そんなつもりはないのに! 男が「下品な女だな」と感じる40代女性の意外な傾向3選

 

「あの女って、下品だよな」と、少々意地悪そうな口調で40代女性を評する男性も珍しくありません。

そんなふうに評される女性の中には、同性から見ると「ん? どこが?」と言いたくなるようなケースも少なくはないけれど、恋人を募集しているタイミングや婚活中においては、40代になっても、異性からは「下品」よりも「上品」と思われたほうが、なにかと得策でもあります。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性から「あの女は、下品!」と評される40代の意外な傾向に迫ります。

 

そんなつもりはないのに「下品」認定1:いわゆる「酒豪」で遅い時間までお酒を飲む

 

40代ともなると、さすがに「門限」がある独身女性も減るのが常。

ひとり暮らしをしていればなおのこと、休日の前夜には友人たちと遅くまでお酒を楽しみたい人だって少なくないけれど、一部の男性はあまりにもお酒をダラダラと飲み続ける女性に対して、眉をひそめる傾向も。

つい先日、「気に入っていた女性が、思ったよりも下品なタイプでガッカリした」と落胆していた男性(41歳・会社役員)に話を聞いてみたら、その理由が「朝方まで、ダラダラと酒を飲み続けるのが好きらしい」にありました。

同性からすれば「いい大人だし、そのくらい、いいんじゃない?」と思うような話でも、“酒”ד深夜”のWパンチが揃ってしまうと、そこに「清楚」や「上品」と対極にある“何か”を感じ取ってしまう男性もいるようです。

恋人ができれば深夜まで飲み歩くのは控える女性も少なくないだけに、まだ深い仲になる前の段階では、こんな生活スタイルを送っていたとしても、あえて披露する必要はないのかも。

 

そんなつもりはないのに「下品」認定2:仕事の話になるとつい男言葉を使ってしまう

 

男性社会で対等に渡り歩いてきた女性ほど、仕事の話になるとつい“男勝りな口調”になってしまうことにお心当たりもあるかもしれません。

普段は女らしい口ぶりを心がけていても、仕事の場となると「そんな優雅なこと、してられない!」となる場面だって、多々あるものです。

ところが、そんな様子を「下品だ」と評価する男性も。

「仕事の話をしているときに、お金のことを“カネ”って表現している女性を見て、その下品さに驚いた」(44歳・IT)

「職場で部下のことを苗字の呼び捨てで呼ぶのは普通のことなんだろうけど、飲み会の場で、自分の部下の話をするときに綺麗な女性がしていると下品な感じがして苦手」(41歳・飲食)

などの声が聞かれました。

このあたりは、見た目とのギャップが激しいほど、男性が「下品だなぁ」と感じるハードルも下がっていそうな傾向を感じます。

 

そんなつもりはないのに「下品」認定3:食事の際に大口を開ける

 

美味しいものを目の前にしたときや、お腹がぺこぺこなときには、つい大きな口で食べ物を頬張ってしまう癖がある女性だって、少なくはないのではないでしょうか。

かしこまった席では女性らしい食べ方を心がけていても、飲み会などプライベートな場では、つい気が緩んでしまうことだってあります。

ところが、大きく口を開いて食事をする姿に“下品さ”を感じる男性は、女性が思っている以上に一般的なのです。

「綺麗な人が大口を開けて頬張っているのを見ると、下品な一面を見たようで、ガッカリする」(45歳・経営)

「いい歳した女性が、大きく口を開いてモグモグ食べる姿が苦手。おばちゃんっぽいと言うか、奥ゆかしさに欠けるというか。下品な感じがするよね」(43歳・映像)

と、言いたい放題でした。

日頃、凛としたイメージの女性がこれをしているほど、見てはいけない姿を見てしまったような気になるものかもしれません。

 

笑顔は周囲をハッピーな気持ちにさせる潤滑油であるのは間違いないものの、その笑い方によっては、男性からの「下品」を招きやすい姿の典型であるのは間違いないようです。

実際に“下品な性格”をしているかはともかくとして、ちょっとした姿に思っていたイメージとのギャップを感じると「あの女性は、思ったより下品」などと評価しだす男性も。

「下品で結構。上等だわ」と一蹴したい女性もいらっしゃるとは思いますが、予想外に不名誉なイメージを持たれたくない場面では、男性の“勝手な妄想”を壊さない振る舞いを心がけておくのも、大人の女性の“あざといモテスキル”としては活用できそうです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事