忘れられない……40代・50代の男性に聞いた「別れたことを後悔する女性」

終わりを迎えた恋。そのときはそれが最善だと思って別れを決めたのに、時間が経って冷静になってみると、やっぱり後悔する気持ちのほうが強くて……。こんなことは、女性だけでなく男性にだって起こります。

特に、40代・50代と年齢を重ねると、愛する人とのさよならは尾を引くもの。復縁をがんばりたい気もあるけれど、恋愛に向けるエネルギーに不安が、という声が聞かれました。

別れた女性を忘れられない、せつない男心についてご紹介します。

ケース1・「まだまだイケる」と調子に乗って失った最愛の人

「仕事の関係で知り合った5つ年下のアラフォー女性。お互いお酒が好きで、仕事終わりによく飲みに行く関係から、紆余曲折あって恋人になりました。

その少し前、結婚を考えていた俺は婚活パーティーに参加していたけど振られっぱなし、『恋愛はもういいや』なんて諦めていた頃に出会ったのが彼女で、交際が決まったときは幸せでした。

彼女は仕事もできるけど家庭的な女性で、別々の家で暮らしながら毎日俺のために弁当を作ってくれていました。女性に尽くされるなんて久しぶりで、こんな俺でも好かれるんだと自信が持てましたね。

でも、いま思えば感謝が足りなかった。自分を大事にしてくれる彼女がいることに『まだイケるじゃん』と勘違いした俺は、結婚したかった気持ちを忘れてしまって、出会い系のアプリに手を出したんです。

どんな女性がいるか知りたい好奇心もあったけど、俺も誰かと出会えるかも、と軽い気持ちでした。

でも、スマホの通知でアプリの存在がバレてしまい、不審に思って調べた彼女から『出会い系やってるんだ』と言われ、喧嘩に。

彼女はすっかり落ち込んでしまい、最初は謝っていた俺も最後は『もういいよ』と仲直りを放棄。そのまま別れました。

意地になって出会い系をがんばってみたけど、結局いい女性には出会えずじまい。自分の馬鹿さ加減にも呆れるけど、今も元カノのことが忘れられません」(43歳/公務員)

 

★ 彼女がいるのに出会い系。そりゃ振られるわ、と納得ですが、女性とお付き合いした経験が少ない男性の中には、時たまこういうことをしてしまう人がいます。

彼女に特段の不満があるわけではなく、ただ自分の「市場価値」を知りたいだけ。そう言い訳しながら遊んでみたところで、最後に残るのは元の孤独だけ。最愛の人を失うきっかけをみずから作り、いつまでも引きずってしまうパターンです。

この男性は元カノとよりを戻したいと願っていましたが、結局「今さら相手にされるはずがない」「もう信用してもらえない」と決めつけてしまい、動けませんでした。

因果応報という言葉がありますが、それでも誠心誠意彼女に謝りたい気持ちがあれば、結果はまた違っていたかもしれません。

 

次のケース→『いつまでも私に遠慮して、心を開いてくれない』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事