40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

 

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。

しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若い頃よりも顔の大きさが目立ってきたと感じている40代女性も決して珍しくはありません。

「私も、最近デカ顔になったような……」と、人知れずため息をついている40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、周囲から“デカ顔”な印象を招きやすいNGベースメイクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

NG1:時短メイクでやりがちな「メリハリのない単一塗り」

 

顔の大小にまつわる印象は、メイクの仕上げかたによっても、印象がかなり変わります。

以前からこの連載で「40代になったら、シェーディングを!」と声を大にして提唱させていただいている私ですが、メリハリのない単一塗りのファンデーションは、それだけで“デカ顔見え”を招きやすい点もその理由です。(シェーディングのお話は、よろしければこちらからどうぞ)

額や顎先、頬骨のあたりに濃いめのパウダーを加えるだけでも、顔に凹凸が出て“小顔見せ”が狙えるのに対し、単一塗りで仕上げた肌はメリハリに欠け「ドーン!」とした印象に見えやすいため、それだけ“大きな顔”に感じやすいのも確かなのです。

手っ取り早い改善法は、シェーディングを習慣にしていただくのが一番かと思いますが「そこまでは面倒で……」という方は、ファンデーションを塗る箇所を限定し強弱をつけながメイクをすると、“のっぺり”とした印象は避けやすくなります。

 

NG2:地肌より「数トーン明るいファンデーション」を愛用している

 

「色白に見せたい」「美白が命!」などの理由で、本来の肌色よりも明るすぎるファンデーションを使っていると、その白っぽい仕上がりからデカ顔に見えやすい傾向も否めません。

白は“膨張色”と言われる部類に入るので、白っぽい顔になると、それだけ顔も膨張して見えてしまうリスクが大。厚塗り見えからのオバ見えも招くので、まさに「顔がデカいオバサン」になりやすいのです。

“色白美肌”に見せたい狙いで、肌色よりも数トーン明るいファンデーションを使ってしまうと、その分だけ顔が大きく見えやすいので、どうしても白っぽいファンデーションを使いたい場合は、やっぱりシェーディングが便利。濃いめのパウダーでメリハリを出すようにすると、全体的な“白っぽさ”が軽減され、単色で塗っているときよりも小顔見せが叶います。

 

NG3:ファンデーションより明るいトーンのパウダーで仕上げている

 

ファンデーションは肌色に合わせていても、仕上げのパウダーが極端に明るいと、こちらも無用な“デカ顔見え”を招きがちです。

最近のパウダーは透明感を出してくれるアイテムが多いけれど、仕上がりが白っぽくなってしまうと、せっかくのメリハリベースも、結局は白っぽいファンデーションを単色塗りしたのと同じような見栄えになってしまいます。

パウダーの色みは、使い慣れてしまうと意外と盲点になっている方もいらっしゃるので「もしかして、今の地肌の色と比べて白すぎるかも?」をチェックするには、十分な太陽光のもとで一度チェックしてみてください。

仕上げのパウダーは全体にはたく方が多いので、ここが白っぽくなってしまうと、ファンデーションの色が合っていてものっぺりした“デカ顔”を招きやすい傾向が強いのです。

 

メリハリのないのっぺりベースになってしまうと、実際よりも「顔がデカい!」を招きやすいので、40代のメイクでは特に気をつけたい部分です。薄づきにしていても、“色”が合っていないだけで、顔が大きく見えることもあります。

“たるみ”や“歪み”が出始める年代になると、どうしても若い頃の自分と比較して顔が大きく感じられますが、メイクで“デカ顔”の印象を加速させていたら、とてももったいないお話。顔の「大きい」「小さい」は、ぱっと見のイメージでも左右されるので、メリハリのあるベースメイクで“小顔見せ”を狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多…

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いは…

【今、捨てるべきコスメリスト7】来週使うかも…は来ない!この春こそ捨て時

初夏の雰囲気もますます漂い、コスメの“衣替え”にも意識を向けたい時期。ゴールデンウィークは、コスメの整理にも最適な時期です。しかし、できる限りの“コスメ断捨離”を心…

メイク直しのとき、ここちゃんと見た?40代がオバ肌を隠す3ポイント

朝、メイクしたてのときには美しくても、時間が経つと崩れてしまうのは、多くの40代女性にも共通するお悩みではないでしょうか。「最近はメイク直ししても、あまり見栄えが…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メ…

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるに…

スポーツ後の時短メイクなおし「目上男性ウケ」がいいのは?

目上の方々ともご一緒する機会が多い“ゴルフ”では、プレー後の身支度にあまり時間をかけにくいのも正直なところ。誰かの車でゴルフ場を訪れている際には、自分の身支度のせ…

寝室でうっかりダメ女に…!? 男が「40代女性の部屋」でさりげなくチェックしている箇所3つ

意中の男性を部屋に招き入れる際には、普段より掃除にも、気合いが入る女性が少なくないもの。しかし、女性が盲点になりがちな箇所に男性の目が向いていることもあるだけに、うっかりダメな部分を晒してしまえば「意…

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限りでは、いい加減な女性っぽいな」など、持ち…

呆れてモノも言えない…男が心底ゲンナリした40代女性の「非常識メール」3選

今どきは、メールよりもLINEでコンタクトをとる男女が一般的。でも、まだLINEのアカウントを交換していないタイミングでは、メールでのやりとりも一般的。特に、名刺交換だけを済ませている間柄だと、名刺に書かれて…

ゲッ、この女とは付き合いたくない…男が見た40代女性の「ダメなバッグの中身」3選

日々の持ち物には、性格が出やすいと言われます。仕事やデートに持っていくバッグの中身も、男性は見ていないようで、意外とチェックをしていることが。そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得…

男ウケ最悪!「調子こいてるオバサン」と思われる40代女性のLINE3選

「この女、調子に乗ってるな」と男性たちから思われれば、恋愛にも悪影響。しかし関係が順調に進んでいるときほど、うっかりテンションが上がりすぎて失態をおかしてしまうのも、男女関係にはつきものかもしれません…

お節介オバサンすぎる…男が「余計なお世話」だと思った40代女性の気づかい3例

「良かれ」と思って、彼にしてあげたことでも「余計なお世話」と感じさせてしまう言動は、意外とあります。40代女性ともなると、経済的にも経験値的にも若い頃と比較して余裕があって然るべきですが、女性が彼のため…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もたくさん。本格的な遠出をして、ホテルステイ…

シェアドコスメって知ってる?男性と一緒に使って愛を深めて♡

彼や夫とシェアして使えるアイテムがあると、今よりももっと大きな顔(!)をしてデイリーの美容に取り組めると思っていらっしゃる40代女性も、決して少なくないのではないでしょうか。実際、限られたスペースを埋め…

やっぱりデパコスは頼りになる…!40代が「ガチ自腹買い」して大満足だったこの秋の名品3選

プチプラコスメにも名品はたくさんあるけれど、デパコスには、40代女性にとって頼りになる名品が揃っているのも、また事実。個人的には、スキンケアでもメイクアップでも、デパートに進出しているブランドのアイテム…

立つ鳥跡を濁しまくりオバサン…二度と会いたくない「デートの去り際」40代女性の3選

デート終盤の去り方によって、その日1日がいい思い出になることもあれば、微妙な感想で終わる引き金にもなるほど、“去り際”は意外と男の脳裏に残るもの。それはまさに「終わりよければすべてよし」になることもある…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事