ドライヤーにはこだわるべき?失敗しないドライヤーの選び方【美容師KUMAの美髪講座】

髪質改善専門家・美容師26年目の熊坂裕一郎ことKUMAです。江東区で髪質改善専門美容院area(エリア)を3店舗経営しながら、YouTubeチャンネル「美容師くまのこだわりTV」では美しい髪になる方法を発信しております。

 

>>髪質改善専門美容院area(エリア)

>>Youtube美容師くまのこだわりTV

髪のダメージが気になるならドライヤー選びは大切

最近は、いろんな種類のドライヤーがあるので迷う方も多いのではないでしょうか。

髪のダメージが少ない方は、どんなドライヤーを使っても大きな差はないのですが、髪のごわつき・切れ毛・パサパサ……など髪にお悩みのある方は、ドライヤー選びにこだわることをおすすめいたします。

ポイントは「短時間で乾かす」ことと「熱をかけすぎない」ことです。

 

ドライヤー選びのポイント3つ

①風量が強い

風量が強いと、髪を早く乾かせます。そのため、髪や頭皮に余分な熱が伝わらず、美髪を保ちやすくなります。

具体的には、1分あたりの風量が1.3m³以上と表記されているものがおすすめです。

風の量が表記されていない場合は、ワット数を見てみましょう。

1200〜1500Wと記載されていれば、出力が大きいので強い風量で髪を乾かせると判断できます。

 

②イオンを発生させられる

マイナスイオンを発生させるドライヤーは、髪や頭皮や髪を熱のダメージから守ってくれます。

さらに髪や頭皮の水分を保って、乾燥を防いでくれます。

マイナスイオンが髪につくと、静電気を抑えてまとまりのある仕上がりになりますので、髪が広がりやすい方におすすめの機能です。

 

③熱くなりすぎない

冷風では髪は乾きませんので、熱が発生することはドライヤーの必須条件です。

しかし、熱くなりすぎると髪も頭皮も軽いやけど状態になり、髪のうねりやパサつき、切れ毛につながるので注意が必要です。

ドライヤーを選ぶときには、それほど高温のものを選ぶ必要はありません。

過熱防止機能や恒温設計になっているものをおすすめします。

 

なかなか髪が乾かないな、と感じるときは

「髪が以前より乾きにくい・・・」

それは、髪のダメージを受けているサインです。ドライヤー選びにも気をつけつつ、髪のケアにも取り組んでいきましょう!

 

毎日かけるドライヤーだからこそ、ご自身の髪の調子が良くわかると思います。

日々のコツコツしたケアで、キレイな髪を保てますように!

▶▶ダメージヘアが乾きにくい理由を知る

 

髪質改善専門家・KUMAさんのサロンはこちら

■サロン名:area(エリア)
■HP:https://area-hair.com/
■YouTube:美容師くまのこだわりTV
■住所(西大島本店):東京都江東区大島2‐38‐10 坂下ビル1F
■営業日時:10:00~17:00、火曜日定休
■料金:カット5, 830円〜、カラー5,500円〜、 髪質改善6,600円〜

続きを読む

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク