40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

スポンサーリンク

 

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。

しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若い頃よりも顔の大きさが目立ってきたと感じている40代女性も決して珍しくはありません。

「私も、最近デカ顔になったような……」と、人知れずため息をついている40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、周囲から“デカ顔”な印象を招きやすいNGベースメイクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

NG1:時短メイクでやりがちな「メリハリのない単一塗り」

 

顔の大小にまつわる印象は、メイクの仕上げかたによっても、印象がかなり変わります。

以前からこの連載で「40代になったら、シェーディングを!」と声を大にして提唱させていただいている私ですが、メリハリのない単一塗りのファンデーションは、それだけで“デカ顔見え”を招きやすい点もその理由です。(シェーディングのお話は、よろしければこちらからどうぞ)

額や顎先、頬骨のあたりに濃いめのパウダーを加えるだけでも、顔に凹凸が出て“小顔見せ”が狙えるのに対し、単一塗りで仕上げた肌はメリハリに欠け「ドーン!」とした印象に見えやすいため、それだけ“大きな顔”に感じやすいのも確かなのです。

手っ取り早い改善法は、シェーディングを習慣にしていただくのが一番かと思いますが「そこまでは面倒で……」という方は、ファンデーションを塗る箇所を限定し強弱をつけながメイクをすると、“のっぺり”とした印象は避けやすくなります。

 

NG2:地肌より「数トーン明るいファンデーション」を愛用している

 

「色白に見せたい」「美白が命!」などの理由で、本来の肌色よりも明るすぎるファンデーションを使っていると、その白っぽい仕上がりからデカ顔に見えやすい傾向も否めません。

白は“膨張色”と言われる部類に入るので、白っぽい顔になると、それだけ顔も膨張して見えてしまうリスクが大。厚塗り見えからのオバ見えも招くので、まさに「顔がデカいオバサン」になりやすいのです。

“色白美肌”に見せたい狙いで、肌色よりも数トーン明るいファンデーションを使ってしまうと、その分だけ顔が大きく見えやすいので、どうしても白っぽいファンデーションを使いたい場合は、やっぱりシェーディングが便利。濃いめのパウダーでメリハリを出すようにすると、全体的な“白っぽさ”が軽減され、単色で塗っているときよりも小顔見せが叶います。

 

NG3:ファンデーションより明るいトーンのパウダーで仕上げている

 

ファンデーションは肌色に合わせていても、仕上げのパウダーが極端に明るいと、こちらも無用な“デカ顔見え”を招きがちです。

最近のパウダーは透明感を出してくれるアイテムが多いけれど、仕上がりが白っぽくなってしまうと、せっかくのメリハリベースも、結局は白っぽいファンデーションを単色塗りしたのと同じような見栄えになってしまいます。

パウダーの色みは、使い慣れてしまうと意外と盲点になっている方もいらっしゃるので「もしかして、今の地肌の色と比べて白すぎるかも?」をチェックするには、十分な太陽光のもとで一度チェックしてみてください。

仕上げのパウダーは全体にはたく方が多いので、ここが白っぽくなってしまうと、ファンデーションの色が合っていてものっぺりした“デカ顔”を招きやすい傾向が強いのです。

 

メリハリのないのっぺりベースになってしまうと、実際よりも「顔がデカい!」を招きやすいので、40代のメイクでは特に気をつけたい部分です。薄づきにしていても、“色”が合っていないだけで、顔が大きく見えることもあります。

“たるみ”や“歪み”が出始める年代になると、どうしても若い頃の自分と比較して顔が大きく感じられますが、メイクで“デカ顔”の印象を加速させていたら、とてももったいないお話。顔の「大きい」「小さい」は、ぱっと見のイメージでも左右されるので、メリハリのあるベースメイクで“小顔見せ”を狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の「おばさんくささ」が際立つ!3大NGアイライン

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、手のひらを返したようになったり問題が起き…

不倫している女性が多い血液型って? ◯◯なアノ女性ほど、のめり込んでいる?

芸能人の不倫発覚にまつわるニュースが、次から次へと飛び込んでくる昨今。『OTONA SALONE』にも、不倫にまつわる記事がたくさんありますけれど、巷で実際に不倫をしている女性って、どんな人? なにか傾向はある?…

いちばん「ケチな男」が多い血液型って? みんなが選んだ1位は…

「ケチな男とだけは、お付き合いしたくない。ましてや、結婚なんて絶対に嫌!」と思っていらっしゃる40代女性は少なくないはず。「ケチ」は「セコイ」にも繋がりやすく、まったくもって“良いイメージ”からはほど遠い…

言われてみれば…「本性が軽いウワキ男」を見抜くLINEの特徴

「この歳でお付き合いするなら、軽い男だけは絶対に避けたい」と、密かに誓っていらっしゃる40代女性は多いのではないでしょうか。婚活を視野に入れているならなおのこと、誠実で信頼できる男性との絆を育みたいと考…

うんざり!「やたら既婚者に口説かれる40代女性」はコレが原因では

どんなにモテたとしても、既婚男性から不倫相手に選ばれるような“セカンドモテ”だと、素直には喜べない40代女性も多いはずです。しかし年齢を重ねると、出会う男性にはどうしても既婚者が増える面も否めないので、女…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事