岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。

結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種においては、四十路のそこそこ美人は二十歳のごく普通の子に負けるし、五十路の超美人は十代のブスに負ける。

 

どうしようもないこの世の現実

若けりゃあとはすべて帳消しで勝ち、歳取ってりゃどんな豪華な経歴や素晴らしい資質を備えていても、それだけでばっさり落とされることは多々ある。

いくら内面を磨きましょう、若い女にはない優雅な物腰や雰囲気を高めましょう、ってがんばったって、それがどーした、オバサンじゃん、と通じない男もたくさんいるし、シビアな現場もいっぱいあるのだ。それはもう、どうしようもないこの世の現実。

 

年齢を重視するオーディション

じゃあどうすればいいのかといえば、「年齢を重視する」一般オーディションを受けなきゃいいのだ。

たとえば芸能人のなり方はいろいろあるが、大きく二通りあるでしょ。「その人自身に惚れこみ、ピンで活躍できるスターにしたいとスカウトした」ってのと「××グループのメンバーに相応しい子として、その条件が揃った子を選んだ」ってのと。

若くて気立てがよくて可愛い奥さん、という婚活のオーディションでは、先に本人より条件ありきなので、若くないあなたはそれだけで無慈悲にさっさと落とされる。

 

名物ママさんのように

でも、「とにかくあなたに惚れてあなたと一緒になりたいんだ」という、あなた自身を発掘してスカウトしようとし、妻という名のスターに育てあげよう、もしくはスターの一番のファンになりたいという男に出会ったら、年齢は不問

この人をスターに、と惚れ込んだ人に取っては、「私、自転車に乗れないの」とか「納豆が食べられない」というくらいのどうでもよさで、年齢を気にしない。

芸能人以外のたとえでいえば、若い美人の人気ホステスを指名したい、連れて歩きたいというのも多くの男の望みだけど、ある程度の地位や収入などを確保できた大人の男は、あの名物ママさんと親しい、というステータスも欲しがる、ってのもある。

高級店の人気ホステスは満遍なく条件が必要だが、名物ママさんは「一点突破」が可能。

スポンサーリンク

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想して…

磯野貴理子、二度目の離婚。「女のカネで店を出す夫」はクズなのか?

タレント・磯野貴理子が「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)で、24歳年下夫との離婚を発表しました。夫に「自分の子どもが欲しい」と切り出され、貴理子は「当然のこと…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆…

イチロー夫人、弓子さんが女子アナ時代に示した「控えめ」だけど最強の攻め

お代替わりが近づいています。4月1日には新しい元号、「令和」が発表されました。5月1日から、我々が浩宮さまとお呼びしている現在の皇太子さまが、天皇陛下となられます。…

大久保佳代子ら、40代婚活女性が直面する「オトコにどこまで合わせるか問題」

3月8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「40歳からの婚活」を特集していました。40代で結婚したと願う男女は増える一方で、結婚相談所に登録しているのは30代…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるので…

岩井志麻子「ヤレない美人とヤレるブス」のモテ問題を考える

だいたい、モテるモテないというのは、男と女で大きく概念も現場も違うものなのだ。女のモテる基準、男のモテる基準女はなんたって、チヤホヤが命。合コンに出ていわゆるお…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らし…

岩井志麻子 若さ・美貌・資産もない女が「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 男の特性と浮気させない方法を考える

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

岩井志麻子 「元カレが忘れられない」女性たちの心理とは

ホリプロにお世話になる前はフリーで、押しかけの素人マネージャーを雇っていた私。とにかくサザエさんのような、おっちょこちょいのドジオバサン。だからホリプロのプロのマネージャーがついてくれたとき、あまりに…

岩井志麻子 グレイヘア?オバサン?「白髪ケア+α」で女は4つに分類される

いわゆる美魔女と呼ばれる女性達よりも圧倒され畏怖してしまうのが、シルバーヘアあるいはグレイヘアと呼ばれる、白髪をそのままにしている女性達だ。そう、なぜか呼び名は白髪ではなくシルバーかグレイなのね。美魔…

岩井志麻子「オバサン」と言われる女「お姉さん」と言われる女の違いとは?

新元号・令和が明日から始まるというのに、平成どころか昭和の話をしてしまうけど。私が子どもの頃は、オバサンと呼ばれたくない、と悩む熟年女性、主張する妙齢女性はあんまり身の周りにいなかった気がする。30代か…

岩井志麻子 「セクシーな女」と「エロい女」との違いとは?

有名無名、金持ち貧乏、イケメンブサメン、モテるモテない、いろんなものを問わず、「薄幸そうな女、可哀想な雰囲気、貧乏臭い女はエロい」という男達は多い。日本を含む、稲作アジア圏ではかなりの勢力だ。セクシー…

岩井志麻子 なんだか「老後が不安」と感じている40代へ

通院や薬が必要なほどではなかったが、十年くらい前に妙な不安感に常に覆われ、夜眠るのが怖かった時期がある。このまま目が覚めずに死ぬんじゃないか、と。別に持病もなく、心配事も細かいことをいちいち挙げればき…

岩井志麻子 なぜ「不倫した女の末路」は話題になるのか?

既婚の人と恋愛関係になり、相手を離婚させてしまった、という話はよく聞く。その相手と結婚する場合もあれば、自分もその相手と別れて別の人とくっつく結果もある。芸能人の不倫を叩く、いまの風潮いわゆる略奪婚に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事