RIKACO、元祖サバサバタレントから考える オンナがサバサバ化するワケ

バラエティー番組では、正反対の性質をぶつけて比較することが多くあります。
オトコvsオンナ、モテvs非モテというのが代表的なケースですが、このパターンだと展開がありきたりで、マンネリを迎えるのが早くなるという欠点があります。それを解消するのが、タレントのキャラというやつです。キャラは早い者勝ちともいえるわけですが、歯に衣着せずに物を言うRIKACOは、元祖サバサバタレントと言ってもいいでしょう。

 

「5時に夢中!」(MXテレビ)に出演したRIKACOが「日本の男性は、ロリコン。女子校生ファッションがかわいいとか言ってる男は、視力が悪いんだよ」と発言していましたが、RIKACOならではの発言と言えるでしょう。

 

作家の三島由紀夫が「東大を批判するために、東大に入った」と発言したことは有名ですが、上述したRIKACO発言も、これまでさんざんモテてきたであろうRIAKCOが言うことに意味があるのです。日本の芸能界では、プライベートはともかくとして、女優やモデルはモテキャラ、オンナ芸人は、モテないという決めつけがなされています。非モテ職の女性芸能人が「日本の男はロリコン」と言った場合、「自分がモテないから、ひがんでいる」の一言で片づけられて終わってしまうのです。

 

ちなみに上述したRIAKCO発言は、予想どおりネットでは物議をかもしていましたが、今の時代、ある程度ネットをざわつかせて話題を提供するのは、タレントとしての力量と言えるでしょう。女優・鈴木砂羽や水野美紀らもサバサバ売りをしていますが、彼女たちが女優であってバラエティーが主戦場でないことから考えると、サバサバ界はRIAKCOの独壇場とも言えるのです。

 

オンナがサバサバ化するにはワケがある

このようにサバサバキャラはテレビにとって便利な存在だと言えるのですが、なぜ女性はサバサバ化するのかを考えてみたところ、3つの理由を思いつきました。

 

① 防衛

先日、「Wの悲喜劇」(Abema TV)の「なぜフェミニストは嫌われるのか」をいう回を見ていた時のこと。大学生の男子が「三女(三年生女子)、四女(四年生女子)はババア」と平気で発言するエピソードが明かされていました。

 

ハタチそこそこの女性にむかってババアとはなんだてめぇこの野郎こちとら43歳だぞと胸倉つかんでやりたいところですが、ここで「ババアとは何よ」と反論すると、男子はもちろん、後輩の女子にも「嫉妬してる」とみなされる可能性がある。そこで、あえて不本意なことを受け入れて「そうなんです、おっしゃるとおり、私はババアなんですよ」とふるまってしまう。

 

サバサバ売りをする女性が、ある程度オトナであるのも、この辺りと関係があると思います。サバサバは空気を読んでの気遣いであり、行き過ぎると一種の自傷でもあります。

 

② 満たされている

他人に対して無関心なわけではないが、必要以上に相手に首をつっこまない、アドバイスを求めると、しっかり話を聞いてくれて、助言も与えてくれる。周囲に信頼されるサバサバキャラはオフィスに一人はいると思われますが、彼女たちの共通点は、自分が満ち足りていること。自分が精神的に安定しているから、他人に対して適切な距離で世話が焼けるのです。

 

③ 甘え

とんねるず・石橋貴明は「みなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、何度も「RIKACOは本当にきれいだった」「デートしたくて、何度も家に電話した」と話していました。

 

RIKACOに魅せられていたのは、石橋だけではなかったようです。「良かれと思って!」(フジテレビ系)によると、RIKACOは若者に避妊やHIVの関心を持ってもらうためのイベントとして、RIKACO NIGHTをクラブで主催し、Tバック一丁で踊り狂っていたそうです。

 

客はRIAKCOを狙う男性ばかりだったそうですが、RIKACOはそういう男性に片っ端から説教をして回っていたそうです。ズバズバ物を言っても、男性がそこでおとなしく話を聞いているのは、RIKACOに魅力があるから。つまり、一種の甘えです。

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

注目の記事

LIFEに関する最新記事