毎年年始に太る人に、今日から気を付けたいカンタン食べ方ルール

年末年始は基本的に太ります。食事1回のカロリーが多いメニューばかり、なおかつ運動もそれほどせず家にいる時間が長い。では「カロリー低めのメニュー」で「運動をたくさん」すれば太らない、ということでもありますが、そうもいかないから1年に1回の体重ピークをみんなが迎えるというわけです。でも、太ることは不可避でも、たとえば例年3㎏太っていたところを1㎏に抑えることは可能。ちょっとしたルールを覚えてくださいね。

 

覚えておきたい!「太りにくい食べ方」5つのルール

 

・アルコールはたんぱく質を含むものと野菜をセットにしたおつまみに

・糖質を含むものは食物繊維を含むものと一緒に

・ちょこちょこ食べするなら毎回「ちびっとサイズ」で

・冷たいものの摂り過ぎに注意

・カロリーオーバーを考えすぎない

 

 

ルール1・お酒には何があっても絶対おつまみを欠かさない

 

考えているよりもアルコールには糖類が多く含まれています。ウィスキーや焼酎のような蒸留酒は糖類を含んでいませんが、アルコールの糖類よりも深刻なのは身体へのダメージです。体内でアルコールを分解するために身体には大きな負担がかかります。

 

年末から年始までお酒を飲む機会が増えますが、量のコントロールには注意すべきです。単純に悪酔いしないためではなく、中性脂肪からウェストサイズを増やす事態を避けるためと考えましょう。上手なコントロールのためにおつまみを合わせることはいい方法です。

 

理想的なおつまみはたんぱく質と野菜などのビタミン類とミネラル類に食物繊維を含むものの組み合わせ。豆腐サラダならどれもクリアしていますし、食べた満足感も与えてくれます。つまりお酒の量を考えながら飲むためにうまくいくおつまみなのです。

 

★絶対NG 空腹にそのままアルコールをがぶ飲み。

 

ルール2・糖質と食物繊維でバランスを取る

通常ならうまくコントロールできるのに、年末から年始にかけて難しくなるのが糖質を含む食べ物です。特に年始は縁起かつぎの意味もあって、お餅を食べる機会が増えます。またこの時期に食べるお餅は格別の味わいにも感じるものなので、制限しにくいのです。

 

食物繊維は胃の中で膨れて満腹感をもたらし、血糖値の急上昇を防ぎます。糖質の消化吸収をゆるやかにさせて余計な脂質も吸着して排出させる効果も狙って、食物繊維を含む食材を味方につけた食べ方を年始年末も基本にしましょう。

 

たとえばお餅なら大根おろしを絡めたからみ餅がおすすめ。通常のからみ餅に納豆をトッピングするのもおいしいですよ。しかしそれ以上におすすめの食べ方は野菜をたっぷり入れたお雑煮です。野菜だけではなく、スープのおかげで食べ過ぎずに済みます。

 

★絶対NG 糖質と塩分だけの食事は最悪。

なんでも口にしたくなる時期だから「ちびっとだけ」に

 

年末年始は日本人にはある意味パーティーシーズンです。それだけあれこれ目新しい料理やこのシーズン限定の味わいがテーブルに乗ります。もちろんそれらを楽しむことは自分も回りも楽しませますが、食べ過ぎを加速させるものでもあります。

 

口や舌を楽しませるためには大量に食べる必要はありません。どれも食べたいけれど太りたくないから口にしない、太る料理だからあきらめる、というセレクトではなく、味見する感覚で楽しむことも悪いことではないと心得ましょう。

 

食べると太るから食べないではなく、太りたくないけれど楽しみたいから「ちびっと」ずつ全部口にする、というセレクトなら太りにくいままでいられるのです。今は冷蔵庫が一般的な時代ですから、残しても明日まで保存できることを思い出しましょう。

 

★絶対NG 「食べきらなければいけない」も「食べちゃいけない」もダメ。

 

冷たいものは暖かい部屋でおいしいけれど…

冷たいものは舌の感覚をマヒさせます。すると思っているよりも濃い味で口にすることになってしまうのです。特に清涼飲料や甘さと炭酸を加えたカクテルは砂糖などの糖分を摂り過ぎにしてしまうものになってしまいます。

 

おつきあいで口にするお酒も例外ではありません。口当たり、のど越しがいい分、無意識に糖類を摂り過ぎる形で余計な脂肪を増やしてしまうから、年明けに体重計で青ざめることになるのです。冷たいものに油断しないことも太りたくない方には必要になります。

 

目に見えるアイスクリームよりも、無意識に飲んでいる冷たい飲み物のほうが要注意です。液体であるから無自覚に口にしやすいという自覚を持ちましょう。またいくら暖かな部屋で楽しむにしても摂り過ぎれば身体が確実に冷えて、むくむ原因になりますよ。

 

★絶対NG 冷えたものの味の濃さ、身体を冷やしすぎるリスクを考える。

 

カロリーオーバーが怖くちゃ年末年始は越えられない

年末年始にかけて太るということを毎年繰り返していると、今年こそは太らないではなく、今年こそは食べないという決意になりやすいものです。こういうプレッシャーを自分に与えるのはストレスになります。さらに言えば反動でドカ食いするリスクもあるのです。

 

むしろ年末年始のカロリーオーバーは年中行事と割り切ったほうが反動のドカ食いを避けられます。拒否するよりもいなすほうが対処する意識を持っていられるので、逆に太りにくいというわけです。カロリーオーバーのシーズンにもどう食べるかを考えられるわけです。

 

プレッシャーをかけ続けていいことはありません。ただしカロリーオーバーになりやすいことは覚えておきましょう。このことで意外と味覚を楽しみつつ、食べ過ぎないという毎日も送れます。またほんの少しエクササイズをする気分にもなれるでしょう。

 

★絶対NG 食べないセレクトだけでは反動が大きくなる。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事