バツグンの保湿力!コレ1つで全身しっとり「ヴァセリン」大人の使い方3つ

諸外国では「どの家庭にも、1個は必ずある!」と言っても過言ではないほど、定番グッズでもある『ヴァセリン』。

日本では、乾燥が気になる秋冬の定番として人気が高いので「一度は使ったことがある!」という女性も、多いのではないでしょうか。

「ヴァセリンやニベアなど、プチプラ定番保湿アイテムの今っぽい活用術が知りたい!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

かくいう私は、高校生の頃に“ヴァセリン信者”だったのですが、その後しばらく疎遠になったあと、アラフォーになって手元や肘などの乾燥が気になり出し、再び使い出すように。

今回は、私が実際に試して「これはオトナ流の使い道!」と太鼓判を押せる活用法を3つお話します。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

1:靴擦れ予防クリームとして

 

ヴァセリンは、その高い保湿力ばかりが注目されがちですが、その“コーティング力”も見直したい実力。

私は、靴擦れができやすい足の持ち主なので、新しいパンプスやブーツを履くと、けっこうな確率で靴擦れができます。

そこで試しに、ヴァセリンをかかとや甲などの、ふだん靴擦れしやすい箇所に塗ってみたところ……“いい感じ”にコーティングされて、見事に靴擦れしにくくなりました。

新しい靴を履くシーンや、足のむくみが気になっているときに、手軽に使える活用術です。

肌をほどよくコーティングしてくれるけれど、ベタつかないので、すぐにストッキングを履いても気になりません。

 

2:髪の保湿クリーム兼ヘアワックスとして

 

『ヴァセリン』は、石油の精錬の副産物に着目してつくられているため、優れた保湿力を誇っています。

年齢を重ねるにつれて髪のパサつきや“うねり”が気になっている女性も多いかと思いますが、こういったエイジング特有のお悩みって、髪を保湿すると落ち着くこともあります。

そこで、お試しでヴァセリンを私の髪(強いくせ毛で広がりがち)に使ってみたところ、しっかり髪が落ち着き、嬉しい驚きの結果に……!

「ヴァセリンは、肌の保湿をするもの」って思いがちなのですが、あの保湿力、髪の毛にも威力を発揮してくれるのです。

コーティング効果で、その日の髪は再び乾燥しにくいから、時短美容にも!

 

3:ネイルパックとして

 

以前、ニベアを使ったハンドパックをこちらの記事「こんなところにも使える!大人気“ニベア”熱愛者の意外な活用法ベスト5」でご紹介しましたが、『ヴァセリン』で『ニベア』と同じようにパックしてしまうと、私の手にはややベタつきが。

そこで「この保湿パワーを、ネイルケアに使ってみよう」と、爪周辺のパックに応用してみたところ、これが大当たりでした。

乾燥する時期や長時間のパソコン仕事を終えたあとなどは、爪まわりの乾燥が気になりがちですが、ヴァセリンをたっぷりめに塗って、しばらく放置してからティッシュで押さえながら拭き取ってみると、驚くほどふかふかの指先に。

指先は日常生活で酷使しがちなうえに年齢が出やすいパーツでもあるので、手軽にパックできると、時短でのエイジングケアにも繋がります。

 

『ヴァセリン』は、少量でもよく伸びるので「買ったのだけど、しばらく使っていないまま! 余っているものが、家にある」という方も、けっこういらっしゃるかもしれませんね。

そして、いろいろ考えてみると、ハンドクリームやフェイスクリームとしての一般的な使いかた以外にも、まだまだ応用できる活用術が、たくさんありそうです。

みなさまは、どんな活用術が思い浮かびますでしょうか?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、LINE上手になっておくことも不可欠と言って…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事