#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。

この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切られたブースで1:1で5分間ずつ会話をするというもの。8人中4人との婚活を終え、残り半分。ステキな出会いはあるのか……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

4人と「個室婚活」してみたけれど

はじめての個室婚活で、4人との会話が終わった。

1人目のワイルドさんは、たくさんの動物と暮らす男性だった。ろくに会話しないまま勝手に強制終了された。

2人目のシチサンさんは、真面目そうな男性だった。5分間、彼のUFO話を聞くことに終始

3人目のスクエアさんは、塾講師でバツイチ、別居中の子供が1人。順調に会話は続いたけれど、面白くなかった(苦笑)。

4人目のシルバーさんは、68歳の大学教授。パッと見のおじいちゃん感に一瞬引いたが、話は楽しかった。まるで、自分が学生に戻ったような気分に。

5分間は、あっという間だ。最後に3人気になった男性を選ぶというのが、今回の個室婚活のシステムなのだけれど……。

 

5人目の男性はどんな人?

5人目は、48歳・バツイチ・別居中の子供あり・メーカー勤務の男性だった。会話はスクエアさんのときのように順調に進んだ。気になったのは、まるで条件確認をするような会話だったこと。

まずは家族構成、家族の年齢、家族の仕事、家族の健康状態といった、家族の状況の確認をされた。家族の仕事については具体的な会社名まで聞かれたけれど、それはやんわり断った。

次に私のこと。職歴、家が持ち家か賃貸か、住宅ローンの残債はいくらか、年収はいくらか、貯金はどのくらいあるか、とかまで聞かれた。

 

彼が結婚相手に求めるものって

衝撃だった。婚活を始めて2年になるけれど、年収や貯金などの財産面を聞かれたのは初めてだったから。初対面でいきなりこんなこと聞くなんて……。

さすがに初対面の男性にそこまで話す必要はないと思って、「すみません、それはお答えしかねます」と答えた質問もあった。

正直、イヤな気持ちになった。お金への興味関心がやたらとある男性。もしかして、彼が結婚相手に求めるものは「お金」なの? 5人目の男性にはそんな印象をいだいた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事