40代女性にピッタリのデニムブランドは……?みんなが選んだ愛用デニム【オトナ組アンケート】

オトナサローネ執筆陣チーム「オトナ組」が答える【オトナ組アンケート】。

今回は、みなさんが愛用している「デニム」を聞いてみました! 倒的に多かった愛用デニムブランドをご紹介します。

 

みんなの愛用デニムは「RED CARD」!

アンケートを取ったところ、圧倒的に多かった愛用デニムは「RED CARD」のものでした。どんなブランドなのかと言うと……。

単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもつRED CARDは、機能面ばかりを追求するのではなく、きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案します。まさにファッションリテラシーが高く、シンプルだけれどちょっとしたエッセンスがあることを楽しむことが出来るオシャレな人をターゲットとしています。

だそう! 日常でちょっとコンビニまで!というようなデニムではなく、ファッションの1部としてデニムを選ぶ人にぴったりのブランドということが分かります。

 

オススメポイントを聞いてみました!

RED CARDのAnniversary 25thというタイプは、ボーイフレンドデニムよりちょっとすっきりしたテーパード。とはいえ、ピッタリするわけでもない。細くもなく、太くもないシルエット。国産ブランドのデニムなので日本人の体型に合わせて作られていたり、ヴィンテージ感のある色落ち加減が絶妙なんです。

やや硬めの素材と柔らかめの素材があるみたいなんですが、キレイめにも履きたいオトナ的には硬めの素材をセレクト。少し硬いくらいのほうが40代のムチ肉をおさめてくれる(苦笑)。硬めといっても全然、やわらかい履き心地です。価格は2万円くらい。

これを履いていたときに友達に「脚、細くてまっすぐね」とほめてもらえました。ホントはX脚なんですが。脚のカタチもキレイに見せてくれるデニムです。

40代からのデニム選びのポイントとして、ほどよい固さのあること、スキニーすぎないことが大事かも。よほど細い脚のかた以外は、ムチッと見せない、オバサンぽく見せないコツかもしれません。

(浅見編集長の人気記事→40代オシャレの選択! 編集長アサミの「この冬、買ってよかった服」3選

 

・デニムはリーバイスとBLUEBLUEしか履かなかったけど、これは日本人体型に合わせてるので履きやすく、藍染感をしっかり味わえるのでカッコイイ!デニム職人の愛を感じることができるから。

(安藤けいこさんの人気記事→最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

 

・REDCARDの「Anniversary」モデルは腰まわりにゆとりがあり、ももから膝下にかけてテーパードシルエットになったスリムボーイフレンドシルエットで、アラフォーでも無理なくキレイめな印象で履ける一本。柔らかいのに肉感を拾わず、絶妙なフィット感とこなれ見えするヴィンテージ加工で、一度履くと病みつきになります!

(松本小夜香さんの人気記事→かっさ、顔ヨガ、ストレッチ…40代の私が「すき間時間にできている」顔とボディの4つのたるみケア

 

国産のブランドで、日本人の体型に合わせて作られていることから、履きやすさもバツグンだそうです。他にも、リーバイスやDIESEL、ユニクロなども人気でした!

 

みなさんの愛用デニムはなんですか? 来週もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

最近「無印」で何買った?40代がリピ買いするアイテム8選

落ち着ける雰囲気とシンプルさ、ナチュラル思考とほどよく定番な商品が揃っている無印良品はつい立ち寄りたいお店。そこでリアル40代に無印良品でつい買ってしまうものを調…

40代50代女性が選ぶ!「オバ髪を救う」シャンプーを発表【オトナ組アンケート】

【オトナ組Q】2回目は、オトナサローネ執筆陣「オトナ組」の皆様がリアルに自腹で熱愛しているシャンプーについて! 「特集オトナの髪悩み」でも皆さんのいろいろな悩み…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

女が一人で肉を食べるならココ!2018年新春注目3店

ひとりで突然お肉が食べたくなるとき、ありますよね。最近は女性がひとりで気兼ねなく、肉を食べられるお店も増えていますが、今回は最新情報として、オープンしたばかりの…

これで大丈夫!ホームパーティのおもてなし、準備のコツ~ワインマナー・ホスト編~

みんなでワイワイ楽しいホームパーティ。いざホームパーティを開くとなると何から準備したらいいのか分からなくなってしまうことはありませんか?せっかくゲストを自宅に招…

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事