気づけば恋愛対象外…! 「ムダに勝気なオバサン」に見える40代女性のLINE

勝気な女性を「強がっている感じが、かわいい」と口にする男性もゼロではないものの、恋人にするとなると「うーん、ちょっとご遠慮したい」などと言い出すのも珍しくないお話。

友人としてなら許せても、自分のパートナーにするとなると、必要以上に勝気なタイプは「避けたい」と考える男性も少なくないようです。

他方で、悲しいかな。私たち女性は年齢を重ねるごとに「強くなる」なんて言われることもあるだけに、自分では無意識のうちに男性から見て「勝気すぎるだろ!」と思われる態度になってしまっていることもあります。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性が「ムダに勝気すぎるだろ」と感じがちな40代女性のLINE傾向に迫ります。

 

気づけば「勝気すぎるオバサン」1:相手の誤字や「言い間違い」に気づくと、正さずにはいられない

男性から送られてきたLINEに誤字や言い間違いがあったときに、意味が通じる分には、さらっと流すのも大人の対応。

しかし、小さなことも正さずにはいられない女性ほど「それは●●でしょ」などと、いちいち指摘しなければ気が済まない! なんてことも。

ところがこういった女性のLINEに対しては「うるさいなって思うだけだし、妙に勝気なニオイがして苦手」(44歳男性)、「誰にでも言い間違いや打ち間違いはあるのに、それをわざわざ指摘する当たりが、ムダに勝負してる感があってイヤ」(40歳男性)と、批判的な感想を抱く男性も少なくありません。

職業柄、誤字や脱字が気になってしまう仕事(かくいう私もですが)に携わっている女性や、細かなことに気がつく女性ほどやりがちなLINEながら、異性からの評価はすこぶる不評というわけです。

「良かれ」と思って正してあげても、恋愛においては、百害あって一利なし!?

 

気づけば「勝気すぎるオバサン」2:「謝るのは負け」とばかりに常に自分を正当化

自分にどの程度落ち度があるのかにかかわらず「謝るのは負け」とばかりに、自分の行いや発言を正当化したがる女性のLINEにも、やっぱり「ムダに勝気」なイメージがついて回るのは否めません。

なにかをしでかした際に「正当な理由さえあれば、ちょっと落ち度があったとしても謝るほどではない」を貫いて仕事での荒波をくぐってきた40代女性ほど、プライベートでもやりがちな悪癖とも言えそう。

男性陣からは「遅刻やちょっとした物忘れなんかで、“謝るのは負け”とばかりに言い訳ばかり送ってくる女性には、うんざり」(42歳男性)、「悪いことをしたら謝るのは当たり前のことなのに、それすらできない40代女性は勝気すぎるし非常識」(47歳男性)と、ここでも辛辣な意見が飛び出しました。

自分では謝りたくないような正当な理由(?)があってのことだとしても、相手の立場に立って「ごめんなさい」が聞きたいであろうときには折れるのも、大人のコミュニケーション術として心得ておくほうが関係は円滑に進むものです。

 

気づけば「勝気すぎるオバサン」3:男性からの話題につい「補足」をしたがる

男性が送ってきた話題に“不十分”な点があると、つい補足をしてあげたくなる性分の女性も「ムダに勝気」に認定される傾向が顕著です。

いわゆる「ひと言多いタイプ」にも多いLINE癖ですが、「それって●●だよね!」と、さも“自分のほうが、その事柄についてよく知っている”とでも言いたげな口調の返事が戻ってくると、その瞬間にげんなりが止まらない男性も多数。

実際、こういった女性のLINEへの男性の感想はシビアで「いちいち言い負かされそうで面倒だから、積極的にLINEしようとは思えなくなる」(43歳男性)、「テンポよくLINEができなくなるから、ストレス。常に勝負を挑まれているようで、めんどい」(41歳男性)と、すこぶる悪評価が並びました。

女性が「良かれ」と思っての行動であったとしても、男性の頭の中にはただ「勝気なオバサン」というイメージが植え付けられるだけで終わる、典型的な残念LINEです。

 

勝気であることは、決して悪い面ばかりではありません。

しかし恋愛シーンにおいては、ムダに勝気な女性を好んでパートナーにしたがる男性は少ないとも言えるだけに、気づけば恋愛対象外に転落してしまう引き金にも。

出会った頃にはよくLINEがきていたのに、いつの間にか疎遠になった異性にお心当たりがある40代女性のみなさま、こんな“勝気なLINE”を送信してはおりませんでしたでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事