岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。

結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種においては、四十路のそこそこ美人は二十歳のごく普通の子に負けるし、五十路の超美人は十代のブスに負ける。

 

どうしようもないこの世の現実

若けりゃあとはすべて帳消しで勝ち、歳取ってりゃどんな豪華な経歴や素晴らしい資質を備えていても、それだけでばっさり落とされることは多々ある。

いくら内面を磨きましょう、若い女にはない優雅な物腰や雰囲気を高めましょう、ってがんばったって、それがどーした、オバサンじゃん、と通じない男もたくさんいるし、シビアな現場もいっぱいあるのだ。それはもう、どうしようもないこの世の現実。

 

年齢を重視するオーディション

じゃあどうすればいいのかといえば、「年齢を重視する」一般オーディションを受けなきゃいいのだ。

たとえば芸能人のなり方はいろいろあるが、大きく二通りあるでしょ。「その人自身に惚れこみ、ピンで活躍できるスターにしたいとスカウトした」ってのと「××グループのメンバーに相応しい子として、その条件が揃った子を選んだ」ってのと。

若くて気立てがよくて可愛い奥さん、という婚活のオーディションでは、先に本人より条件ありきなので、若くないあなたはそれだけで無慈悲にさっさと落とされる。

 

名物ママさんのように

でも、「とにかくあなたに惚れてあなたと一緒になりたいんだ」という、あなた自身を発掘してスカウトしようとし、妻という名のスターに育てあげよう、もしくはスターの一番のファンになりたいという男に出会ったら、年齢は不問

この人をスターに、と惚れ込んだ人に取っては、「私、自転車に乗れないの」とか「納豆が食べられない」というくらいのどうでもよさで、年齢を気にしない。

芸能人以外のたとえでいえば、若い美人の人気ホステスを指名したい、連れて歩きたいというのも多くの男の望みだけど、ある程度の地位や収入などを確保できた大人の男は、あの名物ママさんと親しい、というステータスも欲しがる、ってのもある。

高級店の人気ホステスは満遍なく条件が必要だが、名物ママさんは「一点突破」が可能。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想して…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるので…

岩井志麻子「ヤレない美人とヤレるブス」のモテ問題を考える

だいたい、モテるモテないというのは、男と女で大きく概念も現場も違うものなのだ。女のモテる基準、男のモテる基準女はなんたって、チヤホヤが命。合コンに出ていわゆるお…

深田恭子、熱愛報道から考える「富豪との結婚」に向く人向かぬ人

女優・深田恭子と年商200億の実業家男性(以下、S氏)との交際を、「女性セブン」(小学館)が報じました。深キョンもお年頃ですから、めでたしめでたしと言いたいところで…

佐藤仁美、「オトコは自立していないオンナが好き」発言をアラフォー信じることなかれ

ドラマが低視聴率と言われるようになって久しいですが、これは俳優や女優たちにとっては大打撃と言えるのではないでしょうか。テレビもビジネスですから、ドラマが不振であ…

鈴木京香、破局報道に見る「恋愛と結婚はセットなのか?」問題

女優・鈴木京香と俳優・長谷川博己の破局を「女性セブン」(小学館)が報じました。二人は2010年のNHKドラマ「セカンドバージン」で共演したことがきっかけで交際を開始。…

岩井志麻子 「結婚できるブス」と「結婚できない美人」について

ダイエット本と英語学習本の決定版は、いまだに出ていない。だって、決定版というか絶対的解答や解決法が出ちゃったら、それで終わりだから。そしてダイエットや英会話に関…

岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。第三者には分からないもの太めをコンプレックスにしているかと思っ…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけど…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても…

岩井志麻子 女50代「私の更年期」について考えてみる

四十になる前にガツンと重いのが来た人もいれば、軽めのが閉経したときの五十くらいで来たかな、とか。閉経間際の四十代後半でかなり長引いて苦しかった、などなど。更年期とは、年齢も症状も本当に人それぞれのよう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事