思わずギョっ!男性が街で見かけた真冬の「若作りオバさん」ファッション

スポンサーリンク

早いもので、2017年もあと一ヶ月ちょっと。寒さも段々と深まり、いよいよファッションも冬本番にシフトする季節となりました。すでにニットやコートなどの防寒アイテムを購入した人も多いのではないでしょうか。冬アイテムが出揃う今、街で実際に見かけた「痛い若作り」をしているアラフォー女性のエピソードを、男性目線でチェックしてもらいました。

 

1太ベルトのウエストマーク

「電車で40代らしき女性がしているのを見て、一瞬チャンピオンベルトに見えた。太さが強調されて、これでは逆効果」39歳・不動産

「スタイルがいい人がしていても、アラフォーの女性がやるとただの若作り。痛いからやめた方がいい」32歳・営業

「アラフォーのお客様がワンピースの上からベージュの太ベルトをつけていて、失礼ですが腰痛ベルトかと思いました」26歳・美容師

 

この冬、ビッグトレンドのコルセットや太ベルトでのウエストマーク。でも、学生や新人OLならまだしも、大人の女性がやってしまうとミスマッチ感があり、男性からは絶不評。大人の女性は、トレンドではなくとも控えめな印象の細ベルトをプラスするのが正解です。

 

2派手なピンクの服

「ショッキングピンクの服を着ているアラフォー女性を見かけると、どうしても林家パー子が頭に浮かんでしまう」45歳・公務員

「ピンクが好きと言う40代女性は子供っぽさが抜けきれてないようで何となく警戒してしまう」34歳・イベント会社勤務

「デートでアラフォーの女性が張り切って派手なピンクの服を着てきたら、顔には出さないけど引きます」38歳・IT会社勤務

 

ピンク=女性らしくて可愛い、と思っている男性もいれば、若作り、ぶりっこというマイナスイメージを持っている人も少なくないようです。自分のパーソナルカラーに合っていれば、華やかで若々しく見える場合もありますが、あえて男性の前では封印した方が無難。ピンクは小物で取り入れましょう。

 

3カラフルなショート丈ダウン

「真っ黄色のダウンを着てる女性を街中で見かけたけど、本当に浮いていた。アラフォーならグレーや紺、黒の方が断然いいと思う」36歳・医療関係

「明るいパステルブルーのダウンは、肌のくすみやシワが目立つ気がする。40代ならもっとグレイッシュなブルーとか、他に似合う色があるはず」43歳・ヘアメイク

「アラフォーの彼女が、食事に行く時真っ赤なダウンを着ていて引いた。後ろ姿がスキーウエアみたいで、レストランで恥ずかしかった」45歳・会社経営

 

今季は久しぶりにショート丈のダウン人気が復活。さらに、パステルカラーや鮮やかカラーのものもバリエーション豊富に登場しています。でも、ショート丈とは言ってもボリュームのあるダウンは、派手色を選んでしまうと目につくアイテム。黒や紺、グレーなどに飽きて明るめカラーが欲しくなった人は、ベージュや白などをセレクトして。

 

4肌見せニット

「アラフォーの冬の肌見せは、見ていて色んな意味で寒くなる」30歳・公務員

「婚活の場でアラフォーの女性が、オフショルニットで肌見せアピール。上品な服で大人の女性らしさをアピールした方が好感度が高いのに……」46歳・公認会計士

「背中が開いたニットを彼女が着ていて、コートの首部分に貼るホッカイロが見えた。寒いなら無理しないで」37歳・広告

 

男性にとって、大人の女性がする冬の肌見せは「寒そう」「肉食系っぽい」「無理してる」といった意見が大半。中には、風邪を引かないか心配してくれる、心優しい(?)男性も。大人の女性は、肌を隠した上品な着こなしの方が断然素敵だという意見なので、無理をせずに寒い日はきちんと防寒を優先して。肌を出さずとも、フィット感のあるニットのロングワンピなど、女性らしさはシルエットで演出できます。

 

以上、いかがだったでしょうか。年代を問わず、女性のトレンドの中には男性に嫌われがちなアイテムも一定数ある、というのが男性の本音。さらに大人の女性ともなれば、常識のない人だと思われてしまう可能性も。男性受けを狙うなら、上品さときちんと感、女性らしさを意識したベーシックなコーデを心がけるのが正解です。自分の好みだけを優先するのは、女性だけの集まりの日か誰とも合わないオフの日に限るのがおすすめです。

ファッション・読み物ライター

松本小夜香

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本小夜香の最新記事

FASHIONに関する最新記事