち40代にはもう、付け焼刃のケアではリカバーできない老化が始まっている」 という点。しっかりケアしていたつもりが、気づいたら悩みだらけ……。

「そんな40代ならではの、些細なようで重大な悩みを一つ一つ解消していきたい!」ということで、今回は『OTONA SALONE』編集部が実施したアンケート調査(2017年8月23日現在、35人が回答)の結果を踏まえつつ、今すぐ実践したいケア法をご紹介します。

 

40代のお悩み1位はダントツで「シミ」

 

「あなたのお肌の老化、いちばん気になっているのはどこ? 」という質問に対して「シミ」と答えた方が11人とダントツトップ!
「いつの間にか目の下にうっすらと・・・日焼け止めの塗り忘れが原因です(泣)」

「特に頬のシミは年々目立っていて、どうにかならないかと… 」

「以前はシミにはならなかったのに…老化を感じます」

とのコメントが多く、エイジングサイン「シミ」についてのお悩みが多数寄せられました。

ひと言で「シミ」と言ってもいくつかの種類があり、種類によって根本的な原因や対処法が異なります。また、シミは一度できてしまうと簡単には薄くならないため、最大のケア方法は耳にタコができているかもしれませんが“UVカット”です。まず、これからのシミ予備軍を増やさないためにもUVカットはしっかり行なってください。

できてしまったシミが気になる人は皮膚細胞の再生を促し、皮膚の調子を整えてくれる言われるビタミンCやビタミンA配合のコスメに切り替えてみましょう。洗顔時などの刺激もシミの原因になりますので、洗顔時のゴシゴシ洗いは禁物です。

年齢を重ねるごとに濃いシミが目立つようになってきたらクリニックに行って医師に相談することをお勧めします。

 

なかなかケアが行き届かない「たるみ」が2位

 

「本音は全部ですが・・・ひとつ選ぶとしたらこれです」

「ほうれい線というよりマリオネットライン?が目立つようになってきました。」

というコメントが寄せられ、スキンケアアイテムではなかなかケアが行き届きづらい「たるみ」に悩んでいる人が多いことが分かりました(8票)。

たるみについては残念ながら一朝一夕で改善するものではありません。なぜなら顔のたるみは筋肉が関係しているから。スキンケアでなんとなる範囲を超えています……。

最近の“スマホ”流行りで、姿勢が悪い人が増えたなぁ、と感じますが、長時間のスマホ利用は首に負担がかかり姿勢に影響します。姿勢が悪くなれば首や肩の筋肉が緊張し血行が悪くなり、たるみだけでなく“くすみ”の原因にもつながります。スマホを使う時の姿勢には気をつけてください。また、たくさんしゃべっていても顔の筋肉は意外に使われていないもの。以前の記事「顔のたるみは老け印象の最大要因!毎日簡単にできる「えがお®体操」でも紹介していますが、表情筋を意識して動かすのもたるみ対策になります。

 

たるみの延長!?「ほうれい線」が気になる人も

 

「ほうれい線が気になる」と回答したのは35人中5人。

「ある日ふとした瞬間に鏡を見た時に「あれ?私ってこんなにほうれい線目立ってたっけ?」なんて思う日があります」

私も40代になり一番気になったのがほうれい線だったので、この気持ちよく分かります!目尻のしわは笑いジワなので「笑った回数が多かったってことね」と思えますが、ほうれい線はそういうわけにはいかないですね。

エイジングとともにコラーゲンが減少して肌の弾力が低下すると頬の位置が下がり口もとにほうれい線が出現すると言われています。肌内部の水分不足がハリの低下を招くと言われていますので、化粧水でしっかり水分を与えてあげましょう。年齢を重ねると保湿を気にするあまり美容液やクリームにお金と時間をかけがちですが、ベースとなる水分を与えることも忘れずに。

 

「白髪・髪のボリューム低下」が4位

 

3位までは顔に関するお悩みでしたが、4位にランクインしたのは髪の悩み(各3人)。

「白髪は染めることもできるけれど、髪のボリュームは、何かするのも抵抗があるし、対策が難しくて悩む。」

白髪がチラホラ見えるだけで一気に老けた印象になりますので、できれば目立つ前にヘアカラーリングをすることをお勧めします。

ドライヤーのあて方によって髪のボリュームは調整できます。乾かす時にお辞儀をするような姿勢で頭を下ろし、髪の根元から乾かしていくと根元がボリュームアップします。ねこっ毛などで髪がしんなりしやすい人は使用するシャンプーやトリートメントによって状態が変わりますので、ご自身の髪質に合ったアイテムを探してみてください。

 

少数意見となりましたが、「しわ」、「毛穴の開き・黒ずみ」、「肌の乾燥」、「全体的な肌のくすみ」なども挙げられました。

「透明感欲しいですー!!」

という心の叫びをコメントしてくれた人も(笑)。40代になると少しずつ深刻化してくるお肌悩み。対処よりも予防の方が効果が高いと言われているので、なってからケアするのでなく“ならないようにケア”をすることを心がけましょう!

 

 

今回アンケートをとったOTONA倶楽部は、OTONA SALONE編集部からお題を投げかけ、みなさんとコミュニケーションをとるオトナ女性だけが集う場所です。

また、「OTONA倶楽部」では今後、会員との交流を通じて「限定イベント」や「新商品モニタリングイベント」なども企画していきます!

登録はこちらから!もちろん登録もご利用も無料です。皆さんの登録をお待ちしております!

https://otonasalone.marco.jp/

 

↑OTONA倶楽部・新規ご登録はこちらから

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

40代「オバ髪」ケアに救世主?発売即完売、店に行列ができたシャンプーとは

40代になるといろいろと美容の悩みが増えますが、一番気をつけたいのが髪。フェイシャルは毎日気を配っているけど髪はつい後回し……その間にも髪のエイジングは進んでいます。仕事に家事に忙しい人ほど毎日のシャンプ…

[PR]

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事