「僧帽筋ストレッチ」で背中のオバサンくささを撃退。すっきりした後ろ姿に

僧帽筋って知ってますか? 背中の上部を覆ういちばん表側の筋肉です。この筋肉がたるんでいると、いきなり「見た目オバサン」になる要注意筋肉。思い当たる節があったら、夜の3分間ストレッチで痩せる僧帽筋に仕上げましょう。疲れも取れて一石二鳥です。

 

顔の近くだからこそよく見える。体型の印象を決める僧帽筋

 

体型カバーのしやすい秋がやってきました。でも、首からひざまでの大部分が隠れている季節だからこそ、ニットやジャケットの隙間からチラ見えする部分にはいっそう注意が必要です。

 

中でも、「首、鎖骨、背中のライン」は、全体的なスタイルの印象の良し悪しを想像以上に左右します。

 

考えてみてください。正面から見て顔のすぐ下、首と鎖骨の間に、山の裾野みたいな筋肉がモッタリ乗っていたら……。仮にひざから下がほっそりしていても、いや、むしろひざ下が細ければ細いほど、上半身は大きく見えてしまいます。いわゆる欧米のオバチャンに多いタイプですね。

 

というわけで、肩や上背部に背負っちゃってる贅肉やコリはなめらかにほぐしてしまいたいものです!

 

後ろ姿の印象を決める僧帽筋

僧帽筋は、いわば筋肉のマントのような存在。上部は後頭部から首、肩へ広がり、下部は腰の少し上の辺りまで広がっています。

後ろ姿の印象を大きく決める存在なのですが、年齢を重ね、デスクワーク三昧になるにつれ使う頻度が減り、なめらかさを失っていきます。

僧帽筋は腕の上げ下げに使う三角筋、肩甲骨を背骨に引き寄せる菱形筋、背骨にも繋がっている筋肉なので、肩コリや肩甲骨のコリ、疲れにも影響を及ぼしてしまいます。

この部分が凝り固まったままでは全身の動きも悪くなる一方。ストレッチをして筋肉を柔らかくし、疲労や血流を促すことは、脂肪や冷えも取り除くことになります。

今回ご紹介するのは、後頭部から首、背中、肩を思い切り伸ばすストレッチです。

夜の食後2時間ほど開けて、5分伸ばしてください。

前屈を逆転しした形になるので、背骨まわりの血流がよくなり、肩や背中のボリュームをほぐしてスマートにします。

 

隙(スキ)のポーズ

背中を引き締め、うなじもスッキリ美しい背中美人。着物の抜き襟も素敵になります。

 

①あおむけに寝ます。手のひらは床にむけます。

 

②首に負担がかからないように、肩から背中にかけて約5cm厚みのブランケットを敷きます。

後頭部はブランケットではくヨガマットに下ろします。ブランケットがなくてもOKの方はヨガマットの上で行います。

 

③両足を揃えて上へ上げます。

このとき、腹筋を使い、両手で床を押します。

 

④お尻を、両足が床と平行になるまで上げます。

両手で腰や背中をサポートします。

⑤足先を頭の向こう側の床に下ろします。

つかなくてもOK。練習すればできますよ。

 

⑥両手を組んで肘を伸ばします。肩甲骨を中心へ寄せます。

初心者の方は組まなくてOK。

 

⑦後頭部を伸ばし、バランスをとります。

手と足をお互い反対方向へ伸ばすと背中が良く伸びます。

 

⑧眼は閉じる。もしくはおヘソを見ます。

 

⑨ポーズをキープしたまま約1分~3分間ゆっくりと呼吸します。約10~40呼吸。

 

⑩手を放し、ゆっくりと背中からお尻を床へ下ろします。

 

⑪仰向けのポーズ、シャバアサナでしばらく休みます。

 

効果:疲労回復の代表格。脊髄骨神経や血行がよくなり身体が軽く敏速になる。背中の痛みを取り除く。肩こり、肘こり、腰痛の緩和、内臓の活性化、胃が軽くなる。神経痛や便秘に卓効。ヒステリック気分が落ち着く、気持ちが穏やかになる。

 

このポーズは更年期やイライラを鎮める効果もあるので、以前の記事「更年期?イライラする、疲れる人のための夜3分ストレッチ」(https://otonasalone.jp/35634)も参考にして見てください。

 


「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

大人の呼吸法、体を温め心を鎮め、心身の垢を取り除く呼吸テクニック

2018年11月25日(日) 鎌倉 光明寺vol.14

詳細は、https://20181125artyoga.peatix.com/

 

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事