大事な会議の日に部下から有給休暇を申請された!拒否することはできる?

会社の今後の運営方針を決めるような、そんな大事な会議の日に有給休暇を申請された…。

こんなとき、申請拒否することはできるのでしょうか?

それとも、どんな理由であれ、労働者のもつ権利である有給休暇の申請は、受け入れるしかないのでしょうか?

会社側としては、そういった大事な時期に会社を休むのは、できれば避けてほしいですよね。

労働者のもつ権利と、会社側の運営上の都合。両者を天秤にかけたとき、どちらが優先されるのでしょうか。

この記事で解説していきます。

基本的に拒否はできない

まず理解しておくべきことは、有給休暇を行使することは労働者の権利であり、どんな理由であれ、使用者は原則として拒否はできないということです。たとえ私用のためであっても、労働者は自由に有給休暇を使って会社を休むことができます。

会社によっては、

「うちの会社に有休はない」

と労働者に伝えることもあるかもしれません。しかし、そういった言動に対して厚生労働省は、

「年次有給休暇は、要件を満たせば必ず発生します。会社がそのような主張をしたとして も、一定の要件を満たしたすべての労働者に取得する権利があります」

と回答しています。

参考:厚生労働省

つまり、基本的には、会社にどのような理由があれ、労働者の権利を拒否することはできないのが原則です。

大事な会議がある場合には拒否できる?

冒頭のように、 その労働者がいないことで会社に支障が出ると考えられる場合でも、有給申請を拒否することはできないのでしょうか?

そういったケースでは、以下のような権利が認められています。

使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

引用元:労働基準法第39条5項

このように、その労働者がいないことで会社の正常な事業運営が妨げられる場合、使用者は労働者に対し、有給休暇を別の日に取得することを求めることができます。

このとき注意しなければいけないのは、『単に人手が足りないから』や『いつもより忙しくなるから』という理由は事業の正常な運営を妨げるということにはならないということです。

対象となる労働者が会社の当該事業にとって唯一無二であり、余人をもって代え難いという場合であれば、事業の正常な運営を妨げる場合に該当するといえるかもしれません。しかし、「何かあったときのために居てくれたほうが良い」程度であれば有給申請を拒否することはできないと考えるべきでしょう。

冒頭のように、労働者が大事な会議に欠席することは好ましい事態ではないのかもしれません。それでも、当該労働者がいなくても会議の進行や決定には具体的な支障はないということであれば、有給申請を拒否することはできないと考えるべきです。またそもそもですが、普段から労使間で十分なコミュニケーションをとり、良好な関係性を作っておけば、労働者からも会社に配慮して有給取得時期について難しい要求をしてくるということもないはずです。

なお、労働者からの有給取得の申請に対して、会社が一定の配慮を求めること自体は禁止されません。そのため、仮に会社として休暇を取得してほしくないということがあれば、まずは労働者と休暇取得時期を調整できないか、話し合いをしてみるということは検討に値するでしょう。

 


【この記事を監修した法律事務所】
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

★編集部より/あなたの「これってどうなの?」法律素朴な疑問をお寄せください!

無記名でOKです!応募はこちらから

■本記事は「労働問題弁護士ナビ」から提供を受けております。著作権は提供会社に帰属します。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【関連記事】
芸能人は労働基準法で保護されるの?残業代・退職の自由の有無について解説します!
有給ってどんな理由でも休みをとれるの!?
アルバイトでも有給休暇は取れるのに!拒否された時の対処法2つ

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ゼクハラ」って何だか知ってる?36種類もある「○○ハラ」全リスト

財務省事務次官のセクハラ、日大アメフト部のパワハラ、体操女子のパワハラなど、今年もハラスメント問題は頻繁に話題に上がっています。実はハラスメント行為は、セクハラ…

女性管理職のみなさん!これを部下の男性に言ったらセクハラですよ!

セクハラやパワハラは社会問題となっていますが、減少していかないのが現状。その原因の一つに、立場を利用したものが多く、なかなか表に出てこないということがあります。…

コンビニバイトに「買い取りノルマ」が!これって違法じゃないの?

「明日までに全員で30個売りましょう!」チームを鼓舞するような店長の言葉は、時に人を追い込むプレッシャーの言葉へと変貌します。目標が達成できなかった場合、気持ちの…

【知ってた?】年収500万以上ないと日雇い派遣で働けない!?

すぐに仕事を入れられて、すぐにお給料がもらえる日雇い派遣。急にお金が必要になった時、重宝しますよね。筆者も学生時代はよく利用していました。実はこの日雇い派遣に関…

今さら聞けない素朴なギモン「仕事用の文房具って、自腹で買うべきもの?」

こんにちは。あなたの弁護士編集部です。突然なのですが、みなさん、仕事で使う文房具にかかる費用は自分で出していますか? それとも、『経費』として会社が出してくれま…

【弁護士執筆】セクハラが「イケメン無罪」でおじさん有罪って本当?どういう定義なの?

