婚活失敗女性は注意!男が逃げる40代の「痛い口グセ」

唐突ですが、みなさんはどんな口グセを、自覚していらっしゃいますか?

「それなりに動いているのに、いい出会いになかなか恵まれない!」とお嘆きの40代女性のなかには、自分でも気づかないうちに発している“口グセ”が災いしている人も!

「もしかして、私の口グセも男性を遠ざけてる!?」と、ギョッとした40代女性のみなさま。こんにちは、並木まきです。

今回は、男性が「痛い!」と嫌うことが少なくない、40代女性の3大NG口グセを見ていきましょう。

口グセのせいで男性を遠ざけていたら、とても残念です!

 

痛い口グセ1:「要するに」「つまり」

男性の発言に対し、なにげなく「要するに……」と発するクセがあると、とてもデンジャラスです。

この言葉を聞いた瞬間に「この女性は、話の要点をまとめたがっている」「僕との会話を、早く切り上げたがっている」という意図を感じてしまう男性もいて、“心地よい会話”からは程遠くなることが。

「僕の話が長かったのかな?」「俺が言ったことがわかりにくかったんだろうか」などと、無用な不安を与えやすいフレーズでもあります。

また、仕事でもそれなりの立場になっている40代女性の「要するに」は、相手を小馬鹿にしつつ場を仕切っている雰囲気も醸し出しがちに。

男性の意見に反論しているワケでもないのに、強気な印象を与えてしまうこともあり、ゲンナリされやすい口グセのひとつです。

 

痛い口グセ2:「ヤバい!」

若い頃から「ヤバい!」を多用してきた女性ほど、40代になっても昔と変わらずに「ヤバい!」を連呼していませんか?

20代そこそこの女性が使う「ヤバい!」と40代女性が発する「ヤバい!」は、同じ言葉でも、男性に与える印象はガラリと変わることが。

ネタのように“わざと”使う「ヤバい!」は可愛らしく映っても、本気で「ヤバい!」を連呼している40代女性は、幼い印象やガサツなイメージを与えてしまいやすいのです。

さらに「この女性は、40代にもなってボキャブラリーが乏しすぎないか?」なんて男性に思われれば、知性すら疑われる事態に!

嬉しいときも美味しいときも驚いたときも「ヤバい!」で済ませるクセがある女性は、それだけで男性を遠ざけてしまっているかもしれません。

 

痛い口グセ3:「なんか」「みたいな」

物事に対して断言するのは気が引ける女性ほど「なんか」「~みたいな」などと、ファジーな言い回しを好んで使っていませんか?

実は、この口グセも40代女性が多用してしまうと微妙な雰囲気を醸し出し、男性から「幼いな」などと、ギョッとされやすいのです。

「なんか、お腹すいた」「私って大変みたいなぁ~」など、日常的に使いやすい表現でもありますし、少々使っているくらいなら耳に残らないものの、多用した途端に40代にはそぐわない幼稚な会話にも聞こえてしまいます。

どことなく曖昧な性格にも受け取られてしまい、「ハッキリしてよ!」とイライラしてしまう男性もいるので、くれぐれもご注意を。

それなりに人生経験を積んでいるはずの40代女性から、ファジーで曖昧な言葉を聞き続けると、イラついてしまう男性も決して珍しくないのです!

 

「でも」「だって」などの言い訳口調は、男性に嫌われる口グセの典型と言われますが、40代女性が痛々しく見えてしまう口グセはそれだけではありません。

発する言葉は、その女性のイメージを左右しますよね。

「いい出会いに恵まれなくて」の理由が口グセにあったら、もったいないお話に。心当たりがあった女性は、発する言葉を変えてみるだけで、恋愛が思いのほかうまくいきはじめるかも!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、LINE上手になっておくことも不可欠と言って…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事