この人を選んだら、幸せになれますか?-38歳・清美の場合(2)-【40女の恋愛事情・story4】

男の人の嗅覚はあなどれないらしい。

その女性に他の男がすでにいるかどうかを、敏感に察知することができるという。

確かに、私はあの人のことを考えなくなってから、食事やお酒に誘われることが増えた。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

38歳・清美の3回シリーズ、4-1に続いて2話めです。

Whiskey drinks on wood in bar

誘ってくれた2人のうちの1人は、会社の同期の人。

そしてもう1人は、今、仕事でやりとりしている印刷会社の営業の人。

同期の人は同い年で、営業の人は、5つ下だった。

 

この2人にほぼ同時に、今度食事でも、と誘われた。

嬉しかったけれど、体はひとつしかない。

どちらかを選ぶとしたらどちらなんだろう。

 

無難なのは、同僚のほうだと思う。

結婚することになったとしても、会社のみんなが祝ってくれそうだし、

彼の給料の額もだいたいわかる。

実家暮らしだから、お給料は結構自分のために使えているみたい。

決して高給ではないのも知っているけど、2人で力を合わせれば、乗り越えらえるはずだ。

 

冒険なのは、年下の営業くんのほうだ。

そんなに大きくない会社なのもわかっているし、5歳も下だし、あまり収入は高くはないだろう。

ひとり暮らしだと言ってたし、生活は大変かもしれない。

社員なのか、契約社員なのかも、何もわからない。

 

誰に相談したってきっと、同僚を選びなよと言われると思う。

条件からすれば、きっとそうなんだろう。

お付き合いするつもりがないのなら、年下くんからの誘いは、さっさと断ればいい。

それなのに、私は断れなかった。

彼と、話をしてみたかったから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク