「更年期なのか、違う疾患なのか」どう見分けたらいい?【宋美玄先生に聞く 更年期のこと、私たちの体のこと】#4

毎回大好評!公開取材シリーズ4回目、今回のテーマは「更年期、私たちの体、そしてセックスのこと」。

更年期という時期の過ごし方、体に現れる変化、そしてちょっと気になるセックスや膣まわりのことなど、読者からの生の声を宋美玄先生にズバリ質問。さらには、公開取材に参加してくれた皆様からの質問にリアルタイムで答える形で取材を進めました。

今回は「お寄せいただいたすべての質問にご回答いただく」ハードな公開取材でしたが、なんと60分で24もの質問に答えていただきました!

1時間の取材を12本の記事に起こし、丸ごとお届けする本連載。この記事は4本目です!

この公開取材を最初から読む

更年期障害と他の病気の見分け方

質問:49歳です。更年期症状がまだ出ていないのですが、今後なにかあったときに、更年期障害と他の病気を見分ける方法はあるのでしょうか?

 

宋先生:更年期なのか、違う疾患なのか、自分で見分けるのは難しいです。それぞれの診療科のお医者さんに見てもらって頂きたいです。

 

編集部:明らかに更年期、という症状はホットフラッシュくらいでしょうか?

 

宋先生:更年期のような症状が出てもPMSかもしれないし、指が痛くなったのは更年期じゃなくてリウマチかもしれない。どれもちゃんと診断する必要があります。

 

編集部:他の科で異常がなかった場合に、はじめて「更年期です」と言えるのですね。

 

宋先生:そうです。そしてこの方には、婦人科のかかりつけが必要だと思います。

 

編集部:自治体の婦人科検診に行ってみたりして、話しやすいお医者さんをみつけておくのが大切ですね。

 

閉経の予兆ってあるの?もともとうつを患っている場合、更年期のうつはどうなる?

質問:40歳、閉経の予兆を知りたいです。初潮が早かったのですが、計算できますか? そして、もうひとつ質問です。もともとうつを患っている場合、更年期のうつも要注意でしょうか。

 

宋先生:閉経の予兆は、生理の間隔が短くなってくることです。それが典型例で、予兆のひとつと考えていいと思います。また、初潮が早いと閉経が早まるわけではないです。

 

うつを患っている人はPMSが強く出たりしますね。更年期の症状の一つに精神症状があるので、うつは気をつけたほうがいいですね。

 

編集部:生理周期が短くなるのでなく、延びるパターンもありますか?

 

宋先生:最初は短くなって、そのあと延びるようになって、最終的にはなくなる。これが典型パターンです。

 

編集部:最初に乱れが起きることが多いということですね。急に止まる(閉経する)ことはあまりないのでしょうか?

 

宋先生:急に止まるのはないですね。半年くらい乱れて、止まっていくことが多いです。

 

▶▶次のページ「ホルモン補充療法はいつまで続けられる?がんのリスクは?」に続きます

 

<<前の記事「更年期の『前半』と『後半』では、違いがあるのでしょうか?」を読む

 

この公開取材を最初から読む

 

■宗美玄先生のクリニックは!

丸の内の森レディースクリニック

東京都千代田区丸の内1・5・1 新丸の内ビルディング9F

サイトはこちらから

 

(文/星雅代)

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク