たるみが気になる…それ厄介な「下がり肌」かも!超時短でフォローする秘策があった

「下がり肌」という言葉を聞いたことはありますか?

年齢とともに肌のハリが失われる傾向にあるので、“たるみ”によって肌が下がっているように感じられることを「下がり肌」と表現することがあります。

さて、この「下がり肌」は、40代になると深刻なお悩みのひとつになりやすいため、ちょっとでも「たるんだかも?」と感じるようでしたら、日々のお手入れを見直すタイミングかもしれません。

「たるみは気になっているけれど、手間のかかるスキンケアは面倒で……」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、意外と厄介な40代の“下がり肌”を、超時短でケアする秘策に迫ります。

 

時短なのに、たるみの救世主になる「玄米」!?驚きの美容成分とは

日本人が昔から食してきた「玄米」。実は玄米にも含まれている「パントエア菌LPS」が今、肌本来の力を導く成分として大きな注目を集めているんです。その研究には長年の歴史があり、加齢とともに減少するヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンをサポートし、ハリや弾力、うるおいのある健やかな肌へと導いてくれることがわかっています。

さらに、肌に働きかけて溜まった老廃物を除去したり、肌サイクルを整える働きも期待できるのです。

「たるんだ」「下がった」とお心当たりがあるならば、今こそ「パントエア菌LPS」のお手入れに切り替えてみて。

そして、この「パントエア菌LPS」には、親水性と親油性の両方を併せ持つ性質があるため肌になじみやすく角層までしっかり浸透するから、普段のスキンケアに「パントエア菌LPS」を取り入れると、時短での「下がり肌対策」にも。

 

超時短!オールインワン美容乳液が話題

『イミニ リペアセラム』は、この「パントエア菌LPS」を高濃度配合した進化系オールインワン美容乳液。これ1本で「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」「化粧下地」の5役を担ってくれる、スキンケア売上NO1(※1)の超時短アイテムです。

※1)2016年4月〜2017年3月セシール販売実績(自社調べ)

第三者機関によって、乾燥小ジワを目立たなくする効果が認められた効能評価試験済。年齢を重ねた女性のスキンケアにもぴったり。乳液タイプだけれどシリコンを使っていないので、優しい使い心地も特徴です。

 

 

また、鉱物油や着色料、合成香料、防腐剤、合成ポリマー、石油系界面活性剤などは使わず天然由来成分を中心につくられているので「パントエア菌LPS」の作用を存分に発揮させる処方なのも、揺らぎやすい大人肌にはうれしいですよね。

 

 

時短美容家もうなる、超時短アイテムの実力

『イミニ リペアセラム』は、とろけるような質感で肌なじみがよく吸い付くような肌へと導いてくれるから、一度使ったら手放せなくなっている女性も多い話題の商品です。

実際、時短美容家の筆者も使っていて、洗顔後の肌に塗るだけでモチモチっとした肌を実感しています。最初に使った日には、オールインワンとは思えない上質な使い心地に感動。

なんと目元にも使えるので、たっぷり塗って、ゆっくりとなじませる使い方が気に入っています。乳液仕様で必要なうるおいは与えてくれるのに、ベタつきは感じずツヤっとした肌触りが心地よく、夜のお手入れだけでなく朝のメイク前にも重宝しています。

「塗るだけ」で、たるみによる「下がり肌」をケアできる『イミニ リペアセラム』は、時短美容を超えた「超時短美容」が期待できる救世主だと個人的には感じています。

(※文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

 

愛用者アンケートでは、98%もの人が高評価をしている『イミニ リペアセラム』は、大人の肌にこそ使っていきたいオールインワンアイテム。

たるみによる「下がり肌」が気になっていた方は、ぜひこの機会にトライなさってみてください。

Sponsored by イミニ

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事