40代ナース、もうヒモ男を養うのは限界。夜逃げに必要な貯金額は?【マネー相談】

40代ともなると、人生の新しい一歩を踏み出す時に必要なのは、気持ちだけではありません。経済的な安心感がなければ、思い切った行動をとるのはなかなか決心がつかないもの。

東京都在住のナース、E子さん(44歳)もそのような気持ちを抱えていましたが、「このままではいけない」と思いマネー相談にやってきました。

 

生活力のない彼を養って貯金ゼロ

E子さんは、都内の大学病院の病棟看護師として働いています。夜勤もあるので体力的にきつい時もありますが、お給料は日勤のみにするとどうしても減ってしまうので、三交代勤務で頑張っています。

なぜそんなに頑張るかというと、E子さんには5年前から一緒に暮らしている男性がいて、ずっとE子さんが養っている状態だからです。

彼はE子さんの5歳年下、売れない舞台俳優です。ひたむきに舞台に打ち込む彼を応援したくて、言われるままに服を買ってあげたり、ボイストレーニングのレッスン代を出してあげたりしていましたが、そろそろお財布も気持ちも限界。すっかり貯金も使ってしまい、通帳を見てはため息がでます。それなのに、彼は最近ではアルバイトもせず、E子さんにお小遣いまでねだるようになってきました。

 

新しい一歩のためにはお金も必要

出会ったころは彼との将来を夢見ていましたが、結婚することも今の状況では考えられません。E子さんの今の望みは、彼と別れて新しい人生を踏み出したい。そのためには、引っ越しをして、転職もしたい。なぜなら、以前も別れ話が出たことがありましたが、彼がE子さんのマンションや職場にやって来て、結局ずるずるとまた一緒に暮らすことになってしまったからです。

 

では、E子さんが新しい一歩を踏み出すためには、貯金は少なくともいくら必要でしょうか。必要項目に絞っても、転居には50万円はないと厳しいでしょう。この他にも、引越しをすれば買い替えなければならない家具や家電も出てきます。できれば80万円ほどあれば、余裕をもって新生活が始められます。

(クリックで拡大)

では、どうやって貯めたらいいのでしょうか。E子さんの、この頃の収支は以下の通りですが、月7万5000円の赤字です。

(クリックで拡大)

これまでは貯金を取り崩していましたが、今ではそれもゼロ。そこで、まずは赤字家計を黒字にしなければいけません。それには彼への援助は減らすしかないことは明らかです。

一緒に暮らしていれば、E子さんの給与明細や預金通帳を見ることもできるので、彼に知られずに貯金をするには工夫が必要。実家あてに送金をして貯めておいてもらうことや、銀行の貸金庫を利用することなどを検討するようにアドバイスしました。貸金庫は1年間で2万円前後かかりますが、1年でしっかり貯金をして新生活を始められるのであれば、必要なコストと割り切ることもできます。手元にキャッシュカードや通帳がなければ、つい引き出してしまう心配もありません。

 

毎月の家計が黒字になれば、ボーナスで穴埋めすることもないのでまるまる貯金することも可能です。今までは、ボーナスは彼の舞台のチケットを買うことに使っていましたが、次からはそれもやめるつもりです。

 

引っ越し先によって、かかる費用に大きな差がでる

さて、どうしても1年も待てない、すぐに引っ越しと転職をしたい、ということなら奥の手があります。

E子さんはナースの資格があるので、医療機関が少ない地域なら転職先が見つかりやすいという強みがあります。しかも、そのような地域では移住を促進していることも多く、非常に安く住宅を借りられたり、転居費用の援助をしてくれたりする自治体もあります。

これならほとんど自己資金のない状態でも、引っ越しと転職が同時に実現できます。環境が大きく変わることもプラスにできるのではないでしょうか。

彼から離れることを最優先するなら、そのような選択肢もあるのです。

 

E子さんは、まずは貸金庫を借りて貯金をすることを始めました。

彼への援助が少なくなれば、彼の態度も変わり自分から離れていくかもしれないし、逆にますます依存してくるかもしれない、と様子を見ています。

その上で、遅くとも1年以内に自分なりの答えを出すつもりで、引っ越し先と転職先を探し始めています。

 

男女の仲に正解はありませんが、お金のことが原因で心のままに行動できないのであれば、お金の問題を解決しなければならないでしょう。人生は一度きり、後悔のない選択をして欲しいと思います。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。大手生命保険会社から保険の総合代理店に転職し、保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知されるが治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事