天海祐希、孤高のクールビューティーに漂う「減点方式」女子校体質

婚活中の女性にとって、彼氏ができることは大変喜ばしいことです。が、妙に不安定になってしまう女性がいます。

 

書籍『間違いだらけの婚活にサヨナラ』を執筆した私は婚活相談をよく受けますが、これらの女性は「前回、〇〇してしまったのですが、彼は怒ったでしょうか?」とか「やってはいけないことをリストでください」といった具合に、「ミスをすると、相手に嫌われる」と思い込んでいるようです。ネット上にも「〇〇をすると、次のデートはない」といった記事が多いことから考えると、相当数の女性が「気づかないうちに、相手を不愉快にさせて嫌われているのでは?」という不安を抱えているのだと思われます。

 

相手に嫌われると思い込んでいませんか?

あれもダメ、これもNGという記事を読むと、首をかしげてしまうのです。そんな些細なことで嫌いになるような情緒不安定な男性と結婚して、幸せになれると思わないから。私の考えでは、婚活中の女性が「やってはいけないこと」は二つだけ。これ以外はフツウにしていればいいと思います。

 

まず一つめ。

仁科式婚活の大原則は「オトコは性的メリットを優先する」ですから、他のオトコに性的メリットを与えたことは黙っていましょう。具体的に言うと、元カレの詳細(プロフィール、別れた理由)、不倫や浮気の経験が該当します。仮に経験があったとしても黙っていればOKです。

 

二つめは、おカネ。

相手の月収や貯金を言葉で問いただしても意味がありません。クチでならなんとでも言えますし、もっと親密になればいくらでも調べる手段はありますから、急ぐ必要はありません。

 

おそらく、不安になりやすい人は、婚活を“競技”や“コンテスト”ととらえているのだと思います。

フィギュアスケートで審査員が目を光らせて「回転不足で減点」「レベル4を達成したので加点」とジャッジするように、自分も男性に「審査されている」というイメージを抱いているのではないでしょうか。しかし、実際の婚活は“競争”ではなく、“マッチング”です。相手にメリットを与えられれば、成立します。

 

不安体質の元は「女ばかりの環境」つまり女子校では

たいていの方はこう説明すると納得してくれるのですが、それでも強い不安から逃れられない人はいます。そういう時、女子校出身ですか?とお聞きすると、かなりの確率で該当します。

 

いいオトナが今さら学生時代の話をしてどうするんだと思われるかもしれませんが、環境が人格や思考回路を作るのは否めないのではないでしょうか。私も女子校歴はそこそこありますし、管理職以外は全員女性という職場にいたこともあります。概して楽しく過ごしていましたが、今振り返ると、女子校もしくは女性の集団は、ちょっと独特だなと思います。

 

 

共感が女性同士を結びつけることに異論のある人はいないでしょう。

 

共感を求めるということは、異分子を排除することとほぼ同義です。自分が共感できる相手なのか、そうでないのか確かめるための手っ取り早い方法は、自分と相手を比べることです。成績が一番ベーシックですが、外見、親との関係性や経済力、モテ力、彼氏のステイタスなど、比較事項は多岐にわたります。仲間探しのためのスクリーニングが、いつしかフィギュアスケートのように減点方式に相手や自分を見るようになってしまっていることに、この時は気づかないものです。

 

減点を埋めるため、多くの人が努力をしますが、プロフィールは自分の力ではどうにもならないことが多いものです。減点方式の人はそこに納得することができず、「自分には欠陥がある」と思い込んでいきます。男性に対して不安を感じやすい人は、強く「自分はダメだ」と思い込んでいるため、たとえば男性の口数が少ないといった些細なことでも「嫌われた」と心配になってしまうのです。

 

それでは、女性の集団のトップは楽しく過ごせているかというと、必ずしもそうとは言えないのではないでしょうか。見方を変えると、トップは「後は落ちるだけ」というプレッシャーのある立ち位置です。他にもいろいろ大変な理由はありますが、女性集団のトップの最大の悲哀は、努力を放棄できないことだと思うのです。

 

努力が報われないと感じた時は……

芸能の世界におけるザ・女の世界と言えば、宝塚歌劇団でしょう。元月組トップスター・天海祐希は「オトコ役は成功しない」というジンクスをやぶって、幅広く活躍を続ける女優です。今でこそ「恋愛、結婚に興味がない」と公言している天海ですが、かつてはASKA、吉川晃司との交際が噂されたことがありました。

