いま一番困っている「髪の悩み」はなんですか?40代女性はやっぱりコレ

年々美容に関する悩みが増えますが、40代になると特に気になるのが“髪”。若い時にはまったく気にならなかったことが白髪を筆頭に気になり始め、しかも美容師さんに相談してもなかなか解決できない!そんな状況に陥っている人も多いようです。

今回、OTONASALONE編集部が運営する会員制コミュニティサイト「OTONA倶楽部」にて、“いま一番困っている「髪の悩み」はなんですか?”という質問を投げかけたましたので(回答者37人)、その結果と、髪のお悩み解決法についてアドバイスします。

OTONA倶楽部の登録・ログイン(無料)は → こちら

やっぱり気になるのは「白髪」

 

“いま一番困っている「髪の悩み」はなんですか?”という問いに対して、ダントツで多かった回答は「白髪」(19人)。半数以上の人は白髪に困っているということになります。白髪のお悩みについては

「部分的に固まってしかも目立つ場所なのでヘアカラーも頻繁にしなくてはならず悩み」

「老化をしみじみ感じます。染めても少し経つとすぐ伸びてくるので・・・。面倒」

「髪が痛みそうなので、染める時期をできるだけ延ばせないかとあがいてます」

などのコメントが寄せられました。

白髪を手っ取り早く解消したければ、ヘアカラーリングが一番。ただ、コメントにもあるように髪が痛むのが嫌……という意見も。すでに白くなった毛髪を真っ黒に戻すのは難しいですが、頭皮の血行が良くなり頭皮環境が整うと白髪が生えてきにくくなるという説もありますので、バスタイムでヘアトリートメントをする間に頭皮マッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。五指で頭全体をしっかりつかみ、少し力を入れてもみほぐします。マッサージする向きなどはさほど気にせず、強さは自分が気持ちいいと感じる強さでOK。

お風呂あがり、髪を乾かす時にも育毛効果のあるローションなどを使うのもお勧めです。頭皮の乾燥は頭皮の老化につながりますので、育毛効果のあるローションが手元にない時は、普通の化粧水でもOK。お顔同様、頭皮も乾燥させないのがポイントです。

 

OTONA倶楽部の登録・ログイン(無料)は → こちら

 

年々気になるお悩みナンバー2は「くせ毛」

 

次いで、お悩みナンバー2は「くせ毛」(6人)。くせ毛は若い時から悩んでいる人も多いかと思いますが、年を重ねるごとに髪にハリコシがなくなったり、ツヤがなくなったりすることで、これまでのくせとはまた違った感じになって、悩みが増幅するとも考えられます。

くせ毛は遺伝的要因もあるため、くせ毛自体を直すことはなかなか難しいですが、シャンプー後の髪の乾かし方でくせが出にくい状況を作ることはできます。通常、ドライヤーをする前にタオルドライをすると思うのですが、その時にタオルでゴシゴシ乾かすのは避けましょう。髪の根元(生え際)をゴシゴシしてしまうと根元部分にボリュームが出てセットしづらくなります。また、ゴシゴシ刺激を与えることで髪が痛んで余計にくせが強く出てしまいます。タオルを髪に押し付け水分をタオルへ吸わせるように優しくタオルドライしましょう。

 

OTONA倶楽部の登録・ログイン(無料)は → こちら

 

お悩みナンバー3は「抜け毛が増えた」「薄くなった」

 

髪についてのお悩みナンバー3は「抜け毛」に関すること(それぞれ3人ずつ)でした。

「ロングヘアの現在はショートの時と比べると、排水口に溜まる量の迫力が桁違い!」

「年齢とともにストレスに弱くなったのか、ストレスを感じた後の抜け毛は凄い!」

などのコメントが寄せられました。

抜け毛や薄毛も頭皮環境を整えること、また過度なストレスがかからないようにすることが解決策として挙げられます。ストレスは結構影響するようで、私の友人でもいつもよりも仕事が忙しくなって睡眠不足になると10円玉サイズのハゲができる……と嘆いている人もいます。

 

以前、ヘッドスパケアリストの方に取材した際に「皮膚については研究が進んでいるが、毛髪についての研究は未知なことが多い」というお話を聞きました。事態が深刻化するとお肌よりも悩みが深くなる頭皮&毛髪。面倒くさがらずに今から少しずつでもケアを取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

OTONA倶楽部の登録・ログイン(無料)は → こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク