あのマッサージも危ない…!? 「やればやるほどブスになる」40代の美容テク3例

すでに夏バテ気味な女性も決して少なくないであろう今時分は、少しでも美容の手間を削って、ダラダラと過ごしたくもなりがち。

デイリーの時短美容も、できるだけ効率化を図って、アレコレと工夫している40代女性も多いことと思います。

しかしもしも、その“効率化”が、年齢肌の美的観点からは「損をしている」ものだったとしたら……?

「もしかして、私の時短美容も……!?」などとドキッとした40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、夏場に“効率化”を図りすぎて損をしがちなNG時短美容のお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

効率化のつもりが損してる夏のNG時短美容1:化粧水にオイルを混ぜて保湿

化粧水にオイルを混ぜた保湿ケアは、巷では人気が高い時短美容法のひとつです。

そして、夏場でもブースターとしてオイル美容を取り入れている女性ほど「別々に塗るくらいなら、全部一緒に塗っちゃおう」とお手入れの簡素化を図りたくもなります。

しかし、40代の肌は、暑い時期でも乾くところとカサつくところが混在する不安定な肌になっていることも多く、オイルと化粧水をいっしょくたにしたお手入れは、かえって“ベタつくパーツ”を増やしてしまっているリスクも。

夏場もオイルを愛用する女性ほど、暑い時期には特に効率化を図って、つい“いっぺん”に済ませてしまいたくなりますが、年齢を重ねた肌へのお手入れは「必要な箇所に必要なものを補っていく」のが確実なだけに、部分的なテカリに悩まされている40代ほど、見直したい時短美容テクです。

 

効率化のつもりが損してる夏のNG時短美容2:スキマ時間で行うお手軽マッサージ

夏場は水分調整や塩分調整が思うようにいかず、普段よりも“むくみがち”な自分を痛感している40代女性も決して少なくないはず。

そして、顔など目立ちやすいパーツがむくみやすい方ほど、スキマ時間を使って「思い立ったら、マッサージ!」を実践していらっしゃるかもしれません。

ところが、肌に何も付けない状態で手指でしっかりマッサージをしてしまうと、それだけお肌への摩擦が強くなってしまい、年齢肌に肌荒れや“たるみ”を引き起こす要因にもなりがち。

手軽に美しくなるための“時短美容”なのに、これでは本末転倒です。

スキマ時間などの空き時間にちょっとしたマッサージをする際にも、オイルやクリームなど「摩擦を軽減してくれるアイテムはマスト」と考えておくと、確実です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事