「職場で感じのいい人」が密かに心がけている3つのこと

どの職場にもいる「うるさい先輩」。あなたが新人時代にもいましたよね。その人達にはどんな特徴があったでしょうか。また逆に、そう言われない先輩にはどんな特徴があるでしょう。今日は、そんな「うるさい先輩」と陰でささやかれないように、むしろ尊敬される先輩になる為に気をつける3つのことを、お伝えします。

 

どんなこともしつこくは言わない

後輩からうるさい先輩だと思われないためには、まず「うるさい」く思われることをしないこと。音量的に「うるさい」というのは、女性の場合、それほど多くないと思いますが、「しつこい」のと「恩着せがましい」のは気をつけていないとありそうですよね。「しつこい」とは、同じことを何度も言うこと、たたみかけるように注意することなどが該当します。

例えば、仕事上でミスをした場合

「そこ注意したよね」「前にも言ったよね」「この前もそうだったよね」

などと言われたら、謝るタイミングもおかしくなります。

「そこ注意したよね?」「すみません」「前にも言ったよね?」「すみません」「この前もそうだったよね?」「すみません」

と、まるでコントのようになり、しまいには「すみませんじゃすまないよね?」なんてことを言うはめに。

確かに、繰り返し同じミスをするような場合は、くどくどと注意したくなりますが、これは逆効果。それよりも、先輩としては、後輩の為にも、これからの対応を指示したり、改善策を考えさせたりする方が優先ですよね。

逆の立場に立つと分かると思いますが、「しつこく」注意されるほど、屈辱的で、思考が停止してしまいます。余裕がなくなり、結果、反省よりも不満の感情が膨らんでしまうでしょう。「だいたいキミはね」なんてお説教が始まる上司に、憧れの感情なんて抱かないはずです。

また、注意ではなく「恩着せがましい」というしつこさも要注意。あなたの回りにいませんか?

「俺があの時フォローしてやらなければ大変なことになるところだった」とか
「あの時は私も一緒に付き合って徹夜作業をしたよね」とか

ということを、こちらの感情無視で言う先輩。しかも何かあるたびに言われたり、飲むたびに言われたりしたら、たまったものではありません。しかし、例えば後輩の方から「先輩があの時助けてくれなかったら今の私はなかった」のような話が出てからの流れなら美しいですよね。後輩から感謝されない流れで、自分の恩を語るのはやめましょう

 

ミスを注意するときはいっしょに「自分を落とす」

また、この技ができるとカッコイイ、素敵だと思われる人がいます。どうしても注意をしなくてはいけない時でも「自分も新人のときそうだった」「自分も良くある」ということを、嫌味なく自然に言える人です。どういうところに気を取られてミスをしてしまったのか等のエピソードを添えて話してくれると、困っている方としても落ち着きますよね。

そして、ただただ「若い時はみんなそう」などと十把一絡げにせず、「私も新人の頃は、緊張してしまい、敬語を無理に使おうとして、かえっておかしな日本語になっちゃうことがあったよ」などと自分のことのように共感してくれる人は素敵です。先輩として注意するのではなく、いったん、自分と同じレベルまでわざわざ下がってきてくれて、同じ目線で同じ出来事を振り返ってくれるのはデキる先輩。

さて、この場合の「自分落とし」は「謙遜」とは違います。こちらが褒めた時に「いえいえ私なんてまだまだ」等と自分を落とす人がいます。そう、「褒め言葉の受け取り拒否」ですが、デキる人はこれはむしろしません。素直に受け取ります。

後輩が先輩を褒める、これは先輩が上がって、後輩が平らな位置に居るという位置関係ですが、後輩が失敗した場合は、先輩が平らな位置に居て、後輩が落ちてしまった場面です。その時に後輩の位置まで降りる、それが大切なんですね。

 