 

吉川晃司はトーク番組で好きな女性のタイプに大和撫子をあげていましたが、交際発覚後、天海について「大和撫子」とコメントしたことから、結婚かと騒がれましたが破局。天海と破局して数年後、吉川は一般人女性との結婚を発表しますが、すでに2歳の子どもがいました。逆算すると、二股の可能性がなくはないわけで、トップ女優である天海の面目丸つぶれです。天海がもともと大和撫子的性質なのか、吉川のために大和撫子となったのかは不明ですが、相手のために努力したという気持ちがあったのなら、相手は自分のために努力してくれなかったと自分を傷つけてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

女性を笑うことがイジリとして認識され、若さを尊ぶ日本で、女性が自分に自信を持つことは難しいことだと思います。打開策として私がお勧めしたいのが、逆説的ではありますが、男性の集団と過ごす時間を長くすることです。男性が何を考えてどこを見ているのか、自分の目で確かめてほしいのです。女性に努力を求めているのか、自分の力でどうにもならないプロフィールに男性がこだわっているか。賭けてもいいですが、答えはNOです。あえて失礼な言い方をしますが、あの人たちは何にも考えていません。

 

あなたに一番否定的なのは、あなたです。女性と仲良くするなというつもりはありませんが、女デトックスを始めてみるのもいいのではないでしょうか?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

高橋由美子、チープ不倫をもたらしたバラエティーの呪い

週刊文春(文藝春秋社)が今年の三月に女優・高橋由美子の不倫を報じました。同誌によると、高橋は実業家男性と渋谷で痛飲し、歌舞伎町のラブホテルに入っていく姿をスクープされていましたが、私にとってあまり意外…

大橋未歩、10歳年下夫との円満再婚に見る「男断捨離力」の重要性

元テレビ東京アナウンサー・大橋未歩がフリーに転向し、多くのバラエティー番組に出演しています。大橋と言えばテレ東を代表する人気アナウンサーですが、「ワールドビジネスサテライト」を担当する大江麻理子アナが…

伊藤綾子、匂わせ戦法に見る「ムリめなオトコ」の賢い落とし方

恋愛よりも婚活のほうがずっと簡単だと私は思います。なぜなら、婚活(結婚)はパターンだから。ですから、交際する段階で、だいたいの結末が予想できます。これはちょっとムリめだな、でも、どうしてもあきらめたく…

南野陽子、大河ドラマ抜擢でもトラブル続出のダメ夫を切らない理由は

若い時に見た映画やドラマを、年をとってから見直してみると、違う感想を持つとよく言われています。試しに挑戦してみたところ、本当に違う・・・。特にいたたまれなくなったのが、90年代、フジテレビの大ヒット作「…

LiLiCo、スピード再婚に見る「勝てる肉食女子」の条件

おそらく婚活中の女性は、いろいろな媒体から“数字”をつきつけられたことがあると思います。代表的なのが、35歳をすぎた女性の結婚率というやつです。確率の低さに恐れをなして、結婚願望があるのに婚活をやめてしま…

有働由美子「永遠の32歳」があさイチ卒業と同時にやめたもの

有働アナというと、忘れられないシーンがあります。あれは私が大学生の頃。土曜日の朝のニュースにおじさんアナウンサーと有働アナ(以下、ユミコ)が出演し、ニュースを読んでいました。ユミコは白いスーツに赤の口…

西川史子、涙の失恋告白「40代の恋愛は難しい」は本当か?

3月25日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で、山尾志桜里議員の不倫騒動についてコメントを求められた女医タレント・西川史子が「先週、『重い』ってフラれた」「40代の恋愛は、難しい。たまたま昨日別れましたと…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に隠して日本に持ち込み、輸入する際にかかる…

南果歩、離婚説浮上から考える「不倫されるのは妻が悪いのか?」問題

みなさんは『家庭画報』(世界文化社)という女性誌をご存知でしょうか。おハイソなご家庭な奥様がお読みになるのでしょう、掲載されているジュエリーの金額は桁が違います。茶道など伝統芸能関連の記事も多く、カネ…

工藤静香、突然の亜紀との親友アピール。オンナ同士の距離感とは

ある日曜日に「ウチくる!?」(フジテレビ系)を見ていた時のこと。この日のゲストは、女優・飯島直子でした。飯島をよく知る人物として、かつて共演した女優・榮倉奈々も出演しました。飯島は2012年に会社社長と再…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事