カサついた「オバ肌」なんとかしたい! 噂の薬用美白オイル【プラシラ】を使ってみたら…!

例年以上の厳しい寒さと乾燥で、肌がカサカサになった今年の冬。「いつも以上に保湿に力を注いだつもりなのになかなか潤わない」。そう思っているかたも多いのではないでしょうか。

かくいう私も例にもれず。潤わないどころか、肌のカサつきが悪化して、透明感がなくなり、くすんできたような……。さらに洗顔後の肌のカサつきも気になるように。そこで、カサつき肌の救世主・美容オイル「プラシラ」を使ってみることにしました。

 

まずは40代女性の肌の特徴をおさらい

様々なトラブルを抱えがちな40代の肌。私たち40代の肌はどのような状態にあるのでしょうか。改めておさらいしてみましょう。

1 30代ごろからターンオーバーが遅れるため、表皮に角質が残りやすくなる

2 女性ホルモンの低下により、角質層を潤すセラミドや真皮層のコラーゲンが減少

3 肌のバリア機能が衰え、肌荒れやシミなどのトラブルが生じやすくなる

 

これらに共通しているのは、いずれも肌の潤いの低下が原因となっていることです。潤いがなくなることで、肌本来の機能が低下してしまい、上記のような現象が引き起こされるのです。

この状態を放置していると、肌のエイジングは加速するばかり。これは放っておけません!

 

40代の肌に必要なのは「オイル美容」!

では、実際にどのようなケアをすべきか。保湿ケアは絶対条件ですが、それだけでは不十分です。

40代はシミが目立ちやすくなる年齢シミ対策も、同時に行うことが重要なのです。

そのためには下記3項目をおさえたスキンケアが大事。

1 紫外線によるダメージをケア

2 また、紫外線によるメラニンの生成を抑制し、シミをケア

3 しっかりと保湿して、潤いを守る

これらを同時に実現できるのが美容オイルです。

 

「オイル美容」ですっぴん美人をめざすなら!

 

数ある美容オイルから、チョイスしたのは「プラシラ」

薬用美白オイル プラシラ 10ml【医薬部外品】

近年美容オイルブームということもあり、数多くの美容オイルが登場していますが、実は私、肌がベタつく感覚があるオイルに対して若干の抵抗がありました。香りが強すぎるものも多く、就寝時に香りで目が冴えてしまうこともありました。

そんな私でも抵抗なく使えたのが、薬用美白オイル「プラシラ」。

実はこれ、医薬部外品の美白オイル。VCIP(ビタミンC誘導体)や、日本で生まれた希少な成分油溶性プラセンタ、さらには植物性スクワランやホホバオイルなど、エイジングケアに嬉しい成分も豊富に配合されています。

 

「プラシラ」を数日間使った結果

朝晩の洗顔後に薬用美白オイル「プラシラ」を実際に使って1週間。感じたことは4つあります。

1.たった3滴で顔全体だけでなく、首まで使える!

テクスチャーがサラっとしてて、のびがすこぶる良い! しかもベタつきが少なく、次に使う化粧水やクリームとの相性も抜群!

2.ほんのり甘いフローラルな香りにうっとり

強い香りは苦手だけど、まったく香りがないのは味気ない。薬用美白オイル「プラシラ」は、華やかで清涼感のある香りで顔全体を包み込んでくれました。合成香料を使っていないので、安心して使えます!

3.ガサつき肌に潤いをチャージ!

プラシラを使うようになって、十分な保湿を実感し、美容クリームの使用量が一気に減少しました。

4.夕方になってもファンデの白浮きが気にならない!

プラシラはオイルなのにさらっとした塗りごこちで、しっとりとした肌を保ちながら、余計な皮脂分泌を抑えてくれるので、夕方になってもファンデの白浮きが気にならなくなりました。

 

 

紫外線が多くなるこれからの季節こそ、このオイルが役立ちそうですね。私もこのまま使い続けて、ワンランク上の肌を目指します!

美容オイル「プラシラ」の限定オトク情報はコチラ

 

Sponsered by tocohana project 株式会社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

そのアメピンが「オバ髪」の原因!? ピン少なめでできるオバ髪脱却アレンジ

髪の長さが中途半端だったり、レイヤーが多く入ってると、まとめた髪から予想外の後れ毛が。そんなとき、ついついアメピンに頼ってしまいますよね。でも、このアメピン。使い方次第ではオバ髪になってしまってること…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。…

初心者でも失敗しない! 自分で前髪ちょいカットの注意点

あなたが美容室に通うのはどれくらいの頻度ですか?40代女性の場合、実は半年に1回が最も多いと言われています。次に多いのが3ヶ月に1回。多忙である上に、子育て中のママになると出費が重なり、美容室に通うお金…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできないからスタイリング時間がかかってめんどく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事