「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。

特にメイクアップは顕著。似たようなものに見えて、質感や輝き、発色などが違います。オバサン化しないためには、メイクアップのアイテムをアップデートすることが大事なんです。

そんなわけで、私個人が今年アップデートして「よかった」と思うアイテムを【オトナサローネ2018ベストコスメ編集長賞】としてご紹介してまいります。今回は【アイメイク編】!

 

【マスカラ部門】品よくボリュームアップ。もうこれ以外、使えません

ラッシュ クイーン フェリン エレガンス 01 ディープ ブラック 5,300円+税/ヘレナ ルビンスタイン

ある人に言われたんです「奥二重だし眉がしっかりあるから、まつげをもっと強調したほうがバランスいいんじゃない?」って。その頃、目元をかなりナチュラルに仕上げていました。使っていたのはプチプラマスカラ。でもこの言葉を境に、ラッシュクイーン フェリン エレガンスに変えたんです。

使ってみて、格の違いを感じました。プチプラとは一線を画す、気品のある仕上がり! このマスカラは軸がしなるブラシなんですが、マスカラ液がまつげにキレイに密着するんです。そしてカーブ形状のブラシでセパレートしつつ、華やかに広げてくれます。私はもともとまつげが細いのですが、このマスカラを使うと、1本1本がボリュームアップして存在感のあるまつげになりました。

冒頭の言葉の人に会ったとき「マスカラ変えた? まつげいい感じね」と言われました。正直もう、このマスカラしか使えません!

■ヘレナ ルビンスタイン 03-6911-8287

 

【アイライナー部門】まつ毛の間を「埋めやすすぎる」! この角度に技アリ

SHISEIDO アーチライナーインク 01 Shibui Black 3,500円+税/資生堂インターナショナル

奥二重なんです、私。だからアイライナーを引くとき、ちょっとでも太くなると細い二重幅がつぶれちゃってダメなんです。まつ毛とまつ毛の間を埋める程度にする、それが個人的な奥二重アイラインのルール。

サーッと引けず、点々点々と埋める作業は意外と時間がかかる。またアイライナーのブラシや液によってはなかなか埋まらない。なのですが! SHISEIDOのアーチライナーインクは、まつ毛の間がめっちゃ埋めやすいんです!!

このアイライナーはちょっとカーブしてるんですけど、この角度がすばらしい! 正面からまつ毛の間を埋めるときにジャストフィットします。インクのように濃密な発色だからちゃんと色づく。しかも水や汗ににじみにくいんです。まつ毛とまつ毛の間を、できるだけ短時間にキレイに埋めたい人に、心からオススメしたいアイライナーです。

■資生堂インターナショナル 0120‐81‐4710

 

【アイシャドウ部門】こんなにヨレないクリームシャドウは初めて!

 

ミネラルアイバーム モカブラウン 2,500円+税/エトヴォス

奥二重まぶたな私にとって、クリームシャドウはなかなか悩ましいアイテムでした。ツヤのある質感はとても好き。だけど、時間が経つとヨレて二重ラインにたまってしまうという……。

ですが! エトヴォスのミネラルアイバームでその悩みが解消されました。全っ然ヨレないんです! まぶたの上でピタッと密着して、何時間たっても二重ラインにたまりができないんです。

美容クリームがベースになっているクリームシャドウなので、まぶたがしっとり艶やかになります。特に乾燥しがちな秋冬にはうれしいアイテム。

ナチュラルに仕上げたいときはこれを単色で使用。華やかにしたいときはこれをアイシャドウベースにし、ほかのパウダーを重ねて使っています。

モカブラウンは単色で陰影をつけやすいので、今年の初めからずっと愛用しています。

ミネラルアイバーム アッシュグレイ 2,500円+税/エトヴォス

 

秋ごろからは、アッシュグレイも愛用。口元をピンクにするときはこちらを使っています。奥二重だけどクリームシャドウが使いたいというかた、まぶたの乾燥が気になるかたにぜひ一度、使ってほしいアイテムです。

■エトヴォス 0120‐0477‐80

「ツルツル肌になりたい!」編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

ハリ・弾力、シミくすみに! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

【祝3周年】N.Y.プレゼント企画! 突然ですがクイズです【OTONA SALONE】

みなさまのご愛読のおかげで「OTONA SALONE」はついに3周年を迎えました。2016年5月17日がスタートした日。新しいメディアが立ち上がったり、なくなったりするWEB業界の中でここまで続けてこられたのも、みなさんが…

#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きに…

#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。この2年半、婚活パー…

【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

出かけようと思って鏡をよく見たら、髪の毛にチラホラなんか白い髪を発見……! ちゃんと白髪染めする時間はなく、もちろん美容院に行ってる時間もない。とりあえず、緊急対策としてこの白髪を隠したい! ということ…

#143 40代独女「初めてのアレ」を決意する…⁉【40代編集長の婚活記】

元号が「令和」になっても茨の婚活道が続いている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めたのは平成28年、夏のこと。足かけ2年半以上になる。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などさまざまな形…

#142 男はどう思うの?「手を触れる」ことについて【40代編集長の婚活記】

40代、過酷な婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。2年半のあいだ、婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介など、さまざまな形で出会いを求めてきた。49歳・アーティストのジェントルさんとは5回のデートを重…

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!そんなとき…

#141「連絡する」と言ったのに! 2週間も放置する男って【40代編集長の婚活記】

40代・婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレとの再会も含め2年半婚活をしているが、ことごとく終わってしまう。現在、49歳・アーティストのジェントルさん…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みなさま、ファンデーションは何を使っています…

#140 いくつ当てはまる? 彼は「運命の相手」なのか【40代編集長の婚活記】

46歳、リアルに婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活にいそしむこと2年半。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレに会ってみるなどを経るが、結局、恋人もできないまま。しかし、仕事で出会…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事