連日ハラスメント問題がテレビ等で報道されております。以前の私は、「ハラスメント」問題は重要であるとは思いながらも、個別の労働問題の一つの論点としか認識していませ…

知ってた?本業+副業でも「8時間以上働けば残業代が出る」ってこと

2018年は『副業解禁元年』と呼ばれており、今年に入ってから副業を解禁した企業も非常に多くなりました。私の友人も、昼間の本業の後、夜は地元のコンビニでアルバイトをし…

「副業禁止」の副業の範囲って、どこからどこまで?

一般的には、副業はよくないものとして認識されているかもしれません。しかし、一言で『副業』といっても、いったいどこからどこまでが副業で、どこからがアウトなのでしょ…

女同士でもセクハラになる!こんな言葉にご注意

『セクハラ』というと、一般的には男性が女性に対してやってしまうことという印象があるでしょう。ですが実際には、かなり限定的なケースではありますが、同性間でもセクハ…

時代錯誤! 女だけ「無給で1時間早く出社」で雑務する会社の残念な結末

近年では(…といっても随分経ちますが)男女雇用機会均等法の浸透や、女性の働き方についての喚起が叫ばれてきた影響もあるのか、過去のように女性がお茶くみをしたり、事務…

夜の夫婦生活はいつまで?50代からの性事情とセックスを拒否するリスク

40歳50歳を過ぎても、夫(妻)が夫婦生活を求めてくることもあります。しかし、体力の限界を感じていたり性欲がまったくわかなかったりすると「いつまでしなくちゃいけないの?」と感じてしまいますよね。また「こんな…

「ゼクハラ」って何だか知ってる?36種類もある「○○ハラ」全リスト

財務省事務次官のセクハラ、日大アメフト部のパワハラ、体操女子のパワハラなど、今年もハラスメント問題は頻繁に話題に上がっています。実はハラスメント行為は、セクハラやパワハラ以外にもたくさんの種類がありま…

知ってた?本業+副業でも「8時間以上働けば残業代が出る」ってこと

2018年は『副業解禁元年』と呼ばれており、今年に入ってから副業を解禁した企業も非常に多くなりました。私の友人も、昼間の本業の後、夜は地元のコンビニでアルバイトをしています。以前の話にはなりますが、筆者の…

夫に「隠し子」が…!! 認知している婚外子がいることで起こり得るトラブルって?

去年、1年間付き合った男性と結婚し、今年の初め妊娠が発覚しました。幸せいっぱいの毎日でしたが、先日、夫のスマホの写真フォルダ内に、3、4歳ほどの女の子の写真が複数枚(すべて同じ人物)入っているのを発見し…

【意外と知らない?】『婚約』と『婚姻』の違いってなに?

『婚約』と『婚姻』似たような言葉ですが、実は大きな違いがあります。一体どこが違うのでしょうか?『婚約』とは、法律的には『婚姻』の約束をすることです。とはいえ、これだけではよくわからないですよね。この記…

退職したいけど認めてもらえない!どうしたらいい?

「辞めたい」と会社に伝えても、なかなか辞めさせてくれない場合、どうすればよいのでしょうか?会社側から、「辞められたらみんなに迷惑がかかる」「損害賠償を請求するぞ」などと言われたら、なかなか行動に移すこ…

それ、私のお金…!!元婚約者との共同預金は誰のもの?

今年で同棲1年を迎え、付き合って2年の記念日である9月に結婚の約束をしました。7月に約束し、両親への挨拶、式場の下見まで済ませた彼なのに、急にうまくいかなくなって、別れてしまいました…。それ自体、すごく…

知っておきたい「ノルマ達成」合法・違法の分かれ道って?

土日はしっかりと休むことができ、安定した給料をもらえるというイメージの強い郵便局。しかしその実態は、ブラック企業ともいえるほど、劣悪な面もあわせ持っているようです。実は、日本郵便株式会社は、2016年のブ…

そんなのアリ⁉ セックスレスを理由に離婚を迫られた夫婦

結婚したいけど、年齢や体力的にセックスしたくない人も少なくないと思います。しかし、セックスレスが不倫や離婚の原因になってしまうことも少なくありません。たとえ、結婚前に「セックスなしでいいよ」と約束して…

掛け持ち仕事の給与を払ってもらえない。どう交渉すればいい?

「社会福祉法人に勤めています。そこの理事長が株式会社も経営していて、そこの仕事もしています。社会福祉法人からは給与が出ていますが、株式会社の方から給与は出ていません。掛け持ち仕事をしているせいで毎日の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事