#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

離婚歴あり、子供あり

プロフィールカードを交換し、スクエアさんが自己紹介として書いた職業や趣味、特技、自分の性格などなどにザッと目を通した。47歳で塾講師、趣味は空手とあった。

気になったのは、離婚歴あり、子供あり、に〇印がついていたところ。

スクエアさん、子供がいるんだ。同居してるのかな……。

婚活アプリで知り合ったメガネさんのことを思い出した。彼も離婚歴あり、子供ありだった。そして子供と一緒に暮らしていた。数回デートを重ねていたメガネさんと会わなくなったのは、子供とのことがきっかけだった。

アサミ「いきなり不躾かもしれませんが、お子さんは何人いらっしゃるんですか?」

いきなり、ストレートに聞いてみた。

 

短時間勝負は、遠慮をせず

個室婚活で話す5分間は意外と短い。2人目までで痛感した。だから、気になることから遠慮せずさっさと聞いていこうと思った。

スクエア「娘が一人です。10歳になります。あ、でも一緒には住んでいません。親権は元妻にありますから」

ちょっとだけホッとする。好きな人は欲しいし、結婚も考えていなくはないけれど、誰かの母親になる気持ちにはまだなれていない。

アサミ「ありがとうございます」

スクエア「じゃ、僕からも聞いていいですか?」

アサミ「はい」

スクエア「アサミさんはどんな家庭を作りたいと思っていらっしゃいますか?」

 

私が作りたい家庭像って?

どんな家庭! あれ、こんな質問されたことなかった。あ、そうだ! 祖父母のことを話せばいいか。

#61 結婚できない「乙女な独女」が夢みる夫婦とは【40代編集長の婚活記】

アサミ「家庭というか、夫婦のあり方みたいなものでもいいですか?」

スクエア「はい、もちろんです」

アサミ「私の最期を一緒にいてくれる人、もしくは私が最期を一緒にいたいと思う人と、家庭を築けたらいいなと思います」

ちょっと首をかしげ、眉間にシワを寄せるスクエアさん。あれ、私、ものすごく真剣に答えたんですけど?

 

ちょっと怪訝そうなスクエアさん

スクエア「いまアサミさん、46歳ですよね? 僕の1歳下」

アサミ「あ、そうですね

プロフィールカードを見ながらそう答えた。

スクエア「いま人生100年時代って言われてますから、最期ってまだ50年くらい先の話じゃないですか。先過ぎません? いま、どういう夫婦でありたいかはどうなんですか?」

いま、どういう夫婦? 家庭? ん? 想像したことなかった……。まぁでも、これしかないか。また祖父母のことを話した。

アサミ「お互いに好きなことやって、タイミングが合えば一緒のことやって。お互いを尊重し合える夫婦、ですかね」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク