「おばさんくささ」を一瞬で払拭!旬なダークリップの選びかた

今年の秋冬は、ローズ系やバーガンディ系など、ダークなリップカラーの当たり年になっています。

けれども「この手の色を唇にのせると、老けた顔に見えちゃう」と、お嘆きな40代女性も意外といらっしゃるのではないでしょうか。

「今年のダークリップを制するにはどうしたら?」とお悩みの40代女性の皆さまこんにちは、時短美容家の並木まきです。

今回は、“おばさんくささ”を醸し出すデンジャラスなリップの特徴と、”塗るだけで今年っぽさが演出できる旬リップの選びかたについてお話していきます。

 

おばさんくさくなるダークリップって?

 

ローズにバーガンディ、レッド……。瞬時に秋っぽさを出してくれるダークカラーのリップは、季節感のあるメイクにチェンジしてくれる便利な存在です。

しかし、40代が塗るとどうしても「おばさんっぽい!」な印象に仕上がってしまう色みも。

正直なところ、次のような特徴を持つリップカラーは、40代の肌にはややデンジャラスです。

(1)青みが入っているローズ

(2)ツヤが一切入っていないマットカラー

(3)“ブラック”が入っているかのような影のあるカラー

40代にもなると、やや肌に“黄ぐすみ”が出てくる人も珍しくないので、青みが入っているリップを選んでしまうと、ブルーとのコントラストによって“黄くすみ”が加速して見えてしまうことが。

また、マットな質感のリップは単独で見るととっても可愛らしいのですが、ツヤのない唇は顔色を沈ませてしまい、老けた印象に仕上がることがあります。

さらに、“ブラック”が入っているかのような影のある色みも40代の顔を沈ませ、“どす黒い印象”を醸し出して「老け見えの要因」にもなりやすいリスキーな色です。

どんなにトレンドカラーでも、40代の唇には

 

おばさんくさくならないダークリップの選びかた

 

こんな風に、ダークカラーの口紅選びは40代女性にとっては意外と難儀なテーマ!

けれど、「おばさんくささ」を払拭してくれる口紅の選びかたさえ心得ておけば、トレンドカラーで若々しい旬リップを演出するのもお手軽になります。

イエローベースやブルーベースなどの肌の色みを問わず、40代がおばさんくさくならないリップ選びのコツは次の2点です。

(1)程よいツヤ感

(2)ハッキリとした発色

くすみをフォローしてくれて若々しい印象に仕上げてくれる口紅は、ツヤ感と発色がカギに。

若い頃と比べると、どことなく“枯れて”きてしまう肌をツヤでフォローし、顔色を沈ませないようにハッキリとした発色のリップを塗ると、若見えなイメージに仕上がります。

 

“グロス”との合わせワザも「おばさんくさくならない」テクに!

 

「買ってはみたものの、自宅で唇に乗せてみたらどうもイメージが違う」と思う失敗リップでも、グロスを重ね塗りすると“ツヤ感”と“発色”が変わるので「おばさんくさくさせない」テクニックとして使えます。

40代の唇には、ひと昔前に流行ったギトギトのグロスではなく、サラリとした質感のグロスがベター。

淡いピンク系やレッド系のグロスを加えると、顔色がパッと明るく見え「失敗しちゃった!」と思ったリップでも、今っぽさを出しつつ艶やかな唇に変身させてくれるので、ぜひ手元に1本置いてみてください。

 

今年の旬リップは、ローズやレッド、ブラックなどのダークカラーなどの重いカラーになりそうだけに、色選びを間違えて「おばさんっぽい!」なんて印象にだけはしたくないところ。

おばさんくささを払拭した“今っぽリップ”を心がけ、若見えを狙える旬リップを手に入れてみて。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

「大人の関係」になったあと、二度と連絡が来なくなる40代独女の傾向

身体の関係をもったあとに、残念ながらも二度と男性からの連絡がこなくなってしまう40代女性もいるのが実情です。将来を見据えて、そういう関係になったのに、目論見が外れてしまう40代女性の傾向とは、いったい……!?…

40代の恋愛…30代までで「やめて正解!」と思うこと

40代の恋愛は、大人同士のお付き合い。それだけに、大人ならではの“こなれた関係”を謳歌できる世代でもあります。30代までの恋愛だって楽しいものだけれど、40代になって「大人らしく、これはやめてみました!」なこ…

40代独女が「大人の関係」になったあと、絶対言ってはいけない一言って?

40代ともなれば、親密になった異性と身体の関係をもつことも、若いころよりは寛容になる女性が増えるのも事実。とは言っても、ある意味ではやっぱりデリケートなテーマでもあるだけに、関係をもったあとのアレコレ次…

そのアピールいりません!婚活で出会った40代女性の「謎すぎるアピール」3選

婚活をしている男性たちが出会った40代女性の中には、謎のアピールをしてきた人もいるようです。言うまでもなく、婚活は結婚を視野に入れたお相手探しではあるけれど、“結婚”ばかりにフォーカスして、見当違いなアピ…

40代が取り入れてはいけない【流行の夏メイク】NG3選

この夏は、暖色系のカラーメイクを楽しむのが、じわじわとリアルにトレンド入り。ちょっと韓国風のノリもあって、今までよりもポップで“女の子”らしさが出るメイクを楽しんでいる40代女性もチラホラです。「私もこの…

【大人の婚活】モテ狙いのつもりが大失敗!「婚活中の40代独女のやらかし」3選

婚活を意識して、モテを狙っているつもりの行動でも、男性から見ると「違うな」「恋愛対象にできない」となってしまうパターンもあります。40代女性に限らず、真剣に婚活を考えるほど、態度も力みがちになるのは否め…

そのヘアは20代まで!男が「若作りすぎて痛い」と感じた40代女性のNGヘア

いつもよりちょっとだけ気合いを入れたデートや、ゴージャスなレストランへのディナーなどでは、ヘアスタイルにもこだわりたい40代女性が少なくないはず。ところが、せっかくの“おめかしスタイル”が、男性から見ると…

【40代の眉メイク】第一印象が最悪!男性が嫌がる眉は太すぎ&◯◯

眉の印象によって、顔のみならずその人のイメージをも左右するのは、もはや言うまでもないお話。それだけに「こんなイメージになりたい」を叶えるにあたっては、まずは眉メイクにこだわる女性も少なくありません。と…

夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

夏は、ダウンスタイルよりもアレンジした髪型のほうが、スッキリとした印象に。40代が気になりがちな白髪や薄毛も、アレンジによって、目立ちにくくなるメリットもありますよね。デイリーのヘアアレンジで上手にイメ…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事