岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。

それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけどカッコいい」と納得と説得をさせられ、百恵ちゃんは伝説になったし、安室ちゃんだって伝説になる。

 

幕引きのいい決断とは

だけど、芸能人や芸術家でない普通の会社員や主婦だったらどうだろう。やっと会社の戦力となって脂が乗って活躍し始めたとき、いきなり寿退社もしくは転職したら。

新婚まもない頃に、別の好きな男ができたから離婚したいだの、子どもに手がかかるときに、人生やり直したいとフルタイムで学校に入ったり正社員になったりしたら。

もちろんそれらを容認し、それこそ新しい人生をがんばれという応援も得られるが。

「ここまで育ててやったのに恩知らず」

「これだから女は……」

「自分のことしか考えないのか」

「周りが可哀想」

みたいに、多くの人から責められ陰口を叩かれるだろう。

そもそも前者の引退や幕引きは、その分野で活躍した人だけが評価される潔さ、未練のなさだ。まったく芽が出なかったら、適当な時期に見切りをつけてそれこそ地道な会社員や平凡だけれど堅実な主婦になれば、その幕引きこそをよい決断だと讃えられる。

 

真に「有終の美を飾る」とは

逆に、芸能人や芸術家が私は生涯現役です、と若い頃と変わらぬ歌や踊り、歳は取っても新境地を切り開く作品、若い頃にはなかった円熟味などを見せてくれれば、死ぬまで舞台に立ち続けた、最後まで筆を離さなかった、というのも憧れられ、伝説となる。

世間の評価は様々なので、見切りをつけるにしても現状を維持するにしても、世間ではなく本人の気がすめば、結果がどうであれ有終の美を飾ったことになるんじゃないの。

 

女はいつまで現役でいる?

それにしても個人差はあれど、日本女性って幾つになっても女として現役感を漂わせた人が多い。娘さんではないけど、ザ・オバチャンでもないっていうか。

他のアジアの国々に行くと、娘さんの頃はすらっとしておシャレしてるのに、ある日いきなりサナギが蝶になるように?パンチのきいたザ・オバチャンに変身するのね。

日本女性としては、現役でいることが女の矜持だけど。他のアジア諸国の熟年女性にとっては、「いい歳して色気を出すのはみっともない」という、これも美学なんだよね。

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりに…

岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。美魔…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事