気の利いたユーモアをいつも会話に混ぜる

さらに上級編です。これが使えると、「うるさい先輩」と思われないどころか、「尊敬される先輩」の域に入ります。それは、ユーモアです。ユーモアが言えるというのは、どういうことが条件かというと、全体を掌握していることです。その力が大切なのですね。全体を掌握しないユーモアは誰かが傷つく恐れがあります。芸能人のツイートが時々炎上するのは、自分の影響力の大きさを計算した範囲に含まれる人達にどんな多様性が許されているか計算していないからだと私は考えます。つまり、自分の影響がどのツール、どのSNSだとどれくらい広いか、その中にこの話を書いて心を痛める人がいるか、想像できていないのです。

会社の場合ですと、今起きてしまったこと、過去の関係、会社全体のことを把握し、その上で、自分の発言が、今聞こえる範囲までが声の届く範囲なのか、それとも、社内ネットワークなどを使ってもう少し広いところにまで広まるかを考えた上で、その中に含まれる人が嫌な思いをしない題材を使い、ユーモアを交えて話すテクニックです。

ユーモアを混ぜて話すことを、日本語では諧謔を弄する(かいぎゃくをろうする)と言います。「諧謔」も「気の利いた」冗談と略されます。

この戦争が始まるまで、パリジャンだのヤンキーが案外戦争に強さうだ、と、僕は漫然考へてゐた。 パリジャンは諧謔を弄しながら鼻唄まぢりで出征するし、ヤンキーときては戦争もスポーツも見境がないから、タッチダウンの要領で弾の中を駈けだしさうに思つたのだ。 ところが、戦争といふものは、我々が平和な食卓で結論するほど、単純無邪気なものではなかつた。
坂口安吾『真珠』より

ユーモアを使う人は、皮肉として使う場面でも、上級者だとされることは、昔から変わりないようです。

「てへぺろが許されているうちに、色々失敗するといいよ。私がちゃんとフォローするから。ただ、私の年になってまで、てへぺろしていると誰もフォローしてくれないどころか、友達なくすから、気をつけてね」
「私に同じこと何度も言わせないように、もう、私の写真待ち受けにする?」

こんな広い言い方から

「そんなミス、〇〇さんの新人時代の、お客様怒らせた事件に比べたら足元にも及ばないけれどね。ま、同類だけど」

のような社内の人間しか知らないネタや、その部門でしか使わない用語でのネタなど「内輪ネタ」でもユーモアが出せるでしょう。

 

以上のように、しつこく恩着せがましく言わない自分を落とすユーモアを交える。この3点に段階的にでも留意して、今日から「後輩に人気のある先輩」を目指してみましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

「ますますお幸せに!」は離婚の暗示?結婚式でNGな言葉の言い換え術

メールや文書で失礼なことを書いてしまった場合、最悪謝罪をし、訂正したものを送ればいいのですが、結婚式のような大切なイベント時に失敗は避けたいもの。最近は二人のなれそめなどを文字、キャプション付きのムー…

あなたは大丈夫?「なし崩し」の正しい意味、日本人の20%しかわかっていない

「そんななし崩し的なやり方では、計画的に進まない」「良いのか悪いのか決めずに、なし崩しに動き出せば、失敗するよ」「貯金をなし崩し的に使い、あっという間になくなってしまった」こんなふうに「なし崩し」を誤…

「あなたのメールは読みにくい」と思われてる?ひらがなに直した方が良い言葉10選

毎日、私たちは様々な手段で、他社とコミュニケーションを取っています。その中で、文字によるコミュニケーション手段として、メールやSNS、文書や手紙などがありますが、圧倒的に多いのが「メール」によるコミュニ…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシー…

尊敬語のつもりで「やられた」って言ってない?それ猛烈に失礼です!

「先生、〇〇ってやられたこと、ありますか? 面白いらしいですよ」「この前、〇〇をやられたっておっしゃっていましたが、どうでしたか?」このように聞かれたことがある人、言ったことがある人は結構多いのではな…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。これは消費者相談センターで解決すべきトラ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事