「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスがないと、そのまま使い続けてしまいます。そして、そのまま身分も上がり、恥ずかしい敬語を使い続ける人も少なくありません。失礼な敬語の代表的なものが、尊敬語の代わりに謙譲語を使ってしまうものです。

今回は、その中でもさらに代表的な「参」という漢字が付く言葉についてまとめてみますね。

 

「筆記用具をご持参ください」

これは、ある文章講座のご案内にあった言葉です。目を疑いました。一般の方から来たメールなどでは、目をつむることもありますが、文章講座でこれはないと思います。ではどうして「ご持参ください」はNGなのでしょうか。

「持参する」は「持って参る」つまり、この「参」は「参る」の「参」です。
つまり、自分の行動に対して使います。相手の、特に目上の人の行動に対しては使いません。
「(私が)筆記用具を持参します」などのように使うのが正しい使い方です。

  • 飲み物は各自ご持参ください。
  • 当日は雨具をご持参ください。
  • 資料をご持参くださいますようお願い申し上げます。

おそらく「ご」や「ください」が付いているので、丁寧な印象を持つのでしょう。けれど、「持参」という言葉が謙譲語ですので、いくら「ご」や「ください」を付けても、丁寧に「お願い申し上げます。」を添えても、尊敬語にはなりません。

ではどう言い直したらいいのでしょうか。

 

「お持ちください」でOK

ご持参くださいは、謙譲語にお願いが交じったおかしな日本語です。「参」がついたらちょっと怪しいと思ってください。

  • 飲み物は各自お持ちください。
  • 当日は雨具をお持ちください。
  • 資料をお持ちくださいますようお願い申し上げます。

ね。シンプルで意味も通じやすいですし、敬語としても正しいです。「ご持参」という言葉自体を使わないように気をつけましょう。

 

「参考になりました」

こちらは、有名な誤用なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

  • 今日の講義は、大変参考になりました!
  • 先生のお話は、参考になります!
  • その方法は素晴しいですね。参考になります!

とっても感激してくださっているのは感じるのですが、軽くずっこけてしまいます。

「参考」というのは、「自分の考えの『足し』にすること」です。
先ほどの例で言うと、

  • 今日の講義は、大変参考になりました!私の学びの足しにしますね。
  • 先生のお話は、参考になります!自分の意見を確立する時の足しになりそうです。
  • その方法は素晴しいですね。参考になります!足しにしてみます!

ちょっと大げさですが、こんな感じです。失礼だということが分かると思います。

本来は「その文献を研究の参考にする」「反論も参考意見として受け入れる」のように使います。
自分には論じたいものがあり、それを補助的に支えるもの、というような意味があります。

ではどう言い直したらいいのでしょうか。

 

「勉強になります」でOK

謙虚な姿勢で相手の言動などを学ぶ時は「勉強」を使います。
先ほどの例ですと、

  • 今日の講義は、大変勉強になりました!
  • 先生のお話は、勉強になります!
  • その方法は素晴しいですね。勉強になります!

これでOKです。自分の話が「勉強になる」なんて言われたら、大抵の人は良い気分になりますよね。
「参考にする」とは程度が違うことが分かります。
ですから、逆に、自分のことをへりくだって言う時には使えます。

  • 参考になれば幸いです。
  • 参考にしていただけますか?
  • 参考までに目を通してくださいますようお願いします。

こちらの「参」は「集める」という意味で、謙譲の意味はありませんが、気をつけたい熟語です。

 

「一緒に参りましょう」

「〇〇さん、会議室は何階だったかね?」
「8階です。部長、一緒に参りましょう」

部長さんは怪訝な顔をされたのでは?
こちらの「参」には「参る」という意味があります。「ご持参」の「参」と一緒ですね。
「行く」「来る」の謙譲語、丁寧語です。
面白いのが「行く」と「来る」という二つの相反する行動、どちらにも使えるという点です。「来る」の丁寧語となると、相手の行動にも使えるのかと思いますが、そうではありません。「行く」「来る」の意味の「参る」は、自分の行動に使います。

  • 私が参ります。(行く)
  • お迎えに参りました。(来る)

部長さんと一緒に8階に行く時は、自分もそこに入るのですが、「参る」は使いません。
例外的に、この部長さんもこちらと同等になるような場合、例えば、二人で、もっともっと身分が上の人と会う場合などは、この部長さんも一気に自分の「身内」感覚になります。日本語は複雑ですね。
身分が上の人が皆を統率し「参りましょう」という場合は使えます。「それではみなさん、そろそろ参りましょうか」というように使えます。

ではそうではない場合は、どう言い直したらいいのでしょうか。

 

「参ります」「お供します」で

この場合は、そもそも「呼びかけ」をする状態が失礼ということなんですね。「一緒に行きましょう」と呼びかけること自体が失礼というわけです。

「〇〇さん、会議室は何階だったかね?」
「8階です。私も参ります。」

 

自分のことにしか使えない言葉を、相手に使っていいのか、相手も仲間にしてしまって良いのか?という視点で考えると分かりやすいと思います。

 

【松嶋さんの人気記事トップ3は……】

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる社会人のメール文末7ポイント

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事