#96 ご無沙汰な独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

7年前、彼がロンドンに発った理由

アサミ「そういえばあなた、恋人を追いかけてロンドンに行ったんじゃない! あれ、どうなったのよ」

そうだ。当時ロンドンくんにはイギリス人の恋人ができて……帰国する恋人を追いかけてロンドンに渡ったのだった。確かあのときは付き合っていたはずだし、ロンドンで一緒に暮らすと言っていた。

ロンドン「よく覚えてるね。記憶力いい~!」

アサミ「覚えてるに決まってるじゃない。情熱的だなって思ったもの。そんな大恋愛だったのにどうして帰ってきたのよ?」

ロンドン「別れたから」

アサミ「うそ! どうして?」

ロンドンまで追いかけていくほどラブラブだったのに……。きっと結婚するんだろうと思ってた。恋愛って、どんなに仲良くしていても先はわからない。

 

7年以上も付き合ったのに?

別れたから帰国したのか……。7年以上付き合っていたのにね。

ロンドン「一緒に暮らし始めたらなんか違ってね。けっこうケンカが絶えなかったのよ」

アサミ「そうなんだ……。日本にいるときの話だと、全然ケンカしないって言ってた気がしたけど」

ロンドン「付き合ってるだけと、一緒に暮らすのとは違うね。やっぱり」

アサミ「7年も暮らしてたのに?」

ロンドン「え、そんなに暮らしてないよ。半年もしないうちに同棲解消しちゃった」

アサミ「早っ!」

なんだよ、ロンドンに行ってわりとすぐに別れてるんじゃん! 確か、結婚するくらいの勢いで行ったのに。

 

またもや、ギュッと手を握ってきて

じゃなんで、7年も向こうにいたんだ?

ロンドン「そうなんだよね。でも向こうでエージェントが決まってたから、ちょっと仕事しようと思って」

アサミ「ちょっとが7年にもなったの?」

もっと早く帰ってきたっていいじゃん。そしたら一緒に遊べたのに……。

ロンドン「2年くらいのスパンで、何回か帰国してたよ。就労ビザのこともあるから。しばらく日本に滞在してからまたロンドン行くっていうのを繰り返してた」

アサミ「ロンドンでの仕事がうまくいってたわけ?」

ロンドン「それもあるけど……」

またもやカウンターの上に置いた私の手をギュッと握ってきたロンドンくん。ちょ、ちょっと!なんなのよ。またドキドキが始まった。私が彼を意識しすぎなのだろうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク