#85 婚活アプリの男性がついていた「嘘」とは【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めた、恋人いない歴8年のOTONA SALONE編集長・アサミ(45歳)。婚活パーティや知人の紹介などを経て、ネット婚活アプリを開始。同い年の男性メガネさんと出会い、3回デートを重ねる。そして深夜の電話でいきなりとんでもない告白をされるが……。

これは40代独女の実名+顔出しで書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

メガネさんが隠していた秘密

3回目のデートをした日、めずらしく深夜にメガネさんからメッセージが届いた。「どうしても伝えたいことがある」「電話してもいいですか?」と。

かかってきた深夜の電話で、彼はこんな告白をしてきた。

メガネ「僕、嘘をついてました」

アサミ「嘘? どんな?」

嘘をついていたと謝ってきたメガネさん。やっぱり結婚しているって話、か。40歳過ぎて出会う同世代の男性なんて、たいがいそうよね。

メガネ「実は僕……」

 

きっと予想通りの展開でしょ

はいはい。きっと「実は結婚してるんです」とか「実は家庭があるんです」とか続くんでしょ?

メガネ「子供と一緒に住んでるんです」

やっぱりそうか、そうきたか。だよね。

アサミ「あ、そうなんですか」

予想通りだったので、別に驚きはしなかった。やっぱりネット婚活って既婚者が紛れ込んでいるのね。

メガネ「でも、あの、離婚してるのはホントです。バツイチだし、独身なのは嘘じゃありません」

アサミ「え?」

 

婚活アプリ、プロフィールの嘘

ん? どういうこと? 結婚してるって話だと思い込んでいたから、脳内が混乱している。バツイチで子供と一緒に住んでいる?

メガネ「離婚したんですけど子供は僕が引き取っていて、一緒に暮らしているんです」

アサミ「だってプロフィールには」

子供と一緒に住んでいませんって書いてあったよ?

メガネ「すみません、プロフィールが嘘でした。一緒に住んでますのほうにチェックするべきなのに、一緒に住んでいませんにしちゃって」

アサミ「シングルファーザー、ってことですか」

既婚者じゃなかったんだ、メガネさん。よかった。私は不倫デートしていたわけじゃない。だけど、メガネさんが独身だと聞いても、私の中で何かモヤモヤするものがある。

メガネ「そうです。アサミさんが希望する男性は、子供と一緒に住んでいない人だって、わかってます。わかってました」

アサミ「はい」

ネット婚活アプリのプロフィール欄のことだ。私は離婚歴はOK、子供ありもOKだが、子供と一緒に住んでいるのはNGにしていた。

メガネ「シングルファーザーって、婚活するうえではやっぱりハンディキャップなのかなと思って」

 

シングルファーザーという告白

メガネさんがプロフィールを偽ってしまった気持ちはわかる。先日、独身の結婚願望のあるアラサー、アラフォー女性と話していて「バツイチはいいけど、一緒に子供がいるのはちょっと」と言っていたことを思い出した。確かに婚活市場においてシングルファーザーはハンディキャップなのかもしれない。

アサミ「お気持ちはわかります。それに男手一つで育児をされているのは、すごいと思います。私は出産も育児も経験がないので、子育てをしているかたは素晴らしいなって

もしかして告白されるかも……なんてドキドキしていた数分後なのに、私の脳はものすごく冷静。今起きているのは自分事なのに、ものすごく客観的に話をしている。普通ならこんなとき、どういう反応をするんだろう。

メガネ「ありがとうございます。いや、びっくり。正直、非難されたり、キレられたりしても仕方ないと思ったので。アサミさん、やっぱり大人な女性だ」

そうか、普通はキレたりするの? そんな気持ちにはならないけれど。

アサミ「毎日、お仕事と育児の両立で大変じゃないですか?」

メガネ「正直、そうですね。中2の娘はだいぶ手がかからなくなったんですが、小3の息子はもうやんちゃな盛りでやっぱり子供に母親は必要だなと感じます」

ん? 母親が必要……。ちょっと待てよ。メガネさんの婚活は、母親探しが目的?

 

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事