岩井志麻子 40過ぎの「エロくてモテる女」について考えた

今はご年配の方達、すでに亡い昔の人達が若い頃は、今から見れば老けているといういい方もできるけど、しっかりした落ち着いた雰囲気があった。

一般人より若く見えるのが常の芸能人ですら、過去の映像に「このときまだ二十代だったのか」と驚かされる。

20代から色香むんむんだった昭和時代

前にも書いたけど、山口百恵さんの引退時なんか実に二十一歳よ。あんなアダルトな二十一歳、今はいない。当時の百恵さんが今のAKBにいたら、一人浮きまくるね。

にっかつロマンポルノで活躍された白川和子さんも、団地妻シリーズの頃は二十代半ば。今なら女子大生の役だって自然にできる年頃だけど、当時の彼女は熟女感すら漂っていた。

子どもの頃は、ものすごい大人の女の色香をむんむんさせてネエロい歌を歌っていた青江三奈さんや辺見マリさん、それこそあのときまだ二十代だったのね。

セクシーじゃなく、すべてがエロい

なんというかみなさん、セクシーじゃなくてエロいのよ。ご本人も歌も身振りも雰囲気も言動も。懐メロを聞くと退廃的、あるいは反社会的といってもいいようなものが多く、これはやっぱり大人にしか歌えないとしみじみする。

今現在の流行歌ってそんな詳しくもないけど、実年齢よりさらに子どもっぽく見える歌手が、明るく前向きで健全な歌詞を歌ってるよね。
八十年代、九十年代のAVを見れば、大人びていることに加え、むっちり豊満な女優が多いのもわかる。しかし太ってるんじゃなく、いまどきの娘さん達が痩せすぎなだけ。

 

アダルトな色気とセクシーの違い

これだ、アダルトな色気になるか若さのセクシーになるかの違いは、「脂肪分」。昔はアイドルもAV女優も、脂肪分が成熟した大人の証として霜降りのようにしっとり回ってた。
いったいいつから、痩せすぎがいい、となったのか。そういう自分は娘さんの頃から十キロ以上増量してて、もう少しどうにかしたいとは思っているけど、思っているだけ。

 

40過ぎ、脂肪分のある女がモテる

西原理恵子に中瀬ゆかり、周りに脂肪分むちむち仲間がいっぱいいるため、まぁいいやとなっちゃう。いや、これでいいんだと開き直れる。だって彼女ら、魅力的でモテるもん。

そもそも歳を取れば代謝が悪くなるし皮膚はたるむし、ぴちぴちモデル体型でいられるはずない。また、どうして子どもっぽくなきゃならんのだ。健康を害するほどの肥満は解消した方がいいとしても、ある程度の脂肪分があれば皺も薄くなるしね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

40代女性の何割が独女? そして5年後結婚できる確率は……!?  

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。第三者には分からないもの太めをコンプレックスにしているかと思っ…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種におい…

岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけど…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事