40代の婚活の始め方、終わり方。婚活コラムニストが考えたことって?

オトナサローネ編集長の浅見が「私、婚活しようと思うの」と突然発言したのは、今から2年半前、サイトオープンから2か月ほどたった夏ごろでした。

(…????婚活???? まてまてまてまて、浅見ちゃん最近彼氏いなかったのでは????? 恋愛すっとばして婚活????)

と思ったことを昨日のように憶えています。

「やってみないとわかんないし」と言いながらのスタートでしたが、その実、横でその姿を見ていた私としては……

 

こうなることを予見していたとは言えない

いきなり本が出た。

話題のサイト連載が書籍化。なるほど、この連載が始まった当時、検索して出てくる「40代の婚活」記事は本当にアフィ系ばっかりだったから、「みんなが体験を共有する場がなかった婚活」を実名で大っぴらにしたという点、ある意味話題を作ってきたなとは思う。

思うけど、右下をよく見てみましょう。

_人人人人人

> 小学館 <

Y^Y^Y^Y^Y^

 

弊社は主婦の友社でございます。

 

「編集長が他社から本を…?」

「それって会社大丈夫なの…?」

「もしかして会社辞めちゃうの…?」

 

このようなことを、「直接聞きたいけど聞けない……でも聞きたい」と遠回しにご質問いただく機会が増えました。

つきまして、以下FAQをご用意いたしました。ご笑納ください。

 

 

Q1 あの婚活はガチなんですか?

あの婚活 → 過去記事一覧はこちら

A1 本気でガチです

正直彼女がどう日々を暮らしているのか把握していませんが、共有しているカレンダーからお互いのリズムを察することもできます。登場人物は実在し、浅見は実際に婚活をし恋愛をしています。ただし、私が思うに、本人は結婚という法的な形態そのものにはそれほどこだわりを持っていない印象です。

 

Q2 婚活が終わったら連載はどうなっちゃうんですか?

A2 シーズン2が始まるのではないでしょうか

結婚をするためというより、女性の生き方や老後、ひらたく言えば「私たちの死んでいきかた」を模索した結果、婚活というものをしてみようと考えたようですので、たぶん次のステージも予見しているのではないかと思います。「婚活が終わる」ということは、結婚するか、婚活そのものをやめるかですが、結婚したらしたで家を探したりいろいろあるのではないでしょうか。それも普通の家ではなく、フル介護まで視野に入れたアサミハウスとか作りかねません。

 

Q3 書かれてる男性怒らないんですか?

A3 だいたい許可を取っていると聞いています

だいたいのケースで浅見は執筆前に男性に事情を説明し、書くことについて許諾を得ているようですが、話の流れ上書けないことも結構あるらしい。今後はイベントなどリアルの席上でその場限りの話もしていくかもしれません。また、あなたが婚活中の男女なら、何かの拍子に浅見と出会うかもしれません。浅見もメディア側とはいえ分類上は一般女性ですので、どうぞお気づきになってもそのまま暖かく見守ってあげてください。

 

Q4 他社から本が出て大丈夫なんですか?

A4 たまにあることです

厳密な決まりのある版元さんもあると聞いていますが、社外での活動に制限のない版元さんもあって、弊社は決して後者ではないですが前者でもないです。大丈夫、禍根とかトラブルとかはないです。

 

Q5 ウェブ連載と書籍の違いは何ですか?

A5 書籍では大幅に加筆修正されています

浅見自身が「いざ書籍としてまとめると、ウェブと紙では原稿のリズムがかなり違うのでほぼ全体に手を入れた(のでとても大変だった)」と申していました。どのへんが違うかを楽しんでいただくのも面白いのではと思います。

というか、独身女性編集長が冒頭で言うことが

孤独死

だったり、婚活本なのに

男性不信の念が表明されていたりと、振れ幅も非常にワイド。

そもそも婚活始める動機の1つが孤独死ってのはどのくらい標準なのか、実はみんな内心思っていたりすることなのか。でも、既婚未婚関係なく、自分は絶対孤独死はあり得ない!なんて人、いないしな。など、独り言が増えますね。

この最終章は書き下ろしです。17のことがわかったそうです。

目次はこういう感じです!

写真をクリックするとアマゾンにジャンプ

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』オトナサローネ編集長 浅見悦子・著 1,200円+税/小学館

ぜひ浅見の暗躍にご期待ください!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【40代編集長の婚活記#19】ハイスペックなのに結婚できない男5つの特徴

婚活パーティで出会った有名企業勤務のエリートさんとのワクワクしながら初デートへ行った44歳・OTONA SALONE編集長アサミです。しかしエリートさんが25分遅刻したり、話し…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事