40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

 

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。

しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若い頃よりも顔の大きさが目立ってきたと感じている40代女性も決して珍しくはありません。

「私も、最近デカ顔になったような……」と、人知れずため息をついている40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、周囲から“デカ顔”な印象を招きやすいNGベースメイクのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

NG1:時短メイクでやりがちな「メリハリのない単一塗り」

 

顔の大小にまつわる印象は、メイクの仕上げかたによっても、印象がかなり変わります。

以前からこの連載で「40代になったら、シェーディングを!」と声を大にして提唱させていただいている私ですが、メリハリのない単一塗りのファンデーションは、それだけで“デカ顔見え”を招きやすい点もその理由です。(シェーディングのお話は、よろしければこちらからどうぞ)

額や顎先、頬骨のあたりに濃いめのパウダーを加えるだけでも、顔に凹凸が出て“小顔見せ”が狙えるのに対し、単一塗りで仕上げた肌はメリハリに欠け「ドーン!」とした印象に見えやすいため、それだけ“大きな顔”に感じやすいのも確かなのです。

手っ取り早い改善法は、シェーディングを習慣にしていただくのが一番かと思いますが「そこまでは面倒で……」という方は、ファンデーションを塗る箇所を限定し強弱をつけながメイクをすると、“のっぺり”とした印象は避けやすくなります。

 

NG2:地肌より「数トーン明るいファンデーション」を愛用している

 

「色白に見せたい」「美白が命!」などの理由で、本来の肌色よりも明るすぎるファンデーションを使っていると、その白っぽい仕上がりからデカ顔に見えやすい傾向も否めません。

白は“膨張色”と言われる部類に入るので、白っぽい顔になると、それだけ顔も膨張して見えてしまうリスクが大。厚塗り見えからのオバ見えも招くので、まさに「顔がデカいオバサン」になりやすいのです。

“色白美肌”に見せたい狙いで、肌色よりも数トーン明るいファンデーションを使ってしまうと、その分だけ顔が大きく見えやすいので、どうしても白っぽいファンデーションを使いたい場合は、やっぱりシェーディングが便利。濃いめのパウダーでメリハリを出すようにすると、全体的な“白っぽさ”が軽減され、単色で塗っているときよりも小顔見せが叶います。

 

NG3:ファンデーションより明るいトーンのパウダーで仕上げている

 

ファンデーションは肌色に合わせていても、仕上げのパウダーが極端に明るいと、こちらも無用な“デカ顔見え”を招きがちです。

最近のパウダーは透明感を出してくれるアイテムが多いけれど、仕上がりが白っぽくなってしまうと、せっかくのメリハリベースも、結局は白っぽいファンデーションを単色塗りしたのと同じような見栄えになってしまいます。

パウダーの色みは、使い慣れてしまうと意外と盲点になっている方もいらっしゃるので「もしかして、今の地肌の色と比べて白すぎるかも?」をチェックするには、十分な太陽光のもとで一度チェックしてみてください。

仕上げのパウダーは全体にはたく方が多いので、ここが白っぽくなってしまうと、ファンデーションの色が合っていてものっぺりした“デカ顔”を招きやすい傾向が強いのです。

 

メリハリのないのっぺりベースになってしまうと、実際よりも「顔がデカい!」を招きやすいので、40代のメイクでは特に気をつけたい部分です。薄づきにしていても、“色”が合っていないだけで、顔が大きく見えることもあります。

“たるみ”や“歪み”が出始める年代になると、どうしても若い頃の自分と比較して顔が大きく感じられますが、メイクで“デカ顔”の印象を加速させていたら、とてももったいないお話。顔の「大きい」「小さい」は、ぱっと見のイメージでも左右されるので、メリハリのあるベースメイクで“小顔見せ”を狙ってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

大人気の「ニベア」はヘアケアにも使える!リアルな活用術3つ

巷で大人気の『ニベア』は、全身に使える保湿クリームとして、もはやブームを超えた定番アイテムになっています。うるおいパワーが高く、顔にも身体にも使えるほど優秀なこ…

えっハンカチも…!? 婚活40代女性が「持っているだけで結婚を逃す」7アイテム

「この女性は、僕とはちょっと合わないな」と思われてしまえば、40代の婚活道は厳しいものにもなりがちなのは否めません。ところで、まだ相手のことをよく知らないうちは、お互いが相手の身なりや持ち物からの情報で…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事