「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。

特にメイクアップは顕著。似たようなものに見えて、質感や輝き、発色などが違います。オバサン化しないためには、メイクアップのアイテムをアップデートすることが大事なんです。

そんなわけで、私個人が今年アップデートして「よかった」と思うアイテムを【オトナサローネ2018ベストコスメ編集長賞】としてご紹介してまいります。今回は【アイメイク編】!

 

【マスカラ部門】品よくボリュームアップ。もうこれ以外、使えません

ラッシュ クイーン フェリン エレガンス 01 ディープ ブラック 5,300円+税/ヘレナ ルビンスタイン

ある人に言われたんです「奥二重だし眉がしっかりあるから、まつげをもっと強調したほうがバランスいいんじゃない?」って。その頃、目元をかなりナチュラルに仕上げていました。使っていたのはプチプラマスカラ。でもこの言葉を境に、ラッシュクイーン フェリン エレガンスに変えたんです。

使ってみて、格の違いを感じました。プチプラとは一線を画す、気品のある仕上がり! このマスカラは軸がしなるブラシなんですが、マスカラ液がまつげにキレイに密着するんです。そしてカーブ形状のブラシでセパレートしつつ、華やかに広げてくれます。私はもともとまつげが細いのですが、このマスカラを使うと、1本1本がボリュームアップして存在感のあるまつげになりました。

冒頭の言葉の人に会ったとき「マスカラ変えた? まつげいい感じね」と言われました。正直もう、このマスカラしか使えません!

■ヘレナ ルビンスタイン 03-6911-8287

 

【アイライナー部門】まつ毛の間を「埋めやすすぎる」! この角度に技アリ

SHISEIDO アーチライナーインク 01 Shibui Black 3,500円+税/資生堂インターナショナル

奥二重なんです、私。だからアイライナーを引くとき、ちょっとでも太くなると細い二重幅がつぶれちゃってダメなんです。まつ毛とまつ毛の間を埋める程度にする、それが個人的な奥二重アイラインのルール。

サーッと引けず、点々点々と埋める作業は意外と時間がかかる。またアイライナーのブラシや液によってはなかなか埋まらない。なのですが! SHISEIDOのアーチライナーインクは、まつ毛の間がめっちゃ埋めやすいんです!!

このアイライナーはちょっとカーブしてるんですけど、この角度がすばらしい! 正面からまつ毛の間を埋めるときにジャストフィットします。インクのように濃密な発色だからちゃんと色づく。しかも水や汗ににじみにくいんです。まつ毛とまつ毛の間を、できるだけ短時間にキレイに埋めたい人に、心からオススメしたいアイライナーです。

■資生堂インターナショナル 0120‐81‐4710

 

【アイシャドウ部門】こんなにヨレないクリームシャドウは初めて!

 

ミネラルアイバーム モカブラウン 2,500円+税/エトヴォス

奥二重まぶたな私にとって、クリームシャドウはなかなか悩ましいアイテムでした。ツヤのある質感はとても好き。だけど、時間が経つとヨレて二重ラインにたまってしまうという……。

ですが! エトヴォスのミネラルアイバームでその悩みが解消されました。全っ然ヨレないんです! まぶたの上でピタッと密着して、何時間たっても二重ラインにたまりができないんです。

美容クリームがベースになっているクリームシャドウなので、まぶたがしっとり艶やかになります。特に乾燥しがちな秋冬にはうれしいアイテム。

ナチュラルに仕上げたいときはこれを単色で使用。華やかにしたいときはこれをアイシャドウベースにし、ほかのパウダーを重ねて使っています。

モカブラウンは単色で陰影をつけやすいので、今年の初めからずっと愛用しています。

ミネラルアイバーム アッシュグレイ 2,500円+税/エトヴォス

 

秋ごろからは、アッシュグレイも愛用。口元をピンクにするときはこちらを使っています。奥二重だけどクリームシャドウが使いたいというかた、まぶたの乾燥が気になるかたにぜひ一度、使ってほしいアイテムです。

■エトヴォス 0120‐0477‐80

「ツルツル肌になりたい!」編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

ハリ・弾力、シミくすみに! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事