この人を選んだら、幸せになれますか?-38歳・清美の場合(2)-【40女の恋愛事情・story4】

Two glasses of cognac

同僚とは、仕事が早く終わった日に、一緒に飲みに行った。

彼は、普通だった。

普通というより、無難だった。

無難に楽しいし、無難でいい人だということも、前からわかっている。

今まで同僚としか思っていなかった彼と、2人きりでお酒を飲んでいる。

いつもいる会社の仲間がいないので、お互いに少し緊張してしまう。

 

「他の女の子とも良く飲みに行くの?」

「飲みに? 行かないよ。会社の女性と2人で飲むなんて、今回が初めて」

彼は当然のように私の目を見てそう答える。

まるで、私だから特別に2人きりなんだよと言っているかのように。

 

彼との時間は、普通だった。

普通で平凡で無難で、だから平和だった。

前から良く話もしていたから、一緒にいると安心もできた。

この人とだったら暮らすことができる。

結婚って、もしかしたら、こういう落ち着いた時間なのかもしれない。

 

きっと彼も、結婚とまでは考えてなくても、私と付き合うつもりはあるのだろう。

スノボをしたことがないと言ったら、この冬一緒に行こうと言ってくれた。

目の前がゲレンデのいい宿を知ってるから、と。

つまりそれは、泊まりで行こうと誘っている。

彼は私と付き合うことが当たり前であるかのような感じだった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク