彼女だったら超ストレス…「仕事の愚痴ばかり言う40代女」が、本当にこぼしているもの

以前、口を開けば愚痴ばかり言う女友達がいました。そして、彼女に10年ぶりに再会したのですが、久しぶりだというのに、なんとまた愚痴を言い始めたのです! これには正直驚きましたし、またある意味「この人は、一生愚痴をこぼし続けるのだろう」と感じました。そして彼女は、愚痴をこぼすたびに、幸せもこぼしているのだと確信しました。

 

愚痴はこまめにこぼす?

みなさんは、愚痴はこぼす方ですか?私はけっこうこまめにこぼす方です(笑)

こまめにこぼすメリットを聞くと、大抵の人は「こまめなストレス発散」という正当な、道理にかなったような理由を話します。たしかに、愚痴をこぼすことは「ストレス発散」にはなります。心にとどめず、発言することで、心のもやもやが整理整頓されたようにスッキリしますし、相づちでもうってもらえたら、気も軽くなりますよね。

そこでお伺いしたいのですが、あなたが愚痴をこぼした時、心のもやもやはスッキリなくなりました。では、それはどこに行ったのでしょうか?

 

こぼした愚痴はどこに行く?

あなたのもやもやは綺麗になくなったように見えますが、聞いていた人全員に散りばめられたのだと考えるとどうでしょう?

そして、実は全て吐き出した!と思っていても、当然のことながら愚痴るだけでは問題は解決しないので、その種は心の中に残るのです。そしてそれはまた何かの機会に、確実に芽を出し、子孫を増やすのです。

聞いていた人全員に散りばめられることが想像しにくい場合は、電車の中で大きい声で家族の愚痴を言っている女性たち、居酒屋で会社の愚痴をこぼしている男性達の例はいかがでしょう。運悪く近くにいたあなたは、それを聞いてハッピーな気分になるでしょうか? 何かいやーなものをどっさり受け取った気分になりませんか?

私は先日、喫茶店に入って原稿を書いていたのですが、となりに40代くらいの女性が二人座り、仕事から家族から友人から、それこそ「競争しているの?」と思うくらいの愚痴合戦を始めたのです。もう原稿どころではありません。耳から入った悪霊が頭の中を占領し、背中のあたりまで覆い被さっているような気分に。彼女達はもやもやを発散してスッキリしたのでしょうけれど、その分こちらの肩が重くなった感じでした。

 

そして、そういう場合、あなたならどうします?そうですよね。その喫茶店を出ますよね。喫茶店にとっても営業妨害。それほど、口から出たもやもやは、独り言でない限り、誰かに憑依するのです。

 

職場の愚痴はしんどい

職場の場合はもっとたちが悪いですよね。なぜなら喫茶店のようにその場から逃げられないからです。職場に愚痴をこぼす人がいれば、それはかなりのストレスになります。疲れ果てて、正直「もういい加減にしてほしい」と思う場合もあるでしょう。

 

同じ部屋で愚痴をこぼされると、誰かが聞き役にならないといけません。特にそのように愚痴をこぼす人が上司である場合は、本当につらいものがあります。しかし考えようによっては、人間として学ぶべきことがないという証。喫茶店をそっと出るように、物理的にそっと距離を置くことが良いように思います。

 

愚痴を聞く相手は、実はあなたでなくても良い

冒頭の女友達ですが、私が彼女から離れたのと同じ理由で離れた人も多いのです。私は彼女の話を上の空で聞く作戦でかわしていました。彼女が「ねえ、ひどいと思わない?」と聞いてきた時に「え?あ、ごめんよく聞いてなかった」と答えます。最初のうちは「もう。なんで聞いていないのよ。あのね……」と話し直すのですが、何回か上の空作戦が続くと、彼女は私に話さなくなりました。

 

嫌われることや、叱られることもありませんでした。

 

多分、彼女の愚痴を聞く相手は、私でなくても良かったのでしょう。

 

変に同調したり同情したりすると、聞いてもらえる人だと思われて厄介なことになると思います。また、その行動を正そうとすると、反感を買います。そう、彼女の愚痴のネタになる可能性も高くなるのです。

 

そもそも「愚痴」とは?

愚痴は、痴の別称です。

癡(ち、痴)は、仏教が教える煩悩のひとつ。
別名を愚癡(ぐち、愚痴)、我癡、また無明ともいう。 万の事物の理にくらき心をさす。
wikipedia

https://goo.gl/5L7Kkp

 

また「愚痴」は、根本煩悩のひとつです。人間の煩悩は百八あるといいますが、そのうちの貪・瞋・癡・慢・疑・悪見の6種を根本煩悩といいます。そして、この根本煩悩が抑えきれなくなると、六道へと迷い込みます。六道とは、仏教において迷いあるものが輪廻するという、6種類の苦しみに満ちた世界のことです。

 

このように仏教では「愚痴」の行く末は恐ろしいことになっているのです。自分で話すこともそうですが、なるべく聞かないようにすることも大切なように思われます。

 

口からこぼれ落ちる幸せ

久しぶりに会った彼女は相変わらず愚痴をこぼしていました。そして少しも幸せそうに見えませんでした。

 

人間は体が健康で調子が良く、心が満たされて幸せな時、絶対に愚痴はこぼしせん。

 

逆に、病気で調子が悪く、心が不満でいっぱいで、自分が不幸せだと感じている時は、つい愚痴をこぼしてしまうということは、簡単に想像できますよね。

 

つまり、愚痴をこぼす人は、不幸な人なのです。

 

そして、愚痴が多い人は、幸せな要素は少ないいつも愚痴が多い人は、いつも幸せではないということです。

 

久しぶりに会った彼女「まだ愚痴が多い」のは「まだ幸せではない」証のようでした。

 

自分で言わないことももちろんですが、相手が愚痴をこぼし始めたら興味のないふりをすることも、相手にとっても自分にとっても良いことなのかもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

新年度が始まりました。新しいスタートの春。この機会に、会社でよく使う間違えやすい敬語について再確認してみましょう。今日は楽しくクイズ形式にしました。全12問、あな…

2つのコツを知るだけ。たった1時間で美文字になる秘伝とは?

「なぜ私の字はうまくならないのか・・・」あなたは字がヘタだとお悩みですか?字がうまくなるポイントは以下の2つです。「持ち方」 「筆圧」本当に大切なことなのですが、し…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。これは消費者相談センターで解決すべきトラ…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実…

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスが…

「領収書をお返しします」は間違い?丁寧なつもりでNGな日本語

「バイト敬語」と呼ばれる敬語があります。もちろん正式な分類ではありませんが、主に接客業で使われ、文法的におかしなもの、言われて違和感のあるものです。日本語の乱れとしてやり玉に挙がっています。言語学的に…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事