40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。

(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏いなかったのでは????? 恋愛すっとばして婚活????)

と思ったことを昨日のように憶えています。

「やってみないとわかんないし」と言いながらのスタートでしたが、その実、横でその姿を見ていた私としては……

 

こうなることを予見していたとは言えない

いきなり本が出た。

話題のサイト連載が書籍化。なるほど、この連載が始まった当時、検索して出てくる「40代の婚活」記事は本当にアフィ系ばっかりだったから、「みんなが体験を共有する場がなかった婚活」を実名で大っぴらにしたという点、ある意味話題を作ってきたなとは思う。

思うけど、右下をよく見てみましょう。

_人人人人人

> 小学館 <

Y^Y^Y^Y^Y^

 

弊社は主婦の友社でございます。

 

「編集長が他社から本を…?」

「それって会社大丈夫なの…?」

「もしかして会社辞めちゃうの…?」

 

このようなことを、「直接聞きたいけど聞けない……でも聞きたい」と遠回しにご質問いただく機会が増えました。

つきまして、以下FAQをご用意いたしました。ご笑納ください。

 

 

Q1 あの婚活はガチなんですか?

あの婚活 → 過去記事一覧はこちら

A1 本気でガチです

正直彼女がどう日々を暮らしているのか把握していませんが、共有しているカレンダーからお互いのリズムを察することもできます。登場人物は実在し、浅見は実際に婚活をし恋愛をしています。ただし、私が思うに、本人は結婚という法的な形態そのものにはそれほどこだわりを持っていない印象です。

 

Q2 婚活が終わったら連載はどうなっちゃうんですか?

A2 シーズン2が始まるのではないでしょうか

結婚をするためというより、女性の生き方や老後、ひらたく言えば「私たちの死んでいきかた」を模索した結果、婚活というものをしてみようと考えたようですので、たぶん次のステージも予見しているのではないかと思います。「婚活が終わる」ということは、結婚するか、婚活そのものをやめるかですが、結婚したらしたで家を探したりいろいろあるのではないでしょうか。それも普通の家ではなく、フル介護まで視野に入れたアサミハウスとか作りかねません。

 

Q3 書かれてる男性怒らないんですか?

A3 だいたい許可を取っていると聞いています

だいたいのケースで浅見は執筆前に男性に事情を説明し、書くことについて許諾を得ているようですが、話の流れ上書けないことも結構あるらしい。今後はイベントなどリアルの席上でその場限りの話もしていくかもしれません。また、あなたが婚活中の男女なら、何かの拍子に浅見と出会うかもしれません。浅見もメディア側とはいえ分類上は一般女性ですので、どうぞお気づきになってもそのまま暖かく見守ってあげてください。

 

Q4 他社から本が出て大丈夫なんですか?

A4 たまにあることです

厳密な決まりのある版元さんもあると聞いていますが、社外での活動に制限のない版元さんもあって、弊社は決して後者ではないですが前者でもないです。大丈夫、禍根とかトラブルとかはないです。

 

Q5 ウェブ連載と書籍の違いは何ですか?

A5 書籍では大幅に加筆修正されています

浅見自身が「いざ書籍としてまとめると、ウェブと紙では原稿のリズムがかなり違うのでほぼ全体に手を入れた(のでとても大変だった)」と申していました。どのへんが違うかを楽しんでいただくのも面白いのではと思います。

というか、独身女性編集長が冒頭で言うことが

孤独死

だったり、婚活本なのに

男性不信の念が表明されていたりと、振れ幅も非常にワイド。

そもそも婚活始める動機の1つが孤独死ってのはどのくらい標準なのか、実はみんな内心思っていたりすることなのか。でも、既婚未婚関係なく、自分は絶対孤独死はあり得ない!なんて人、いないしな。など、独り言が増えますね。

この最終章は書き下ろしです。17のことがわかったそうです。

目次はこういう感じです!

写真をクリックするとアマゾンにジャンプ

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』オトナサローネ編集長 浅見悦子・著 1,200円+税/小学館

ぜひ浅見の暗躍にご期待ください!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【40代編集長の婚活記#19】ハイスペックなのに結婚できない男5つの特徴

婚活パーティで出会った有名企業勤務のエリートさんとのワクワクしながら初デートへ行った44歳・OTONA SALONE編集長アサミです。しかしエリートさんが25分遅刻したり、話し…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

あなたがお正月に太った理由は…?お正月太りとGW太り、原因と対策・3つのダイエット

こんにちは、主婦の友社オトナサローネ編集部の井一です。私は長年ティーンからシニアまでさまざまな世代の女性誌でダイエット記事を担当してきましたが、平均的な女性がリバンウンドなく確実に「健康と美」を手に入…

【注目】働く多忙な女性にこそ「ぶどう」がおすすめ?!

日々、健康と美容に気を使う私たちにとってポリフェノールは積極的に摂りたい成分ですよね。ポリフェノールを美味しくたっぷり摂るなら、やっぱり「ぶどう」がいいらしいのです! どう食べればよいのかまで、詳しく…

[PR]

その「かたいひざ裏」が下半身デブの元!今すぐカンタンにできるひざ裏チェック3ポイント

「私、体がかたいの」と言う機会が多い人。もしかして、あなたの下半身は冷えていませんか?柔軟な関節は、よく動かせる、代謝のよい身体には欠かせません。さて、ここで気になるのが、かたさを決めてくる「ひざ」の…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。いっぽう、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事