#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。

ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「かつて親しくしていた」カメラマンのロンドンくんと偶然の再会。しかもギュッと手を握り、意味深な発言までしてきて……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

昔の関係は「友達以上、恋人未満⁉」

出会いはとある仕事での撮影だったけれど、いつしかプライベートで仲良くなっていたロンドンくん。

テンションが合う、同い年、家も比較的近かった。お互いに恋人がいないときは、本当によく一緒に出かけていた2人。そして冗談半分ながら、万が一のときは「偽装彼女やってよ」という約束までしていた。

けっして恋人同士にはならなかったけれど、傍目には「彼氏?」とか「付き合ってる人?」と誤解されるくらい仲良しだった。友達以上恋人未満ってわけでもないけど。一緒にいるのが女友達みたいにラクだったから……。

 

ギュッと手を握ってきた彼

しかし……ロンドンくん、なんなんだ⁉

久しぶりの再会でいきなり「あの約束、覚えてる?」とか言ってくるし。

いま恋人がいないと伝えたら「あの約束はまだイキててよかった」とか言ってくるし。

挙句の果てには突然、カウンターの上に置いていた私の手をギュッと握り、小さな声でこんなこと言ってくるし。

ロンドン「今日わかった。確信した。好きな人……できた」

アサミ「え⁉」

ちょっとちょっとロンドンくん、久しぶりの再会でいきなりどうしちゃったの!! 何を言い出すんだ!

 

手をギュッとされて、急にドキドキ!

でも……。よく考えたら異性に手をギュッとされるなんていつ以来なんだろう。独身と偽っていた既婚者のクリエイターさん【#72 40代編集長の婚活記】以来だ。

ドキドキしてきた。

彼をそんな対象としてみたことなんてなかったのに。「好きな人……できた」の続きを聞くのが急に恥ずかしくなって、ギュッと握ってきたロンドンくんの手をさりげなくほどいた。

この人、何を言うんだ。約7年ぶりに会って……なんかいろいろ変わった? だって、こんなこと私に言ってくる人じゃなかったもの……。次の言葉を探そうと頭の中はフル回転。

思い出した! 彼が7年前、ロンドンに発つ直前のことを。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事